観戦記

2017年03月29日

暫定首位も・・・

170328アジア最終予選(Road to Russia)
日本 4 vs 0 タイ
8分 香川 真司
19分 岡崎 慎司
57分 久保 裕也
83分 吉田 麻也
2017年3月28日 19:35 10.6℃
埼玉スタジアム2002
59,003人

チャナティップ・ソングラシン(MF/18)を起点にスピーディーなパスワークで攻撃を組み立てるタイに対し、技術、フィジカルで上回る日本が終始圧倒する試合となった。

試合を動かしたのは日本。8分に香川が相手選手をフェイントで交わしてゴールを奪うと、19分には岡崎の絶妙なヘディングシュートで2点を先行。
タイもDFの4人とMFの4人がポジションを保ちサイドチェンジやスルーパスでボールを前線に送り攻勢をかけたが日本の守備に阻まれ得点に結びつかなかった。

後半もタイは守備に転じることなく攻め上がり日本ゴールを脅かすシーンや、長友のファウルでPKの機会も得たがゴールを奪えなかった。

タイはこの敗戦により残り3試合を勝利しても勝ち点10と、現3位のオーストラリアの13に及ばないため最終予選敗退が決定した。

下位の相手から大量得点完封勝利という結果だけを見れば最高の日本だが、パスミスから容易にボールを奪わるシーンも少なくなかった。また日本の12本に対しタイに14本もシュートを打たれ失点がなかったことは相手の技術に救われたこともある。

ようやく暫定首位もまだまだW杯出場へ安堵するには早いかもしれない。


最終予選グループB[勝点]
日本 16
サウジアラビア 16
オーストラリア 13
UAE 9
イラク 4
タイ 1
sm7779 at 09:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月09日

青森山田22度目で初優勝!

170109第95回全国高等学校サッカー選手権大会 決勝戦
青森山田(青森) 5 - 0 前橋育英(群馬)
23分 高橋 壱晟(青森)
45+1分 嵯峨 理久(青森)
57分 鳴海 彰人(青森)
59分 鳴海 彰人(青森)
89分 佐々木 快(青森)

埼玉スタジアム2○○2 41,959人 9.1℃

青森ボールとなったキックオフ、準決勝同様青森はハーフウェイラインにFP全員が並びGK廣末に渡す戦法でスタートした。
しかし、このボールが前に詰めた前橋人見に当たりあわや開始早々の失点にかと思われたが、ボールは右へそれゴールキックとなった。

前半10分までは持ち味のスピーディーな寄せと連携した守備で網をかけた前橋が主導権を握っていた。
しかし、徐々に青森が主導権を奪い返しGK廣末からのロングパスを起点に前橋ゴールに迫った。

試合が動いたのは23分。青森鳴海の右クロスをファーサイドのペナルティエリア内左側で受けた高橋がトラップした左足でシュート。これがゴール右下に決まり青森が先制。
さらにこのまま青森の1点リードで終わるかと思われた前半のアデイショナルタイム。
味方とパスを交わしてペナルティエリアに侵入した青森嵯峨がゴールを決め前橋を突き放し前半を終えた。

迎えた後半。2点を追う前橋だったが1試合多い疲労もあるのか徐々にスピードが衰えていく。
各選手の距離が開きはじめポジションが間延びしていく。
そして青森へのプレスもタイミングが遅れだし青森に自由に展開されてしまう。

前橋は53分に快速の岩下を投入し形勢逆転を狙うも逆に57分、59分と青森鳴海の連続ゴールで4点差とされてしまう。
前橋は64分に小山、74分に田部井(涼)を投入し決定機を作ったが得点を奪えず。

89分、前橋側ペナルティエリアの左前方で前橋田部井(涼)のボールを青森住永がカット。
そのこぼれ球をひろった青森佐々木がペナルティエリアの外側から左足でミドルシュート。ボールは前橋GK月田の伸ばした両手をかすめゴールに突き刺さった。佐々木は投入後わずか3分でのゴールだった。

試合は4分のアディショナルタイムに突入、スコアは動かず5-0で青森山田の初優勝が決まった。
青森山田は先月(2016/12/16)の高円宮杯U-18チャンピオンシップに続き埼玉スタジアムで2冠を手にした。

2年ぶり2度目の準優勝となった前橋育英。
ここまで無失点で上がってきたチームとしては悔しい0-5という結果となった。
それでも試合内容は決定機も多く試合終了まで青森ゴールを脅かしたプレイには観客を感動させるものがあった。来年も再び埼スタに戻ってきてほしい。








sm7779 at 20:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月07日

前橋育英2年ぶりの決勝進出!

a5b5e056.jpg第95回全国高等学校サッカー選手権大会 準決勝
前橋育英(群馬) 1 - 0 佐野日大(栃木)
30分 高沢 颯(前橋)
2017年01月07日 14:20
埼玉スタジアム2○○2 9.0℃ 23,541人

群馬対栃木という北関東ダービーとなった準決勝第2戦。
3年連続20度目の出場で2年ぶりの決勝を目指す前橋、対する佐野は4年ぶり8度目の出場で初の準決勝を迎える。
実績も実力も格上の前橋がどう佐野を攻略するかが注目された。

試合は下馬評通り終始ほぼ前橋が攻勢をにぎる展開となった。
しかし、佐野の5バックを起用した守備に前橋はシュートまで繋げるもののゴールを奪うことができなかった。
総シュート数11対2という数字にも関わらず前橋が奪ったのはわずか1点。
今大会、この試合を含め5試合、明徳義塾、市船、滝二ら強豪校を相手にしながら無失点という厚い守備は素晴らしいが、なかなか得点が奪えないのはもどかしいところ。

2年ぶりの決勝で対するのはともに最高成績が準優勝の青森山田。
また、青森山田とはこの試合が選手権初対決となる。
初優勝を争う試合が初対決がとなる熱い一戦。ものにするのはどちらの高校となるか。

95回目の決勝は
1月9日 埼玉スタジアム2○○2にて
14:05キックオフ!

●前橋育英今大会戦績
▽5戦 7得点 0失点
1回戦 明徳義塾 3-0
2回戦 市立船橋 0-0(PK5-3)
3回戦 遠野 1-0
準々決勝 滝川第二 2-0
準決勝 佐野日大 1-0
決勝 青森山田







sm7779 at 20:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

青森山田2度目の決勝進出!

3a595faa.jpg第95回全国高等学校サッカー選手権大会 準決勝
東海大仰星(大阪) 1 - 2 青森山田(青森)
23分 三国 スティビアエブス(青森)
26分 松井 修二(東海大)
41分 高橋 壱晟(青森)

2017年01月07日 12:05
埼玉スタジアム2○○2 7.0℃ 16,456人

準決勝第一試合は5回目の出場で初のベスト4に進んだ東海大仰星と、7大会ぶり2度目の決勝進出を狙う青森山田との試合。
キックオフ直前、青森はGK以外の10人がハーフウェーライン前にならびホイッスルを待った。
キックオフ直後キャプテンの住永がキーパーの広末にパス。広末がロングキックで前線にボールを送った。
主審の笛で一度キックオフがやり直されたが同じプレイが繰り返された。

ロングボールで前線に展開する青森に対し、東海大は前半から東福岡を翻弄したスピーディーな寄せで青森イレブンに迫った。
試合が動いたのは前半23分ハーフウェイライン付近左サイドから駆け上がった青森の三国が東海大のペナルティエリアに侵入。DFを一人かわして右足で放ったシュートがファーサイドに突き刺さり青森が先制。

しかし、青森優位かと思われたわずか3分後、東海大の松井が青森のゴール前やや右手前で味方からのクロスボールを右足でノートラップシュート。これが決まり同点に追いつく。
さらに41分、青森が高橋のゴールで再び東海大からリードを奪う。
前半はこのまま2-1で終了。

迎えた後半は徐々に東海大の足が止まりはじめポジションが間延びしていった。
これに対しスペースを狙いボールを繋いだ青森。
さらに東海大より早くメンバーの交代を図ったが決定機を作れず。
逆に東海大は72分からアディショナルタイムに4人の選手を投入し攻勢をかけたが得点を奪えず。
試合は前半のスコア2-1のまま青森の勝利で終わった。

決勝は1月9日 埼玉スタジアム2○○2で
前橋育英(群馬)と互いの初優勝を賭けて戦う。

●青森山田今大会戦績
▽4戦 15得点 2失点
2回戦 鵬翔 5-0(PK5-3)
3回戦 聖和学園 5-0
準々決勝 正智深谷 3-1
準決勝 東海大仰星 2-1
決勝 前橋育英







sm7779 at 20:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月03日

東海大仰星 2度目の8強進出

957855d8.jpg第95回全国高等学校サッカー選手権大会 3回戦
2017年01月03日 14:10
東海大仰星(大阪) 2-0 富山第一(富山)
9分 東海大仰星 9 新保 隼人
66分 東海大仰星 10 松井 修二(PK)
等々力陸上競技場
13.3℃ 8,029人

今年が27度目の出場となる富山は3年前に優勝、昨年も8強進出と強豪校の一角と言える。
対する東海大は4年ぶり5度目の選手権だが、今大会はすでに藤枝明誠、鹿島学園を退けており侮れない強さをみせていた。

試合は序盤から東海大がスピーディーなプレスで富一からボールを奪い主導権を握る。
そして前半9分にゴール前の混戦から東海大の新保がゴールを決め先制。
前半はそのまま東海大のリードで終える。
先に動いたのは富一。後半47分、前田、高浪の二人を同時に投入。さらに57分には坪井を投入し攻勢をかけた。
しかし、後半は富山が押し込む場面もみられたが、東海大の勢いは衰えず66分に東海大がPKで追加点を奪った。
その後も形勢はかわらず試合は2-0で終了。
東海大が2度目の8強進出を決めた。

この結果東海大は準々決勝で初のベスト4を目指し東福岡に挑む。

・準々決勝
1/5 等々力競技場(12:05)
東福岡







sm7779 at 23:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

東福岡 2年連続8度目の8強進出

fc46fc48.jpg第95回全国高等学校サッカー選手権大会 3回戦
2017年01月03日 12:05
東福岡(福岡) 3-0 鹿児島城西(鹿児島)
2分 東福岡 藤井 一輝
76分 東福岡 濱田 照平
80+4分 東福岡 佐藤 凌我(PK)
等々力陸上競技場
11.4℃ 5,865人

九州勢同士の試合となった3回戦。
鹿児島城西にとっては2回戦の長崎に継ぐ2戦連続九州勢対決となった。

序盤から素早いパスワークとサイドチェンジで攻勢をかけた前回王者の東福岡。
前半2分にゴールを決めると、その後も主導権を握った。
鹿児島城西はU17に選出された生駒を中心に粘り強い守備をみせるが、前線に運ぶボールは東福岡に奪われた。
後半も東福岡が押す展開は変わらなかったが鹿児島城西の必死の守備を崩せず時間がすぎていった。
よやく得点が生まれたのは76分、東福岡が濱田のゴールで追加点を奪い鹿児島城西を突き放す。
さらにアディショナルタイムには東福岡にPKのチャンス。佐藤がPKを蹴り試合を決める3点目を奪った。
試合はそのまま3-0で東福岡の勝利。

勝利した東福岡は3ゴール完封勝利という結果だけでも圧倒的だが、
試合を通してシュート数11本、逆に鹿児島城西に打たれたシュートはわずか1本と攻守に存在感を見せつける試合となった。

2年連続8度目の8強進出を果たした東福岡。
ここから2年連続6度目のベスト4。
そして4度目の優勝まであと3戦となった。
果たして連覇なるか。

・準々決勝
1/5 等々力競技場(12:05)
東海大仰星







sm7779 at 23:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月02日

前橋育英、選手権で市船から初勝利!市船は通算16敗

170102-266f76c51.jpg第95回全国高等学校サッカー選手権大会 2回戦
市立船橋(千葉)0-0(3 PK 5) 前橋育英(群馬)
フクダ電子アリーナ 12.0℃ 10,090人

夏の王者市船がいわばホームのフクアリで迎えた2回戦、相手は前橋育英。
この試合で両校は選手権史上3度目となる対戦となった。
過去2回(96年、99年)はいずれも市船が勝利。さらに2大会とも市船は優勝を成し遂げている。

今年の総体出場を逃した前橋育英に比べ総体優勝、そして1回戦にも関わらずチケットがソールドアウトした京都橘戦の勝利で市船への注目が高まっていた。

しかし、試合は観客が驚かされるほど互角の戦いをみせた。
市船と前橋育英は主審の許容範囲内で互いに激しく体をぶつけボールを奪いあう。
また市船の持ち味であるスピーディーなパスパークを、前橋育英が的確なポジショニングと素早いプレスでパスカット。
さらに市船が奪われたボールを奪い返しサイドからクロスを入れてゴールを狙うと、前橋育英の守備陣も2人、3人と網をかけるように市船の受け手となる選手の動きを封じる。
前半は前橋育英の飯島が小柄ながらも力強いドリブルで市船守備陣を突破しシュートを放つなど、市船のシュート数1に対し5本と圧倒。
これに対し後半は市船が福元、原らのシュートで前橋の1本に対し6本と攻勢を見せた。

試合は80分のランニングタイムと2分のアディショナルタイムを終え0対0のままPK戦へ突入。

このPK戦、後行となった市船の一人目野本がシュートを左ポストに当て失敗。
市船は残りの3人がゴールを決めたものの、3回戦への切符をつかんだのは5人全員が決めた先行の前橋育英だった。

前橋育英は3回戦で遠野(岩手)と対戦する。
選手権で市船から初勝利を挙げた勢いで決勝まで進みたい。

昨年同様2試合目にPK戦で大会を去ることになった市船。
この試合で選手権の敗戦が通算16敗となったが、PKでの負けは9試合と半数以上を占める。
もちろんPKで勝利した試合もあるが、わずか3試合。PK戦のみに目を向けると3勝9敗と大きく負け越している。
高校屈指の実力校だけにわずか80分の試合後にPKで負けるというのは観客にとっても残念。
相手チームの研究を行うなどさらなるPK対策を期待したい。

・3回戦
1/4 前橋育英 対 遠野
フクアリ 12:05







sm7779 at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月30日

関東第一初勝利そして2年連続4度目の野洲初戦敗退

第95回全国高等学校サッカー選手権大会 1回戦(開幕戦)
2016年12月30日 14:05
駒沢陸上競技場 13,596人 9.3℃
関東第一(東京B)1-0 野洲(滋賀)
61分 冨山大輔(関東第一) PK

3度目の駒沢開催となった開幕戦は初出場の関東第一と、10度目で優勝も経験している野洲との一戦となった。
しかし、野洲は選手権優勝以降7回出場しているが最高2回戦止まり。
さらに昨年に至っては初戦で聖和学園(宮城)に1-7という屈辱的大敗。
今年は復権へのリベンジを果たしたいところだった。

試合は序盤からスピーディーなパスワークで攻勢をかけた野洲が関東第一を翻弄し主導権をにぎった。
しかし、試合を通して12対2と上回ったシュート数も得点を奪うことはできず、一発のPKで初戦での敗退となった。

野洲としては3トップの中野、毛利、高取、そしてトップ下の徳田を起点にゴールを量産したかった。しかし、シュートこそ量産するものの関東第一の守備に阻まれ得点を奪えず。
逆に後手に回っていた関東第一は前半35分から選手を入れ替え巻き返しを図る。
そして61分左サイドからペナリティエリアに仕掛けた関東第一の重田がペナルティエリア内で野洲の鷹取に足をかけられ転倒。PKを得る。
そのPKを景山が決め先制点を奪う。これが決勝点となり関東第一は2回戦へ駒を進めた。
PKのチャンスを得た重田は投入後わずか6分で試合を動かしたことになる。
野洲は失点後からアディショナルタイムまでに交代枠を使い切ったがゴールは奪えなかった。

野洲の攻勢に耐える粘り強さをみせた関東第一は年明けの2回戦に進む。
後半11分に左手小指負傷で交代となった正GK林の不在が残念だが、交代で入った1年GK北村海チディのプレイも安定していた。
勢いを持続し昨年の国学院久我山に継ぐ東京代表の決勝進出を目指したい。

・2回戦
1/2 浦和駒場スタジアム
対戦相手は正智深谷(埼玉)対立正大淞南(島根)の勝者
161230-3







sm7779 at 19:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年11月15日

2位浮上 ここからがスタート

161115アジア最終予選(Road to Russia)
日本 2 - 1 サウジアラビア
45分 清武 弘嗣
80分 原口 元気
90分 オマル・イブラヒム・オスマン
2016年11月15日19:35
埼玉スタジアム2002 17.3°C
58,420人

多くのサウジサポーターもスタジアムに足を運んだ。
2点を奪った日本は後半失点を許すも、1点差で逃げ切り2位に浮上した。

3位の日本に勝点3上回る首位サウジアラビアとの1戦。
この試合を落とすと4位に転落する可能性もあり緊張感が高まっていた。

この試合ハリルホジッチは新戦力の大迫と久保、そして最終予選3試合連続得点中の原口、現代表の中でもっとも精度の高いプレイをみせる清武をスタメンに起用した。
逆にこれまで柱として起用された本田、岡崎が香川と共にベンチスタートとなった。

試合はサウジのコンタクトプレイが目立ち序盤からカードがでる激しい展開となる。
サウジはボールキープの際にミスがみられたがゴール前でのスピーディーなパスワークで再三日本を脅かせた。
しかし試合を動かしたのは日本。PKで先行した日本は1-0のまま前半を折り返す。
後半も原口のゴールでサウジを突き放した。
アディショナルタイムに1点を奪われたが1点を守り切った日本が勝利を掴んだ。

この勝利により日本の勝点は10。
国王を失い集中力を高めたタイがオーストラリアと引き分けたたため、5試合を終えて6チーム中2位に浮上した。
しかし4位までの勝ち点差は1。最終予選グループBは半分を終えたが振出しに戻った状況。
タイ、イラクの出場資格がほぼ見えなくなったというところ。

首位から勝ち星をあげた日本だが本田、岡崎、香川の不調、そして大迫のフィジカル面など不安は拭えない。
果たしてロシアへの道はアウェイがすべて中東開催となる後半戦でどれだけ勝点を得られるかがカギとなる。
sm7779 at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年10月06日

連勝も昇格圏外の4位

1610062016年10月6日19:35
日本代表 2-1 イラク代表
26分 原口 元気
60分 サード・アヴドゥル・アミール
90+5分 山口 蛍
埼玉スタジアム2002
24.3°C 57,768人

柏木を起点に少ないパスワークで本田にボールを集め、スピーディーにボールを運んだ日本。
しかし、全員の連動した動きはなく、中央に人が集まるわりにはボールにふれる選手も限られ、イラクの守備網にボールを奪われた。
前半に原口のゴールで先制した日本だったが追加点を奪えず。
逆に後半15分に失点し同点とされ、初戦の逆転負けを連想させた。
さらに、アウェイから勝ち点1を持ち帰りたいイラクが時間を使い日本イレブンを焦らせた。

試合は90分を迎えスコアは1-1のまま。掲示されたアディショナルタイムは6分。
その残された時間で結果を出したのは日本。
山口が放ったシュートが決勝点となり日本は勝利を掴む。
イラクにとっては自分たちが作ったアディショナルタイムで勝敗を分ける皮肉な結果となったが、日本もこれだけの時間があったからこそ勝てた試合だった。
仮に残された時間が4分だった場合、引き分けに終わり日本の自力出場に厳しさが増す結果となっていた。

世代交代が騒がれているが、それ以前にハリルの見え辛いプラン、毎度同じような顔ぶれの持ち味の似た選手選定。
sm7779 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年09月01日

ロシアW杯赤信号点滅

1609012018ロシアW杯アジア最終予選
第1試合
日本1-2UAE

得点者
11分 本田 圭佑
20分 アハメド・ハリル
54分 アハメド・ハリル

2016年09月01日
19:35 KickOff
埼玉スタジアム2002
晴 27.5°C 60%
58,895人

アジア杯でPK戦の末敗れた日本にとっても勝たなくてはいけないUAEとの初戦。

前半からUAEの網にボールを奪われた日本。香川、清武、岡崎らセカンドストライカーと言える選手たちはパスが繋がらない展開に存在感を消していた。セットプレーから先制したがアタッキングサードではボールが繋ず。ついに逆転を許す。

後半は前線の選手を替えて攻勢を図ったがパスは通らず、守備は後手後手。

試合は1-2で終了。シュート数は日本の22に対しUAEは9。点差以上に絶望的な内容でとても大事な初戦を落とした上、長谷部の代表100戦目を黒星とした。

http://www.jfa.jp/national_team/samuraiblue/worldcup2018_final_q/groupB/schedule_result/pdf/m02.pdf

★負の記録
86年のW杯以降、アジア最終予選の初戦で敗れたチームがW杯へ出場していないというが、
それ以前に日本がホームで行われる最終予選で負けたのは97年9月28日韓国戦(1-2逆転負け)以来。
また埼玉スタジアムの国際Aマッチは今回が31試合目で、これまでは通算19勝9分2敗。
敗れたのは02年の親善試合・アルゼンチン戦(0-2)と10年の親善試合・韓国戦(0―2)だけ。とのこと。
さらにアジア勢に逆転負けしたのは国内組で戦った15年8月2日の東アジア杯・北朝鮮戦(1-2)以来と負の記録の付いた試合となった。


sm7779 at 21:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年01月11日

東福岡が國學院久我山に圧勝で優勝

26277f43.jpg第94回全国高等学校サッカー選手権大会
決勝戦
東福岡(福岡) 5 - 0 國學院久我山(東京A)
得点者
36分 三宅 海斗(東福岡)
47分 中村 健人(東福岡)
67分 餅山 大輝(東福岡)
70分 藤川 虎太朗(東福岡)
80分 中村 健人(東福岡)

埼玉スタジアム2○○2
14:08 10.1℃ 54,090人

個人技術、チーム力は互角だけに身体的な強さの差が出た結果となった。

試合は序盤から東福岡が押し込むシーンが目立った。國學院も粘り強い守備でボールを奪い東福岡ゴールに迫ったがシュートは内桶のわずか1本と抑え込まれた。
前半はシュートを6本放った東福岡が三宅のゴールで先制しリードで折り返す。
1点を追う國學院だったが後半開始2分、東福岡の壁をじりじり下げるトリッキーなフリーキックから中村に追加点を奪われる。
突き放された國學院は前掛りにならざるを得ず澁谷、名倉を起点に攻勢にでるが、逆に間延びしたポジションと足が止まり始めた時間帯にカウンターを受け失点を重ねてしまう。
試合は後半に4点を追加した東福岡が5-0で勝利し17年ぶりの優勝と夏冬の2冠を手にした。

東福岡はシード枠ではないため、ここまで6戦を戦ったが失点はわずか1と守りの強さもみせた。
特に関東開催で國學院、駒澤の東京代表2校と、強敵市船を千葉で破るなど完全アウェイの中で力強さも見せつけた。
中でもやはり市船との3回戦がもっとも見応えのある試合だった。
あの激しくも素晴らしい試合が決勝で見られなかったことは不運としかいいようがない。

國學院久我山は初の決勝進出を果したが残念ながら優勝を逃した。
しかし澁谷、名倉、戸田など来年は3年生となる主力メンバーがいる。来年度の活躍に期待したい。

★東福岡戦績
・決勝
5 - 0 國學院久我山
・準決勝
2 - 0 星稜
・準々決勝
1 - 0 駒澤大高
・3回戦
0-0(PK:4-3) 市立船橋
・2回戦
3 - 1 新潟明訓
・1回戦
3 - 0 遠野




sm7779 at 20:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年01月09日

國學院久我山 本領発揮で初の決勝進出

7dd414f2.jpg第94回全国高等学校サッカー選手権大会 準決勝
青森山田(青森) 1 - 2 國學院久我山(東京A)
得点者
17分 鳴海 彰人(青森山田)
25分 野村 京平(國學院)
93分 戸田 佳佑(國學院)
2016年01月09日 14:20
埼玉スタジアム2○○2
11.3℃ 25,073人

6年前ぶりの決勝に進み初優勝を狙う青森山田と、初の4強進出を果した東京代表國學院久我山の試合。
経験値では青森山田、本年度の選手権の勢いでは國學院と両校に注目が高まっていた。

互いにドリブルとパスワークを得意とするチーム同士の戦いはやはりシュートの打ち合いとなった。
試合は激しくも見応えがあり、小柄ながらもスピードとテクニックで魅せる國學院が青森山田から主導権を奪っていた。
前半は両校が得点を決め1対1で終了。後半も3分のアディショナルタイム突入まで試合は1-1のまま進んだ。
ついに試合が動いたのは終了間際の93分。
國學院山本のミドルシュートをさらに戸田が押し込みゴール。國學院が初の決勝進出を決めた。

初の決勝の相手は東福岡。スピードとテクニックに加え、強靭なフィジカルも備えている東福岡を國學院がどうやって攻略していくかに期待したい。
果たして帝京以来となる24年ぶりの東京代表校優勝となるか。

・決勝 埼玉スタジアム2○○2
1月11日 14:05 キックオフ vs 東福岡




sm7779 at 21:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

王者東福岡安定の勝利

23c441d9.jpg第94回全国高等学校サッカー選手権大会 準決勝
星稜(石川)0 - 2 東福岡(福岡)
得点者
45分 藤川 虎太朗(東福岡)
57分 鍬先 祐弥(東福岡)
2016年01月09日 12:05
埼玉スタジアム2○○2
9.6℃ 17,383人

連覇を目指す星陵とインターハイとの2冠を狙う東福岡とのベスト4第一試合。
蓋を開けてみれば終始主導権を握った東福岡と防戦で終わった星陵というほとんど見応えのない試合だった。

総シュート数1対21という数字が顕著に物語っているように、星陵は東福岡のスピーディーな攻勢に翻弄され自分たちの攻撃の形を作ることができず、自陣ゴール前に貼り付けにされていた。
逆に主導権を握っていた東福岡ではあるが決定的なチャンスを数多く作りながらも星陵の守備に阻まれた。

90分を通して主導権が入れ替わる場面もなかったこの試合。
東福岡が技術、スピードで上回るポテンシャルの高さを見せつけて決勝進出を決めた。

17年ぶりの優勝、そしてインターハイとの2冠をかける相手は初の決勝進出を決めた國學院久我山に決まった。
果たして優勝を成し遂げることができるか。

・決勝 埼玉スタジアム2○○2
1月11日 14:05 キックオフ vs 國學院久我山




sm7779 at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年01月03日

前橋育英 埼スタまであと1勝

0d5702b7.jpg第94回全国高等学校サッカー選手権大会 3回戦
帝京第三(山梨) 1- 3 前橋育英(群馬)
得点者
25分 横澤 航平(前橋)
50分 吉田 朋恭(前橋)
55分 馬場 拓哉(前橋)
71分 松本 大輔(帝京三)
2016年01月03日 14:10 KickOff
フクダ電子アリーナ
17.1℃ 12,017人

11年ぶり県内3冠を獲得した帝京三は初の8強まであと1勝というところまで来た。
対するは昨年準優勝の前橋。選手権初優勝を成し遂げるため負けられない戦いだ。

試合は前橋がスピーディーなドリブル突破と高い個人技で帝京三を翻弄。
帝京三も守備の網をかいくぐり前橋ゴールを脅かしたが枠をとらえきれず。
前橋は前半を1点リードで折り返すと後半も追加点を重ね帝京三を突き放した。
帝京三も71分にフリーキックのチャンスから1点を返すが、追加点を奪えず。
前橋が2点のリードを守り勝利した。

この結果、前橋は5日、ニッパツ三ツ沢球技場にて國學院久我山と対戦する。
優勝まであと3戦。果たして昨年の雪辱を晴らすことができるか。

・準々決勝 1月5日 14:10
vs 國學院久我山
ニッパツ三ツ沢球技場




sm7779 at 20:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

80分では満足できないハイクオリティマッチ

160103-1-1
160103-1-2第94回全国高等学校サッカー選手権大会 3回戦
東福岡(福岡) 0 - 0(PK:4-3) 市立船橋(千葉)
PK戦の経過
東福岡(先) 10 ○ 8 ○ 9 ○ 6 ○ 11 ×
市立船橋  3 ○ 11 × 5 ○ 10 ○ 4 ×
2016年01月03日 12:05 KickOff
フクダ電子アリーナ
15.0℃ 13,227人

この日、夏の総体決勝と同じカードということもあり多くのサッカーファン、関係者が開場前から列を作った。
総体では1-1の末、PK戦(6-5)により福岡が優勝した。

多くの観客が期待したように準決勝、決勝で垣間見れるハイレベルな実力をぶつけ合う試合となった。
片方のチームがボールをもてばすぐに奪い、奪われたチームは奪い返し互いのゴールに迫った。
わずか80分のランニングタイムはとても短く、もったいないとまで感じさせる素晴らしい内容だった。
80分という時間をこれほど短く感じさせる試合はあっただろうか。
ファン心理として90分のランニングタイムと延長戦で両チームの決着を見たかった。
しかしレギュレーション上、決着はPK戦に委ねられた。
その結果、夏の総体を再現するかのように1ゴールの差で東福岡が準々決勝進出を決めた。

この結果福岡は5日、駒沢陸上競技場にて駒澤大高と対戦する。
東福岡は17年ぶりの選手権優勝まであと3試合。果たして総体との連覇なるか。

・準々決勝 1月5日 12:05
vs 駒澤大高
駒沢陸上競技場




sm7779 at 20:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年01月02日

案の定のガッカリ感

dbd265c0.jpg第94回全国高等学校サッカー選手権大会
2回戦
青森山田(青森) 5 - 0 聖和学園(宮城)

得点者
8分 豊島 祐希(青森)
35分 嵯峨 理久(青森)
56分 高橋 壱晟(青森)
63分 鳴海 彰人(青森)
79分 神谷 優太(青森)

2016年01月02日
14:10 KickOff 等々力陸上競技場
13.0℃ 15,000人

聖和は1回戦で「ドリブラー・パラダイス」を見せつけ野洲を相手に7-1で圧勝。
多くのメディアが取り上げたこともあり多くのファンがこの日スタジアムに足を運んだ。

だが、そもそも野洲自体が3年ぶりの出場。さらに優勝した2006年以降は選手権では目立った結果を出してない。(85回3回戦、86回・87回2回戦、88回1回戦、89回2回戦、91回1回戦敗退)
それだけに大勝したところでそこまで持ち上げるものなのか疑問だった。

試合は案の定というべき結果となった。
聖和はチャンスを作り持ち味のドリブルで速攻を仕掛けてもあっさりと青森にボールを奪われ、何もできない状況となった。
聖和のサッカーは基本的に狭いエリアに味方選手が集まりドリブルとショートパスで繋ぎゴールに結びつけるフットサルのような戦術のため、青森のような高い技術と戦術眼を持つチームには通用しなかった。
特に自陣ゴールに近い危険な位置でもパスをせず、個人でキープしてドリブルで打開しようとするなど、「いつの時代のサッカー」か、または「小学生の戦術」かと思わせる場面も目立った。
また、聖和の総シュート数4に対し青森の総シュート数は11。逆にゴールキックは聖和が12で青森が1と単純に数字を比較してもその差は歴然だった。

昨年も初戦で秀岳館を相手に4-1で勝利したものの、2回戦では尚志に0-3と完敗。
2年連続4回目となった今大会も2回戦で完敗し幕を閉じることになった。地区予選を制することはできても全国の上位と肩を並べるためには相手によって臨機応変な戦術を行うことも重要である。
チーム全体でドリブルを起点にするという発想がおもしろいだけに、全く通用しない状況を打開する方法がなかったことはとても残念だった。

安定した戦いで完勝した青森山田は3回戦で桐光学園と対戦する。
どちらも経験値の高いチームだけに見応えがありそうだ。

・3回戦
1/3 14:10 桐光学園 vs 青森山田 ニッパツ三ツ沢球技場




sm7779 at 20:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

桐光初戦突破

457c5d9b.jpg第94回全国高等学校サッカー選手権大会
2回戦
桐光学園(神奈川) 3 - 0 長崎南山(長崎)
得点者
49分 小川 航基(桐光)
53分 イサカ ゼイン(桐光)
71分 小川 航基(桐光)

2016年01月02日
12:05 KickOff 等々力陸上競技場
13.5℃ 15,000人

神奈川代表の桐光学園にとってここ等々力は県予選でも使用しているだけに全国大会ではニッパツと共にホームと呼べるスタジアムの一つ。
会場には多くの関係者が詰めかけた。

序盤から攻めの桐光と守りの長崎という展開。
攻勢を維持した桐光が互いにスコアで迎えた後半に3点を奪って完封勝利した。

今大会初出場の長崎は5バックの守備で前半を守りきるが、後半も防戦を強いられ、結果的にシュート数0と全くチャンスを作ることができず、わずか1試合を無得点で終えた。

初戦に勝利しベスト16に進出した桐光は明日の3回戦で青森山田と対戦する。
今日の試合では攻勢を保ちが11本のシュートを放ったが枠を外れるシュートも少なくはなかった。
強豪同士の戦いでは1点の重みが増すだけに不安も残る。
果たしてどこまで勝ち続けることができるだろうか。

・3回戦
1/3 14:10 桐光学園 vs 青森山田 ニッパツ三ツ沢球技場

ところで開場後、第一試合前に何度も繰り返したアンセムを流しての選手入場のアナウンス練習と試合終了後の選手インタビューのマイク音声切はなんとかしてほしい。




sm7779 at 20:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年12月30日

駒澤大高2度目の初戦突破

63234851第94回全国高等学校サッカー選手権大会 1回戦(開幕戦)
駒澤大高(東京B) 2 - 1 阪南大高(大阪)

28分 深見侑生 駒澤
30分 竹上有祥 駒澤
61分 木戸口蒼大 阪南
2015年12月30日 14:05
駒沢陸上競技場
10.8℃ 14,016人

開幕戦は5年ぶり2度目の出場となる駒澤大高と初出場の阪南大高との一戦となった。
結果は試合を通して主導権を握った駒澤がリードを守り勝利を収めた。

序盤からロングパスから速攻を仕掛け阪南ゴールに迫った駒澤が前半に2点を先行。駒澤の2点リードで前半終了。
後半3分までに3人目の交代枠を使い逆転を狙った阪南。積極的に前線へボールを運び61分にPKのチャンスを得る。
このPKを後半に入った木戸口が冷静に決め1点差に迫る。しかし、駒澤の攻勢に阪南は防戦をしいられ決定機を作れず。1点差のまま試合終了。
阪南は初出場、初勝利とはならず初日敗退が決定した。

駒澤は初出場した5年前の89回大会でも国立の開幕戦で2-1で大津に勝利。
http://jfa.blog.jp/archives/51807043.html
さらに2回戦で星陵を撃破。しかし3回戦で山梨学院に敗れ大会を終えた。
2回戦では今日と同じ駒陸で尚志(福島)vs京都橘(京都)の勝者と戦う。
今日の試合では序盤に阪南のパスワークや個人技に翻弄されるシーンもみられ課題も残る。
果たしてあと2戦を制し初のベスト8進出なるか。

・駒大予定
2回戦
1月2日(土)駒沢陸上競技場
12:05
尚志(福島)vs京都橘(京都)の勝利チーム




sm7779 at 22:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年12月27日

澤現役ラストマッチ、ラストゴール、ラストタイトル

02f086c9.jpg第37回 皇后杯全日本女子サッカー選手権大会
決勝戦
アルビレックス新潟レディース 0 - 1 INAC神戸レオネッサ
得点者
78分 澤 穂希

2015年12月27日
14:00 KickOff
等々力陸上競技場
20,379人 10.6℃

ついに訪れた澤のラストマッチ。
スタジアムには2万人もの観衆が訪れたという。
開場2時間前(開場は10分はやめられ11:50分に変更された)には招待券引換所の前には長蛇の列。
さらに当日券、入場口の列も人があふれた。

この試合のSS指定席のチケットは席数の少なさから発売後まもなくして完売。
澤進出決定後にはオークションで約11倍にプラチナ化し、2枚6万円で取引された。


決勝は両チームの高いの技術と戦術が駆使され拮抗した展開となった。
試合が動いたのは互いにスコアレスドローで迎えた後半の33分。
INACの右コーナーキックのチャンス。
キッカーの川澄がコーナーに向かう間に澤ら数人が入念に確認を行う。
そしてついに、川澄が放ったコーナーキックに走りこんだ澤がヘディングで合わせて得点。

終盤、1点を追う新潟が低い位置で動きが鈍りだしたINACに対し、積極的にゴールにボールを運ぶ。
しかしINACの守備を崩しきれず、2分のアディショナルタイムもスコアは動かず。
INACの2年ぶりの優勝が決まった。

澤のラストマッチは澤自身のゴールのみで勝利というドラマチックな試合となった。
さらに、チームとしても大会を無失点で終えるという素晴らしい結果といえる。
来年は澤がいないチームとなり変わらざるをえない部分も少なくないが
川澄らなでしこメンバーを中心に3年ぶりのリーグ優勝を果すチームに返り咲いてほしい。

sm7779 at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年12月23日

澤穂希 ラスト2

fd7981f1.jpg皇后杯 準決勝
ベガルタ仙台レディース
0 - 2 INAC神戸レオネッサ
2015年12月23日 11:04 KickOff
川崎市営等々力陸上競技場
8.3℃ 5,506人

得点者
39分 大野 忍

61分 中島 依美

昨日から6度も下回る真冬の朝を迎えたにもかかわらず、現役引退が迫る澤を一目見ようと今日も開場前から多くのファンが列を作った。

序盤は仙台がスピーディーな攻撃と連動した守備で主導権を握り、INACゴールを脅かしたがゴールを奪えず。
逆に39分、INACに右コーナーキックのチャンスが訪れる。
コーナーキック直前に澤が一部の選手と短い会話。
その直後、大野のヘディングゴールでINACが先制した。
INACはその後、持ち味であるパスワークで仙台を翻弄し主導権を奪った。
さらに後半もINACが先にゴールを決めて仙台を突き放す。
仙台は前線のメンバー3人を交代し攻撃の意識を高めたがゴールを奪えず。
ここまで無失点のINACが完封勝利で決勝へ進んだ。

引退を公表した澤にとって次戦、アルビレックス新潟レディースとの決勝がいよいよラストマッチとなる。
残念ながらベレーザと戦うことは叶わなかったが
現役最後の試合で優勝という最高のクライマックスを迎えてほしい。
sm7779 at 23:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年12月19日

想定通りの勝利も

65fb0914.jpg皇后杯 準々決勝
ASエルフェン埼玉 0 - 2 INAC神戸レオネッサ
2015年12月19日 11:00 KickOff
味の素フィールド西が丘
11.6℃ 3,666人

得点者
9分 近賀 ゆかり
19分 眄 愛実

澤の引退発表後、初の公式戦。
発表からわずか3日ということもあり会場には多くのファン・サポーター、さらに多くのメディアが詰めかけた。
例年注目度の低い皇后杯の準々決勝ともなればその注目度に常連のサポーターは驚かされた。
開場1時間前からのサポーターの列の長さは皇后杯では異常と感じられた。

試合は下馬評通り格上のINACが主導権を握りエルフェンに勝利した。
しかし、シュート数4対21にもかかわらずINACのゴールは2。低い得点力が目立つ結果となった。逆にエルフェンはプレイのスピード、制度は劣るものの最後まで足を止めず前を向きINACゴールを脅かすシーンもみせた。今シーズンはレギュラーシリーズ最下位に終わり2部リーグ降格が決定している。来季の昇格を期待したい。

逆にレギュラーシリーズ2位、エキサイティングシリーズ3位で終えているINAC。
他チームに比べ選手層も、環境も恵まれているだけに厳しい結果と言える。
準決勝はPK戦で浦和を破ったベガルタ仙台レディース。今シーズンは2勝1敗と勝ち越しているがエキサイティングシリーズで敗れ順位を上回られた。
果たして6度目の決勝に進み、2年ぶり5度目の優勝で終えることができるだろうか。澤のラストマッチにならないことを祈る。
sm7779 at 15:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年07月20日

なでしこたちのリーグ戦

68e50090.jpg
d1dc9148.jpg
2015プレナスなでしこリーグ1部 レギュラーシリーズ 第12節
2015/07/20
日テレ・ベレーザ 2-1 岡山湯郷Belle
34分 日テレ 田中美南
61分 湯郷ベル 大久保舞
67分 日テレ 村松智子

16:00 キックオフ 3,338人

ニッパツ三ツ沢球技場(神奈川県)

最高気温33℃を記録した横浜で行われたベレーザ対湯郷Belle。
序盤から岩清水、阪口を擁するベレーザが実力差どおり湯郷Belleから主導権を奪い猛攻を仕掛けた。
攻勢をかけたい湯郷Belleは宮間を起点に攻守を組み立てたが、チーム全体が宮間の巧みな技術を活かしきれず後手に回るシーンばかりだった。
前半に1点を奪われた湯郷は後半に左コーナーキックのチャンスから同点に追いつくが、徐々に攻撃の足が止まり守備に追われた。
攻撃の手を緩めないベレーザが先に追加点を奪い、試合は2-1のままベレーザが掴み取った。

この結果ベレーザは首位INACに勝ち点差1の2位。湯郷は7位となった。

sm7779 at 16:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年06月16日

負けに等しい勝ち点1

150616-22018FIFAワールドカップロシア アジア2次予選
兼 AFCアジアカップUAE2019予選
2015年6月16日
日本代表 0 - 0 シンガポール代表
【ボール支配率】
65.7%
- 34.3%
【シュート数】
23 - 3
埼玉スタジアム2002
24.6℃ 19:34 57,533人

日本をリスペクトし、コンパクトな守備を貫きアウェイで貴重な勝ち点を得たシンガポールに対し、相手を甘く見て他人の個人技に頼り、システムが機能せず本来の力を出しきれなかった日本。

宇佐美はサイドでは動きが鈍く、香川はトップ下では引いた相手に動けず。この二人のポジションを入れ換えるだけでも違っていたかもしれない。

そもそもサイドバックの長友、内田に代わって起用された太田、酒井のキックの制度が低く全体のパスワークが滞っていた。

ハリルは前線の選手を入れ換えたが、ボールの出し手の精度があがらず攻めのアイデアがないため単調なプレーを続けた。

かつての日本の十八番であったフリーキックからの得点チャンスも、遠藤がいない今、本田、そして柴崎では役不足感は否めず得点の雰囲気はなし。

ホームで敗戦といえる引き分けに終わった初戦。今後の2次予選通過に向けて大鉈の建て直しが必須だ。

チケットは完売というが発売後何度も全カテゴリー復活。チケットの売り方や、購入層にも課題が見える。

が、そもそもこんな体たらくな代表に高額出せねぇ!というのが真のサポーターの本音だろう。

そして帰宅中のどしゃ降りの雨がサポーターの身も心も冷やした。


sm7779 at 21:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年06月13日

圧勝の裏に

72809069.jpgキリンチャレンジカップ2015
日本 4-0 イラク
5分 本田 圭佑
9分 槙野 智章
32分 岡崎 慎司
84分 原口 元気
2015年06月11日 19:00 KickOff
神奈川/日産スタジアム
63,877人

2020年ロシアW杯2次予選の初戦、シンガポール戦を前にしたテストマッチは
前売りでチケットが完売するほどサポーターの期待を背負った試合となった。

試合は下馬評通りファン、スポンサーの望む圧勝で終わった。
しかし、対戦相手のイラクは終始動きが鈍く、決定的なシーンもみせることなく戦いを終え
執拗にボールを追う中東の怖さは垣間見られなかった。

日本の守護神、川島には仕事らしい仕事もないワンサイドゲームといえる内容だった。

しかし、先発した宇佐美はノーゴール。ほぼ左サイドバックの長友を起点とした戦術。
イラクの選手に倒されるフィジカルの不安な日本選手の姿。
イラクに勝ったと言うより、完成度の低いチームに勝っただけの試合は
本格的なW杯への船出に不安を感じさせた。
sm7779 at 10:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年05月06日

INACシーズン初黒星

9a1eba98.jpg2015プレナスなでしこリーグ1部
レギュラーシリーズ 第7節
日テレ・ベレーザ 2 - 1 INAC神戸レオネッサ
39分 日テレ 9 田中 美南
41分 I神戸 9 川澄 奈穂美
72分 日テレ 9 田中 美南

2015年05月06日 16:33
味の素フィールド西が丘(東京都)
4,373人


GW最終日、西が丘にはなでしこリーグ序盤の決戦に4000人を超える観衆が集まった。

序盤から積極的に前線へボールを送り仕掛けるベレーザに対し、低い位置でボールを奪ってスピーディーなパスワークで守備陣を崩すINACという展開。
試合が動いたのは前半39分、ベレーザMF14からのボールをFW9田中が左足で押し込み先制する。
1点ビハインドとなったINACだったがわずか2分後にFW9川澄のゴールで追いつき前半を終える。
互いに激しい攻防をみせた後半。ついに72分、再びベレーザFW9田中が左CKからのこぼれ球を押し込み試合を動かす。
その後も両チーム決定機を作ったが得点は生まれず試合はベレーザが勝利を手にした。

ここまで6戦全勝のINACがついに今シーズン初黒星。そして未だ無敗のベレーザが単独首位のINACに勝点差1に迫った。3、4位のチームも勝点3差と続き拮抗している。
来月開幕する女子W杯によるリーグ中断まで残り2試合。果たして首位交代はあるのか。
さらになでしこジャパンの行方にも期待したい。
sm7779 at 22:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年05月02日

浦和クラブ記録更新

36a45ac4.jpg明治安田生命J1リーグ
1stステージ 第9節
2015年5月2日(土)
浦和レッズ 1 - 0 G大阪
84' ズラタン(浦和)

14:00KO 埼玉スタジアム2002
53,148人 26℃ / 31%

11シーズンぶりの2ステージ制復活のため今シーズンから1試合の勝ち点の重みが大きい。
8節終了時点で首位を争う2チームだけに1stステージ優勝には負けれられない相手との一戦だった。
53,000人が来場し気温も26℃まで上昇した注目の試合はわずか1得点で勝負が決まった。

クラブ記録に並ぶ開幕8戦負けなしの浦和に対し、ガンバもここまで公式戦8連勝と勢いに乗っていた。
序盤から積極的に仕掛ける浦和と、低い位置でボールを奪ってスピーディーなカウンターで反撃するガンバという展開。
浦和は2列目がサイドに展開するため中央でセカンドボールが奪えずチャンスを逃し、ガンバはここまで失点わずか4の浦和の堅い守備に宇佐美が動きを封じられ決定機を作れなかった。遠藤にはフリーキックのチャンスが訪れたが得点につなげることはできなかった。

試合が動いたのは終盤の84分。浦和MF宇賀神の左クロスを浦和FWズラタンが右足で合わせてゴールを奪った。
これが決勝点となり浦和が開幕9戦負けなしのクラブ記録で4連勝を掴んだ。

負けたガンバは宇佐美がノーゴールとなったためクラブ新記録の7戦連発を逃し、順位も3位へ1つ退いた。

首位を走る浦和だが、1stステージもまだ折り返し地点。ガンバにはもちろん、他チームにも優勝の可能性は大きくある。
今後の展開に注目したい。
sm7779 at 21:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年01月12日

星稜悲願の初優勝

ad872519.jpg第93回全国高等学校サッカー選手権大会
決勝戦
前橋育英 2 - 4 星稜
(90分 2 - 2【延長】0 - 2)
11分 前川 優太(星稜)
53分 野口 竜彦(前育)
55分 渡邊 凌磨(前育)
64分 原田 亘(星稜)
95分 森山 泰希(星稜)
110分 森山 泰希(星稜)
2015年01月12日 13:38 KickOff
埼玉スタジアム2○○2
8.1℃ 46,316人

初の埼玉スタジアム開催となった選手権決勝。
昨夏インターハイ4強の前橋と前大会準優勝校である星陵とのミラーゲームとなった。

前半は、PKで先制した星陵が1点リードのまま終了。
しかし後半に入り主導権をにぎったのは前橋。渡辺(MF10)、鈴木(MF14)を起点に組み立てる攻撃で星陵の守備陣を翻弄。立て続けに2点を奪い逆転する。
しかし後半64分、星陵の原田が得点を奪い試合を振出しに戻す。
90分のランニングタイムは2-2で終了。試合は20分の延長戦へ突入した。
拮抗するかに見えた延長戦だったが前半、後半に1点ずつ星陵の森山(FW11)が得点を決め前橋を大きく突き放し勝利に導いた。

星陵は25度目の選手権出場で初優勝。
そして敗れはしたが前橋育英は18度目の出場で初の準優勝を成し遂げた。

歴史を刻んだ両校と、この日ピッチに立った選手たちの未来に期待したい。



sm7779 at 21:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年01月11日

5度目の正直

150110-02第93回全国高等学校サッカー選手権大会
準決勝 第二試合
流通経済大柏(千葉)1-1(PK:4-5)前橋育英(群馬)
2015年01月10日 12:05 KickOff
埼玉スタジアム2○○2
10.3℃ 26,309人
72分 小川 諒也(流経)
90分 鈴木 徳真(前橋)
流通経済大柏 先行
(MF7 沢田)○ (FW9 高沢)× (DF16 大竹)○ (DF3 広瀧)○ (MF2 小川)○
前橋育英
(MF14 鈴木)○ (MF10 渡辺)○ (FW9 青柳)○ (DF6 渡辺)○ (MF11 坂元)○

優勝候補に挙げられていた関東勢2校の対戦ということもあり多くの観客が足を運んだを集めた。

7年ぶりの優勝を狙う流経は空中戦に秀でる高沢(FW9)にボールを集めて得点を狙った。しかし高沢は再三のチャンスを活かしきれずシュートはネットを揺らすことはなかった。
対する前橋は正確なボールタッチとパスワークで流経イレブンを翻弄。しかしペナルティエリアで流経ディフェンスを崩せず決定機を作れなかった。

0-0で折り返した後半。先にゴールを奪ったのは流経。前掛りになった前橋のディフェンスラインを抜けた小川(MF2)がゴールを決めて先制点を奪う。
しかし0-1のまま終了するかと思われた後半90分。ペナルティエリア付近で相手のクリアミスを前橋のキャプテン鈴木(MF14)がシュート。これが決まって試合を振り出しに戻した。
90分のランニングタイムが終了し試合はPK戦へ突入。
互いに5人のキッカーがゴールを狙ったが
先行だった流経の2番目のキッカー高沢がクロスバーに当ててゴールならず。
5人全員が決めた前橋が決勝へのチケットを掴みとった。
後半だけで4人の交代枠を使った前橋と相沢、福井という決まりきった選手しか投入することができなかた流経。選手層の幅が勝敗を分けた。

5度目の準決勝で初めて決勝へ駒を進めた前橋はともに初優勝を狙う星陵と決勝を戦う。

ところでメイン中央にいた派手な女性陣がしきりに「ユウヤー」(高沢)とだけ叫んでいたがこれが裏目に出たかどうかは不明だ。



sm7779 at 21:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

貫録と伝統

bbee5078.jpg第93回全国高等学校サッカー選手権大会
準決勝 第一試合
日大藤沢(神奈川) 0 - 3 星稜(石川)
2015年01月10日 12:05 KickOff
埼玉スタジアム2○○2
9.9℃ 20,364人
22分 オウンゴール(日藤)
35分 杉原 啓太(星稜)
45+1分 大田 賢生(星稜)

前半3点をリードした星陵が後半も危なげなく攻勢をみせて決勝進出を果たした。
ディエゴを完封。

序盤から攻撃の要である田場ディエゴ(FW10)が星稜のスピーディーなプレスに動きを封じられ攻撃の芽をつまれてしまう。
星陵は高い個人技と経験豊かなチーム力で日藤を圧倒。2度のPKを得るなど流れを掴んだまま前半に3点を奪うと後半も日藤の決定機を抑え込み勝利を掴んだ。
7年ぶり4度目の全国出場で初のベスト4まで駆け上がった日藤。71分までに4人の交代枠を使い切り逆転を狙ったが主導権を奪えず、昨年準優勝の星陵に敗れ3位で大会を終えた。

初の埼スタ決勝は1/12、星陵対前橋育英のプーマ対決となる。



sm7779 at 21:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年12月30日

初の駒陸開幕戦

a988df19.jpg第93回全国高等学校サッカー選手権大会
1回戦(開幕戦)

三鷹(東京B)0-2東福岡(福岡)

42分 東福岡 中島賢星
59分 東福岡 小笠原佳祐

2014年12月30日 14:05
駒沢陸上競技場
晴 11.3℃ 15,083人

93回目を迎えた開幕戦は選手権史上初となる駒沢陸上競技場にて行われた。
7年ぶり2度目の出場を果たした三鷹は前回のベスト8越えとともに、本年度で現校名が終了するため多くの人の期待を胸に今年のインターハイ王者名門東福岡との一戦に臨んだ。

横浜Fマリノス入りの中島(FW10)とヴィッセル神戸入りの増山(MF7)、さらにインターハイ得点王の木藤(FW9)、そしてサイドをスピーディーに駆け上がる赤木(MF11)ら前線のメンバーにタレントを揃える東福岡の攻撃は初戦の堅さもみられたが、スピーディーなパスワーク、ドリブル突破など随所に実力の高さを見せた。
しかし三鷹の選手が体を投げ出すように飛び込む守備や、人数を擁するボール奪取、三鷹GK武田のファインセーブにより得点のチャンスを奪われた。
またボールを奪った三鷹は1トップの長嶋(FW10)にボールを集めて何度も東福岡ゴールを脅かし観衆を沸かせた。
前半は両校にゴールは生まれずスコアレスドロー。

迎えた後半も立ち上がりは静かな展開になるかと思われた。
しかし、わずか2分で東福岡が末永(DF3)の左CKに中島がヘディングで合わせてゴールを奪い先制。さらに59分にも東福岡がまたしても末永の精度の高い右CKによるセットプレーから小笠原(DF5)がヘディングで合わせて追加点を奪った。
個々のレベルとチーム力の高さで上回る東福岡が経験値を見せつけた得点だった。

2点を失い苦しくなった三鷹も攻守に奮闘したが前半からのハードワークに足が止まり始めプレーに精彩を欠き得点につなげることができず無得点のまま試合終了。
三鷹は初戦で大会を去ることになった。


勝利した東福岡は17年ぶり3度目の選手権優勝に向け大きな一歩を踏み出した。
この試合では硬さがみられたが次戦からより質の高いプレーを見せてくれることだろう。
優勝候補から抜け出ることを期待したい。

東福岡は1/2(金)ニッパツ三ツ沢球技場にて遠野(岩手)対草津東(滋賀)の勝者と12時05分より2回戦を戦う。



sm7779 at 21:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年11月01日

チャリティマッチ

06349198.jpg【チャリティマッチ『ヴェルディレジェンドスターズvsJレジェンド&MIFA FC』】
東京ヴェルディホームゲームイベント FMG presentsチャリティマッチ
ヴェルディレジェンドスターズvs Jレジェンド&MIFA FC
11:05 キックオフ(15分ハーフ)

ヴェルディL 2-0 JL&MIFA FC
前半 藪田光教(ヴェルディL)
後半 三浦淳寛(ヴェルディL)

試合は前半からヴェルディLがスピーディーなパスワークで主導権を掴んだ。そしてついに空気のよめないチャリティマッチキラー藪田さんのゴールでヴェルディLが先制。後半もハーフタイムから投入された三浦アツがきれきれのプレイで圧倒しヴェルディLが主導権を握った。そしてヴェルディLは後半もアツのゴールで追加点を奪い勝負を決めた。


◆出場予定選手(敬称略)
【ヴェルディレジェンドスターズ】
三浦淳寛、藪田光教、菅原智、長田道泰、中村忠、山口貴之、佐藤悠介、柳沢将之、北澤豪、トレド、小池大樹、林健太郎、渡辺淳一、菊池利三、氏家貴士、桜井直人、米山篤志

【Jレジェンド&MIFA FC】
中山雅史、前園真聖、野々村芳和(コンサドーレ札幌社長)、矢野大輔(元日本代表通訳)、Marco.(球舞)、INDY(球舞)、ディエゴ・加藤・マラドーナ、福西崇史、小倉隆史、田中誠、平野孝、佐伯直哉、来龍哉、GAKU-MC、桜井和寿
http://mifa.co.jp/activities/1682.html
sm7779 at 15:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年09月09日

観る価値なき試合

0b3b2cec.jpgキリンチャレンジカップ2014
日本代表 2 - 2ベネズエラ代表

51分 武藤 嘉紀(代表初ゴール)
58分 M.ロンドン
67分 柴崎 岳(Aマッチデビュー戦ゴール)
71分 G.シチェロ

2014年9月9日(火)19:20
24.0℃ 湿度67%
横浜国際総合競技場
64,007人


アギーレの目指すものがみえない。もちろん就任2試合目でテストマッチでもなく勝つ必要性は低い。
しかし、少なからずの結果やそれなりに納得のいく内容は必要である。
協会は高い金で監督を雇い、高いチケット代で集客しているのだから。
とりあえずこれまで観た代表戦でも最下位と言えるほどつまらない試合だった。

スコアレスドローで迎えた後半。
シーソーゲームで点を取り合い2-2で終了。
韓国遠征で1-3で敗れた後、日本に渡りとてもコンディションがいいとは言えない状態。さらに日本同様、新体制で戦力的にも未完成のベネズエラを相手に日本代表はホームにも関わらず2失点でドローという互角以下の醜態をさらした。
むしろベネズエラの方がファイトしていた内容だった。


原因は繰り返すミスによる攻守の不安定さ。
パスの出しての狙い、受け手のポジショニング。攻守のチームの方向性。どれもが集中力を欠きまったく連動性がみえず混乱しているように見えた。
特に相手選手へのプレスの遅れも目立った。失点シーンは2本ともプレーの遅れから相手にシュートを打たせたことが原因だ。ウルグアイ戦で坂井が失点理由になっていたが、全体的に判断と動きが遅れており一人の問題とは言えない。また、攻撃ができなければ守備の時間も増える。

そこで全体的な動きの悪さによる本田の守備時間増、方向性によるものか不明だが本来起点となる長友へのボールの少なさが気になった。さらに大迫、柿谷の同時起用、同時交代だが香川がいれば違ったのだろうか。
今回参加しなかった、香川、内田、長谷部らが完全なコンディションであれば内容も少しは好転したかもしれない。
10月はジャマイカ、ブラジルとの試合。11月も2試合(対戦相手未定)が組まれている。少しずつ完成度を増すことを信じたい。現状のままであれば過去最低の代表にもなりうるだろう。

またアギーレにはアンカーとしても、攻守でもキーマンになりえるポリバレントな阿部勇樹選出を願う。
sm7779 at 23:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年05月17日

それぞれの目指す場所へ

770aeb94.jpg2014 Jリーグ ディビジョン1
第14節
2014年5月17日 14:04
埼玉スタジアム2002 54,350 23.6℃
77' 関根 貴大
浦和 1 - 0 C大阪

W杯によるJ1中断期間前最終節。代表選手発表直後ということもあり両チームに代表選手を擁したこの試合はチケットが完売したとのことだった。
もともと柿谷らイケメン?選手を擁していた上にフォルラン加入と人気が右肩上がりのセレッソとJリーグ屈指の人気を誇る浦和との一戦はチケット先行販売前から注目の一戦だった。

迎えた当日、天候には恵まれたが気温は高めとなった。
前半、浦和は人数をかけて守るセレッソに対し高いパスでトップの興梠につなごうとしたがセレッソの守備陣にボールを弾き返され続けた。対するセレッソはサイドからパスをつなぎ中央のフォルランにボールを集めたがフォルランのトラップミスやメンバー通しの動きが合わずシュートチャンスに運ぶことすら厳しい状況だった。
互いにミスが多くスコアレスドローのまま迎えた後半。セレッソは徐々に自分たちのディフェンスの網でボールを奪い、スピーディーなカウンターから浦和ゴールを脅かしたがシュートの精度を欠きゴールを奪えなかった。
そして後半77分、7分前に交代出場したばかりの今季浦和で唯一のユース上がりとなったMF関根が柏木とパスを交換しつつ右から中央へ移動しシュート。これが決まり浦和が先制。
その後も浦和が主導権を握った展開でセレッソゴールを脅かしたが追加点を奪えず、試合はそのまま1-0で浦和が勝利した。この結果浦和は首位で中断期間を終えた。

逆にセレッソは昨期リーグ戦で21点をマークしたエース柿谷がわずか1得点と不調。今日の試合でもマッチアップした槙野にあっさりと倒されボールを奪われるシーンが目立ち、W杯で挑む世界との差に不安を感じさせた。またウルグアイ代表に選出が決まったフォルランもチーム戦術の問題もあるが個人技レベルでも未だにキレのある動きがみられずW杯に向け心配すら感じさせた。
W杯メンバーにとって本番までの時間は限られている。なんとか調子を戻しファン・サポーターの不安を拭い去る活躍をみせてほしいところだ。
sm7779 at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年04月19日

覚醒の日まで

13891e64.jpg2014 J1 第8節
2014年4月19日(土) 16:04キックオフ
FC東京 2 - 0 セレッソ大阪
後半21分 平山 相太
後半32分 武藤 嘉紀
味の素スタジアム 40,761人

今季、都内初のセレッソ戦ということもあり前売りでチケットが完売と注目度の高さを感じさせた。
しかし、生のフォルラン観戦に期待をふくらませていた多くの観衆は終了前に足早にスタジアムを去って行った。
イージーなパスミス、時折みせる孤立。枠をとらえないシュート、そして不完全燃焼のまま途中交代といまだ連係不足なのかコンディションが万全でないのか不明だが明らかに4年前のW杯の輝き失っていた。

また今日の試合、完勝したFC東京と完敗したセレッソのどちらも高い個人技で攻守にスピーディーな展開をみせ大きな差はなかった。ただ違ったのはフィニッシャーの存在。この日序盤から積極的にゴールに抜け出していた平山と後半12分から途中出場した武藤はどちらもDFの隙をついた裏への飛び出しでチャンスを生みシュートを決めた。
セレッソも柿谷、フォルラン、南野らを起点に前線でチャンスを作りだしていたがものにできず。
ゴールを逃し続けた。
負けたセレッソに足りなかったのはチャンス、シュート数ではなく、ゴール。それだけだった。
特に代表入りを目指す柿谷。今日の試合を含む今季未だ得点がなく夢の舞台へ厳しい状況は否めない。リーグ戦でこれでは初めて立つW杯の舞台で輝くことはないだろう。
果たしてフォルラン、柿谷はW杯までに輝きを取り戻せることができるだろうか。
またセレッソはチームとしても今日を含め直近6戦3分3敗という低調ぶりが不安視されている。新戦力との完全な融合が待たれるところだろう。
チーム、選手個々の覚醒に期待したい。

ところで今日の試合。完売のわりにアウェー側2階席に大量の空席。1階席も開始ギリギリまで空席があったがどういうことだったのだろうか。ぴあの重複発券の噂があるが真相はいかに。
sm7779 at 21:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年03月05日

明日への課題

531a91d5.jpgキリンチャレンジカップ2014
日本 4 vs 2 ニュージーランド
シュート数16:10
岡崎慎司(前半4分)
香川真司(前半7分)
森重真人(前半11分)
岡崎慎司(前半17分)
ウッド(前半39分)
ウッド(後半35分)
2014年3月5日(水)19:40
国立競技場
7.6℃ 47,670人

最後の国立の舞台で行われた日本代表の試合。
負け試合はさけたかったのだろうか。
仮想ギリシャとの対戦なのか、3年前に開催中止となった被災国同士の親善試合なのかはわからないが、今日の試合はW杯出場選手決定前の大事な時期を考えるととても残念な試合内容だった。

対戦したNZはスピードもなく、フィジカルもJリーガーたちが簡単に対応できるほども欧州を仮想できるレベルはになかった。
むしろそれよりもひどかったのは日本代表の方だった。これまでのザックジャパンの試合の中でこれほど連動性の低い試合があっただろうか。本田は再三得意ではないドリブルでボールを奪われつづけ、持ち味であるパス、フリーキックでは精度を欠いた。また香川はドリブルにキレがなく長友との動きも合っていなかった。
また後半から出場した遠藤も試合から消えている時間が多くチームはスピードを失い劣化していった。
中でも絶望的なのは守備陣のレベルの低さだった。これから対戦しなければならないW杯出場国に比べ決して手強いとはいえないレベルを相手にイージーミスが目立ち失点を生んでいた。特にひどかったのは、酒井(宏)、吉田。だが試合に出たDF陣全員をリストから外してもいいほどだった。

交代メンバーに関しても齋藤、豊田はザックの中で選手順位が低いことが明確になった。
選定を踏まえればもう少し長い時間ピッチに立たせても良くザックの采配にも疑問が残る内容だった。
個人技で得点を重ねただけで相手の状態、失点を考慮すると先行きを強く不安視させた試合となったが現段階でのウィークポイントが分かったことだけは良かった。

ただ言えることは、ファン・サポーターがこの試合をみておもしろいと思ってはいけないし、納得してもいけない。
こんな試合が日本代表がしてはいけない。
そんな考えでは日本のサッカーや日本人プレーヤーが世界のサッカーで認められる時代は遠い。
どんなに目指すはW杯優勝と口にしていても、日本のサッカーは世界的に知名度が低いままだ。

試合内容以外では足を痛めた主審が途中で4審に変わるというのは初めて見たが、国立の珍事として語り継がれていくのだろうか。
後半10分ごろ、オーストラリア人のMr. Alan MILLLINER(アラン・ミリナー)主審が左太もも裏の違和感を訴え、第4の審判員東城穣(37)が代わりにピッチへ入った。

試合内容と同じく寒かったのは演出にもある。国立での最後の代表戦と謳いアディダスが特別ユニフォームを販売したり(多くは4月の受取となるが)、入り口で国立のミニチュアを配布したが、当日に発表された「ウカスカジー」の新曲はチラシとVTRのみ、国歌斉唱も伴奏のBGMのみと雨風に冷えきっていた観衆には寒々しい演出だった。さすがにキプロス戦では恒例の無駄なイベント披露に金を使うんだろうか。
sm7779 at 23:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年02月22日

雪辱の勝利

df05e139.jpgFUJI XEROX SUPER CUP 2014
2014年2月22日(土)
13:36
国立競技場
サンフレッチェ広島(2013 J優勝) 2 vs 0 横浜Fマリノス(第93回天皇杯優勝)
6' 野津田岳人(広島)
66' 浅野拓磨(広島)
41,273人

元旦の天皇杯決勝から約2ヶ月。
ついに広島はマリノスから直近3連敗の雪辱を果たした。

序盤から攻勢をみせたのは広島。スピーディーな寄せでボールを奪うと正確なパスワークで前線につなぎ横浜ゴールにシュートを放った。
前半6分野津田のゴールで先制。1点リードで迎えた後半にも追加点を奪い終始安定した内容で完封し2年連続3度目のゼロックス勝利。
リーグ3連覇を狙う新シーズンを前に、まずは1つめのタイトルを獲得した。

逆に横浜は、全体的に後手に回るプレーが目立った。特に今日の試合ではチームの柱である中村が常に2人にマークされプレーのタイミングが遅れていた。さらに得意とするパス、フリーキックでも精彩を欠き流れを引き寄せることができなかった。
また新加入で唯一スタメンとなった藤本は試合から消えていた時間もあった。徐々に攻撃に参加する場面もみられたが順応にはもう少し時間がかかりそうだ。後半に入った矢島も得点を期待させるプレーはみられず。昨年まで2年連続チーム最多得点のマルキーニョスが抜けた穴はまだ埋められていない。

もちろん今日の試合だけで両チームのシーズンを判断することはできない。今シーズンはWイヤーのためリーグ前半の中断期間で仕切りなおすタイミングもある。両チーム共にACL、ナビスコ杯、天皇杯とタイトル争いに絡むことを期待したい。

・広島対横浜 2014リーグ戦予定
5/6(火・休) エディオンスタジアム
9/23(火・祝) 日産スタジアム
sm7779 at 22:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

5戦目の初勝利

0a1caad3.jpgNEXT GENERATION MATCH
U―18Jリーグ選抜 0 vs 1 日本高校サッカー選抜
19' 木戸皓貴(高校選抜)
2014年2月22 日(土)10:20キックオフ
国立競技場 70分(前後半35分)
12,915人

先月選手権が終わったばかりの高校選抜が序盤からまとまった組織力で主導権を握った。そして前半19分、左SB竹澤昂樹(富山一)からのパスを受けた木戸皓貴(東福岡)がシュートを決め先制点を奪った。
前半を1点リードで終え迎えた後半も、個人技でゴールに迫るJリーグ選抜の攻撃を安定した守備で抑えこみ、最後の国立の舞台で初勝利を上げた。

●U―18Jリーグ選抜
GK 1 林 瑞輝
DF 5 藤谷 壮
DF 3 進藤 亮佑
DF 8 茂木 力也
DF 6 山口 真司
MF 11 三竿 健斗
MF 10 中井 英人
MF 4 中野 雅臣
FW 16 横山 航河
FW 12 北川 航也
FW 13 奥川 雅也

控え
GK 1 吉川 健太
DF 2 上島 拓巳
DF 15 石田 崚真
MF 7 宮本 航汰
MF 9 和田 昌士
FW 14 加藤 陸次樹
FW 17 米澤 令衣

監督 野田 知

〇日本高校サッカー選抜
GK 1 永井 建成
DF 2 高橋 壮也
DF 13 北谷 史孝
DF 4 柴戸 海
DF 5 竹澤 昂樹
MF 8 山田 武典
MF 7 石川 大地
MF 6 成田 悠冴
MF 10 松田 天馬
MF 9 寺村 介
FW 11 木戸 皓貴

控え
GK 17 志村 滉
DF 12 坂 圭祐
MF 15 中野 克哉
MF 16 渡辺 夏彦
MF 19 森島 司
FW 14 山田 貴仁
FW 18 渡辺 仁史朗

監督 山田 耕介

過去4度の対戦はU―18Jリーグ選抜が2勝2分。

・高校選抜スケジュール
3月 静岡県ヤングサッカーフェスティバル
4月 第52回デュッセルドルフ国際ユースサッカー大会(ドイツ)
sm7779 at 20:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年01月19日

実力と風

e0d919ba.jpg第22回全日本大学女子サッカー選手権大会 決勝戦
2014年01月19日 13:09
筑波大学(関東6/茨城) 1 - 2 吉備国際大学(中国1/岡山)
試合形式90分 延長20分
34分 鎌田 蘭 吉備
77分 伊藤 栞 筑波
100+1分 高野 紗希 吉備
味の素フィールド西が丘
晴 7.5℃ 3,007人

時折吹く強い北風がピッチ上の選手とスタンドの観客から体温を奪った。
雲も少なく陽は十分にさしていたが、風の影響で体感は軽く5度を下回っていた。

ここまで2度のPK戦を含めた4試合を勝ち抜いた筑波と、3試合を無失点で勝ち進んだ吉備との決勝戦。前半に吉備が1点をリード。後半に筑波が追いつき1-1のまま90分を終え試合は延長戦へ突入。延長前半に1点を決めた吉備が後半も逃げきり初優勝を掴んだ。

この試合、10(筑波)対16(吉備)という総シュート数差以上に、強い北風が男子よりパワーの劣る女子の試合には影響をあたえていた。南側ゴールではゴールキックの際に度々風にあおられ飛距離が伸びず、逆にコーナーキックやクロスボールは中央に向かってカーブがかかりキーパーを苦しめた。
前後半、両チーム風上のタイミングで得点を決めドロー。そして延長前半、風上となった吉備が先に勝ち越し点を奪い、風下での延長後半を逃げ切り勝利を掴んだ。
両チームが生んだ得点全てが南側でのゴール。実力と共に、前半のキックオフ直前にピッチが入れ替わった事が大きかった。

ところでこの決勝戦。無料開催ではあったが、メインスタンドは関係者のみの解放であったため、選手入場から校歌斉唱そして閉幕式などの通常イベントがメインスタンド側で行われ一般観客、応援団には寒さむしく感じられた。またゲストの川澄奈穂美も観客からは肉眼で表情をうかがうことは不可能でゲストの意味があったのかどうか疑問の企画だった。写真展、ミニオープンキャンパスといったイベントも場所もいまいち感が強く残念なものだった。次回以降はさらなる検討を行ってほしい。
sm7779 at 20:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年01月14日

「僕らの」「僕らは」物語

39f1fd00.jpg第92回全国高等学校サッカー選手権大会 決勝戦
2014年01月13日 14:05 キックオフ
国立競技場 晴 8.6℃
富山第一 3 vs 2 星稜
延長 (1-0)

34分 寺村 介 星稜
70分 森山 泰希 星稜
87分 高浪 奨 富一
90+3分 大塚 翔 富一
109分 村井 和樹 富一

全カテゴリーのチケットが完売した国立最蹴章最終話。
ここまで無失点で決勝にコマを進めた星陵が後半42分まで2点のリードを保ち会場には星陵の優勝ムードが漂い警備員も所定の位置につきはじめていた。
しかしわずかなスペースを狙う富一の攻撃陣がついに星陵ゴールをこじ開けた。ここで会場の半数以上の観客から富一コールが響きだした。
そして3分のアディショナルタイムに突入。星陵がDF森下のファウルでPKを献上。富一大塚監督の息子、エース大塚のシュートで土壇場に2-2に追いつく。
90分のランニングタイムはドローで終了。
最後の国立決勝の行方は延長戦に持ち込まれた。
追い風の富一が攻勢を続ける中、ついに延長戦後半終了間際9分。後半32分に出場した富一のMF村井が一攫千金のゴールでリードを掴んだ。
ゴール直後試合終了。最後の高校サッカー現国立競技場開催、初の北陸勢決勝は富一が優勝を決めた。

星陵はエース寺村の交代後に守備の連係が低下。逆転劇につながった采配のミスが悔やまれた。逆に富一は失点後の攻撃陣の投入。サブメンバーのレベルの高さが勝利につながった。プレミアリーグを戦い抜いた采配力、選手層の厚さ、チーム力を見せつけた勝利だった。

ところで前回大会決勝の2万4937人の約2倍、今年の天皇杯決勝の4万6599人を越えるギャラリーが訪れた試合だったが、応援歌担当のGReeeeNはもちろんライブを行わず、応援マネージャーの松井愛莉はピッチに姿を見せず、応援リーダーのカズは帰国中。最後にしては残念なものだった。



GReeeeN - 僕らの物語




【送料無料】僕らの物語(初回限定盤 CD+DVD...

【送料無料】僕らの物語(初回限定盤 CD+DVD...
価格:1,241円(税込、送料込)







sm7779 at 09:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年01月12日

3度目で掴んだ勝利

90d8c9cc.jpg第92回全国高等学校サッカー選手権大会 準決勝
星稜 4 vs 0 京都橘
3分 仲谷 将樹
52分 寺村 介
64分 原田 亘
75分 森山 泰希

2014年01月11日 14:20 キックオフ
国立競技場
晴 気温8.0℃
観客数27,335人

2年連続の決勝を目指す京都と2年連続3度目の準決勝で初の決勝進出に挑む星陵の一戦。
試合が動いたのは開始からわずか3分での先制ゴール。
相手は前回準優勝チーム。誰もが目を疑った。しかし試合は終始星陵ペースで進んだ。
星陵の10番寺村を起点に攻守のスピードで京都を翻弄した。
メディアの注目を集めていた京都のドリブラー小屋松、テクニックを誇る宮吉は個人技で突破を図ったが星陵ディフェンスにボールを奪われ続けた。
試合は後半に3点を追加した星陵が完勝。
星陵はここまで4試合無失点を記録。決勝でも堅守をみせて勝利すれば7チーム目(首都圏開催4チーム目)の無失点優勝校となる。

決勝はともに北陸勢、初進出となる星陵との一戦に決まった。
富山は25度目、星陵は24度目の選手権出場。


sm7779 at 10:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

とられたらとりかえすシーソーゲーム

c5a916d6.jpg第92回全国高等学校サッカー選手権大会 準決勝
富山第一 2 vs 2 四日市中央工業
     5 PK 3
22分 藤井 徹 富山
44分 中田 永一 四中工
57分 細木 勇人 富山
73分 井手川 純 四中工

2014年01月11日 12:05 キックオフ
国立競技場
晴 気温8.5℃
観客数22,228人

序盤からオフサイドをとられながらも四中工ディフェンスを切り刻んだ富山。2度のリードで試合を優勢に進めた。しかし、四中工も負けてはいなかった。リードを許しても冷静なプレーで粘り強く相手からボールを奪うと速攻から富山ゴールを狙った。
試合は2対2とドローのままPK戦へ突入。
四中工3番手の左利きフリーキッカー中田のシュートが、後半終了間際に交代出場した富山のGK田子に阻まれる。
結果、先行の富山が5人全員ゴールネットを揺らし初の選手権決勝に進んだ。

決勝はともに北陸勢、初進出となる星陵との一戦に決まった。
富山は25度目、星陵は24度目の選手権出場。



sm7779 at 09:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年01月01日

ベテランのリベンジ

2c4ec470.jpg第93回 天皇杯全日本サッカー選手権大会 決勝
横浜F・マリノス 2 - 0 サンフレッチェ広島
17分 齋藤 学
21分 中澤 佑二
2014年1月1日(水) 14:04 46,599人
国立競技場 14.0℃

改修前最後の国立で行われた天皇杯決勝は、リーグ優勝を逃したリーグ2位の横浜と棚ボタでリーグ優勝を得た広島の一戦となった。

今シーズンのリーグ戦で広島に2戦2勝と勝ち越している横浜は序盤から主導権を握った。
ディフェンスの要である中沢が広島のエース佐藤を抑え込み、チームの司令塔である中村が正確なパスとフリーキックで広島の守備陣を切り裂いた。
広島はスピーディーな横浜の寄せにパスを遮断された上、セカンドボールも奪えず前半に2失点。ビハインドを追う後半も終始自分たちのサッカーが作れず、5度目の決勝も無得点のまま試合終了。2年連続リーグ王者となった広島は、またしてもリーグ戦と天皇杯の2冠を逃した。

2月22日(土)に行われるゼロックス杯でも同所で同チームの戦いとなる。
広島は昨年に続く2年連続3度目のゼロックス勝利で横浜にリベンジを果たしたいところ。また横浜は4度目のゼロックス杯挑戦で勝てば初タイトルとなる。
現国立で最後にゼロックス杯を掲げるチームはどちらだろうか。
sm7779 at 19:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年12月30日

国立最蹴章 開幕

a146b757.jpg平成25年度第92回全国高等学校サッカー選手権大会
開幕戦
熊本国府 2-1 國學院久我山
2013年12月30日 14:05 キックオフ
国立競技場 17,954人 13.1℃

得点者情報
27分 大槻 健太(熊本)
70分 富樫 佑太(國學院)
80+2分 大槻 健太(熊本)

シュート数14対6と下馬評通り序盤から試合終了まで攻勢をみせたのは国学院だった。
しかし、サッカーはシュート数ではなく得点で競うスポーツ。
国学院のシュートは熊本のGK小野のスーパーセーブと8人の守備に阻まれ続けゴールを逃した。

試合が動いたのは前半27分、熊本がカウンターから1トップの大槻のシュートにより先制。前半は熊本の1点リードのまま折り返した。
後半、追う国学院は間延びしたポジションをつかれ熊本に攻め込まれるシーンが増える。なんとか70分に、ドリブルでDFラインを崩した富樫のゴールで1点を返したが試合終了間際に再び熊本にカウンターから大槻にゴールを奪われる。直後に試合終了。

U18候補のMF渡辺、スペインでの短期留学で技術を磨いたFW富樫を擁し、2008年のベスト8越えを目指した国学院の戦いはわずか1試合で終わった。
また2回戦進出をいち早く決めた熊本も98年大会でのベスト8越えを狙う。
優勝候補の国学院を破りはしたがカウンター1本という戦術で強豪を相手にどこまで登り続けることができるだろうか。

38回目にして最後となる現国立競技場での選手権。開幕戦から大会史上最多の入場者数を記録し注目度の高さを感じさせた。

・2回戦 1/2(木)
埼玉スタジアム2002 14:10キックオフ
長崎総科大付属 対 富山第一の勝者 vs 熊本国府





sm7779 at 19:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年12月21日

シーズン4冠へ

aff48205.jpg互いに無得点のスコアレスドローで迎えた後半。試合を動かしたのは伊賀。カウンターによる速攻でFWの中出が先制点を決める。しかし、優勝候補INACも68分、72分と両FWがゴールを決め逆点。
試合はそのまま86分までスコアが動かずINAC勝利の可能性が高まっていた。しかし、INACのGK海堀の不用意なミスパスにてペナルティエリア内に残っていた相手選手にボールを渡してしまい、伊賀FW小林へ繋がれあっさりとゴールを奪われ2-2に並ばれてしまった。時間も進み延長戦も視野に入り始めたが、守る伊賀に対し落ち着いてボールを繋げたINACは88分、リーグ4位の得点数を誇り、皇后杯でも高瀬と並ぶ得点を重ねていたチ・ソヨンが決勝ゴールを決め皇后杯4年連続の決勝へと駒を進めた。

今大会の2試合、圧倒的な得点差で勝利を重ねていたINACが初めて苦しんだ内容と言える試合だった。要員としては実力の差というより采配による試合運びの部分が大きく感じられる。果たして皇后杯4連覇、初のシーズン4冠を成し遂げることができるだろうか。

決勝は23日、準決勝で岡山を倒した新潟と同スタジアムで行われる。


第35回 皇后杯全日本女子サッカー選手権大会
準決勝 第2試合
NACK5スタジアム大宮
14:04キックオフ 2585人

INAC神戸レオネッサ 3- 2 伊賀FCくノ一
【得点者】
58分 中出 ひかり
68分 高瀬愛実
72分 ゴーベルヤネズ
86分 小林 真規子
88分 チ・ソヨン
sm7779 at 22:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年12月11日

大勝の裏

131211前半から低いラインで網を張ってボールを奪いカウンター攻撃でINACに応戦していた愛媛だがシュートに持ち込むことができないまま前半に2点失点。後半は失点を重ねるごとに集中力を欠き大差での敗戦となった。
また下馬評以上の結果で勝利したINACだが、簡単にボールを奪われるシーンや、プレーが遅れるシーンが目立ち、格下だった相手の実力に救われた所も大きかった。
果たしてこのままつまづくことなく4連覇を成し遂げることはできるだろうか。

第35回 皇后杯全日本女子サッカー選手権大会 3回戦
2013年12月11日 14:01キックオフ
INAC神戸レオネッサ 10-0 愛媛FCレディース
東京都・味の素フィールド西が丘
844人

【得点者】
14分:2近賀ゆかり
19分:10チ・ソヨン
48分:7中島依美
63分:7中島依美
72分:15磯金みどり
78分:10チ・ソヨン
81分:11高瀬愛実
84分:14京川舞
89分:11高瀬愛実
90分+2分 9川澄奈穂美


準々決勝
12月15日(日)14:00キックオフ
VS FC吉備国際大学Charme
神戸総合運動公園ユニバー記念競技場
sm7779 at 21:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年12月08日

四国勢初のJ1チーム誕生

81a9bd2c.jpgJ1昇格プレーオフ決勝のキックオフ約30分前、鳥取で行われたJ2・JFL入れ替え戦が終了し徳島、愛媛に次ぐ3チーム目のJ2チームが愛媛勢に誕生した。
そして約2時間後、現国立競技場で行われた最後のJ1昇格プレーオフ決勝では2005年に四国初のJ2チームとなった徳島が、2年連続J2・3位の京都を破り四国勢初のJ1チームとなった。

2013 J1昇格プレーオフ 決勝 結果
2013年12月8日(日) 15:30キックオフ
国立競技場 23,266人
天気 晴

京都サンガF.C. 0-2徳島ヴォルティス

得点
前半39分 千代反田 充
前半43分 津田 知宏

前半30分あたりまで個人技で勝る京都が細かいパスワークでボールをつないで徳島ゴールを脅かしていた。しかし決定機をいかせない京都は次第に徳島のカウンターに苦しめられていった。試合を動かしたのは徳島。前半39分、徳島アレックスの右コーナーキックに今シーズン徳島に加入した千代反田がヘディングで合わせ先制点を決めた。さらに4分後には徳島津田が追加点を奪った。前半は2-0で終了。
後半、2点先行した徳島が先に動く。後半13分、プレーオフ準決勝で得点を決めたドウグラスを投入。京都も倉貫、山瀬に代え三平、原を投入し立て直しを図った。しかし京都は失点を恐れる守備陣と得点が欲しい攻撃陣とのポジションが間延びしてしまい、中央のポジショニングを徳島に握れられセカンドボールを失い続けた。完全に主導権を掴んだ徳島は追加点こそ奪えなかっが京都の猛攻を抑えこみ念願のJ1昇格を掴んだ。

J1の切符を掴んだリーグ戦4位の徳島だが、同じく今シーズンで昇格を決めているガンバ、神戸に比べ戦力の低さは否めない。来シーズンのJ1残留への道は険しいだろう。
また、またしてもJ2残留となった京都。関西勢3チーム同時昇格とはならなかったが2年連続3位の力は証明されている。来シーズンの昇格最有力チームとしてリーグを牽引してほしい。
sm7779 at 20:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年11月04日

三浦淳宏引退試合

c2b8905a.jpg三浦淳宏引退試合 まるごと1日サッカーDAY
2013年11月4日(月・休) 14:00キックオフ
横浜FRIENDS 3-2 ATSU FRIENDS
15分 久保 横浜
23分 アツ ATSU
77分 アツ 横浜
86分 福西 ATSU
88分 アツ 横浜
6171人 雨

あいにくの雨となったが当日まで発表のなかったヒデ、土田、又吉の追加。奥寺さん、金田さん出場というサプライズあり。さらに又吉、勝村さん、奥寺さん、城の好プレーあり。引退告知から約2年半での引退試合はアツさんらしい楽しいイベントとなった。
sm7779 at 21:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年11月02日

ナビスコ国立最終章

2bfeea81.jpg2013 ヤマザキナビスコカップ 決勝
2013年11月2日(土) 13:10キックオフ
浦和 0-1 柏
前半45分+2 工藤 壮人
観客 46,675人 国立競技場
天気 曇のち雨 16.7℃ 51%

現状の国立競技場で行われる最後のナビスコカップ決勝。曇りから雨へと変わった天気は多く天気はを濡らした。
結果は前半のアディショナルタイムに先制点を奪った柏が、浦和の攻撃を抑えこみ優勝を掴んだ。

試合は序盤から浦和の素速い寄せをすりぬけゴールに迫った柏が攻勢をみせた。しかし、シュートチャンスを作りきれない柏は、次第に浦和に押し込まれる場面が目立った。試合が動いたのは前半アディショナルタイム。柏の藤田優人が右サイドからファーサイドへ送ったクロスに、走り込んだ工藤壮人が頭で合わせゴールを決め柏が先制。浦和は1点ビハインドで迎えた後半も槙野のオーバーラップ、終盤の関口、マルシオ リシャルデスの投入で逆転に望みをかけたが叶わず0-1のまま試合終了。

柏が1999年以来、14年ぶり2度目の大会制覇を成し遂げた。
柏は今シーズンのリーグ戦で浦和に対し2戦2敗と涙を飲んだが、この1試合だけで倍返しともいえる勝利を掴んだ。
リーグ優勝は厳しい柏だが2年ぶりの天皇杯優勝で2冠の可能性もある。またナビスコを逃した浦和はリーグでは現在2位。今日のくやしさを糧に7年ぶり2度目のリーグ制覇を狙う。

2013リーグ対戦結果
第13節05/26 (日)
柏 2-6 浦和 国立

第30節10/27 (日)
浦和 2-1 柏 埼玉

※昨年のナビスコでも決勝で対戦した鹿島と清水が決勝の直前にJリーグで対戦があった。結果は清水のリーグ戦2連勝。ナビスコのグループステージでの対戦は鹿島が勝利しており、決勝でも鹿島が勝利した。

・鹿島・清水2012対戦結果
リーグ戦
第9節5/3(木・祝)
清水 3-0 鹿島

第30節10/27(土)
鹿島 1-2 清水

ナビスコGS
第7節 6/27(水)
鹿島 2-1 清水

sm7779 at 18:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年10月12日

2度目のタイトルへ

1f1180ef.jpg2013Jリーグヤマザキナビスコカップ
準決勝 第2戦
埼玉スタジアム2002
浦和レッズ 1 - 0 川崎フロンターレ
80' 興梠 慎三
17:00キックオフ
27,197人
晴 25.3℃

第1戦をホームで3-2と勝利した川崎。4年ぶり4度目の決勝進出と念願の初優勝が期待された。
川崎はディフェンスラインを上げ、前線との距離をコンパクトに保った。そして稲本を中心とした守備で浦和の攻撃を阻止し、中村を起点とした攻撃で浦和ゴールを脅かし攻勢をみせた。
しかし、ハーフタイムに中村がベンチに下がると一転。浦和が司令塔を失った川崎の牙城を崩し始める。さらに浦和は梅、マルシオ・リシャルデス、関口ら攻撃陣の投入が成功し川崎から完全に主導権を握った。
ついに80分、興梠のゴールで先制点を奪った浦和が危なげなく第2戦をものにした。結果、川崎とゴール数が並びながらもアウェイゴール数で上回ったため浦和が2年ぶり5度目の決勝進出を決めた。

決勝の相手は横浜Fマリノスを沈めた柏レイソル。2度目の決勝進出を果たし14年ぶりのタイトルを狙っている。

ともに2度目の優勝を狙うチーム同士となる現国立競技場ラストマッチ。
果たして勝利の女神はどちらのチームに2度目の微笑みをあたえるのだろうか。
sm7779 at 22:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
ウェザーニュース
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
ギャラリー
  • ニッパツいん
  • 海
  • ニッパツいん
  • セブンの日 限定イーマ
  • セブンイレブンの日 限定
  • 夢の島リレー
QRコード
QRコード
記事検索
Archives