田臥(リンク栃木)

2011年01月06日

田臥出場せず

e027568a.jpg全日本総合選手権大会(オールジャパン)
男子 第3回戦
1月5日(水) 国立代々木競技場第二体育館 Y2コート
17:00/18:46
リンク栃木ブレックス( JBL6位 )108-101東海大学( 大学5位 )
23 1st 21
25 2nd 19
21 3rd 24
25 4th 30
14 OT1 7

なぜか田臥、川村を出さなかった栃木。試合は大学生相手に終始ギリギリというお寒い展開。何度もリードを奪われる中、延長戦までもちこみなんとか外国人たちに助けられ勝利。

見所のない試合以上に田臥が1分すら出場しなかったことが残念。ここ3年ほど数試合だが栃木を見てきて初めて田臥がピッチに出なかった。ウォーミングアップは問題なさそうだっただけに残念。

sm7779 at 11:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年04月12日

ブザービート

100412まさにドラマを観ているようだった。第4クウォーター、ラスト2分で6ポイント差。しかし、終了のブザーと同時に川村が放ったスリーポイントが決まり同点に追いつき延長戦へ突入。その後はここまで連勝を挙げているチームらしい内容で優勝を掴み取った。

2時間半、10度を下回る雨ざらしの中、当日券を求めて並んだ甲斐があった。
ドラマよりもスリリングな試合の末、リンク栃木初タイトルという素晴らしい時間を共有、さらに田臥含め栃木全選手とタッチを交わせた。
月に数回HPを見て、年に1、2回しか試合を見ない身分にしては最高の時間だった。
バスケも栃木の強い理由もよくわからんが最高の時間だった。
何はともあれ今日しか観る事ができなかったし、本来なら今日は自由席で観ていた筈だった。でも、日曜朝時点で各チケット会社のチケットがなくなった事で、当日券購入に踏み切った。これも運命だったかもしれない。
本当に今日優勝してくれて良かつた。

とりあえず田臥強し。

JBL FINAL 第3戦
4/12(月)19:15
国立代々木競技場第二体育館
施設収容人員 3,202名
アイシン63-71リンク栃木
P-1 20-10
P-2 10-18
P-3 13-14
P-4 15-16
OT 5-13
JBL PLAYOFFS 2009-2010
MVP:田臥 勇太選手(リンク栃木#0)
1004122
http://www.linktochigibrex.com/
http://www.jbl.or.jp/playoffs/report/T2010001G002.html
http://www.jbl.or.jp/playoffs/playbyplay/playbyplay.php?t=T2010001&g=T2010001G002
http://naash.go.jp/yoyogi/sisetu/nitai//tabid/76/Default.aspx
sm7779 at 23:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年01月03日

2010 田臥始動

27796f26.jpg第85回天皇杯・第76回皇后杯
全日本総合選手権大会
開催場所: 東京体育館 Cコート
試合区分: No.121 男子 第3回戦
開催期日: 2010(H22)年01月03日(日)
開始時間: 15:20
終了時間: 16:50

リンク栃木ブレックス( JBL3位 )104-72石川ブルースパークス( JBL2 3位 )
16 -1st- 16
33 -2nd- 12
33 -3rd- 20
22 -4th- 24

第1クウォーターこそ格下相手に並ばれたものの、その後は1部3位らしい戦いぶりで勝利した栃木。
中でもわずか8分ほどの出場ながら、多くの観衆の目を引くプレーを見せた田臥の存在感は大きかった。スピーディーに動き回り攻守に貢献した働きはレベルの違いを感じさせた。

1年ぶりに見た田臥からは改めて力強さを感じさせられた。
4回戦以降はさらなる活躍に期待したい。

・全日本総合選手権大会
準々決勝
1/4(月) 17:00
vs 日立サンロッカーズ
sm7779 at 19:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年01月03日

田臥東京に立つ

090103tabuse第84回天皇杯・第75回皇后杯全日本総合バスケットボール選手権大会
3回戦
リンク栃木ブレックス116 - 60国士舘大学
( JBL6位 )          ( 大学2位 )  
33 -1st- 10
21 -2nd- 20
30 -3rd- 11
32 -4th- 19

開催場所: 東京体育館 Dコート
試合区分: No.122 男子
開催期日: 2009(H21)年01月03日(土)
開始時間: 15:20 終了時間: 16:40

この日集まった多くの観衆が期待していた通り、12得点(2P×4 FT1×2)3アシストの活躍で会場を沸かした。わずか17分55秒の活躍も、この日彼を目当てに訪れた老若男女の全てが満足したプレーだった。
しかしチーム自体の試合内容は、大学相手に格上の実力を見せたものの、それだけで及第点というわけにはいかなかった。エースの川村、田臥がコートに立たなかった第2・第4ピリオドでは、わずか10点差にまで追い詰められた。
果たして明日の日立戦からのアップセットの一発勝負を制し優勝を掴み取ることができるだろうか。
何よりも田臥の活躍に期待したい。
http://blog.tabuseyuta.com/
sm7779 at 23:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年11月15日

田臥とどろきに立つ

261c1e88.jpgJBL第12戦 11月15日
東芝78-75リンク栃木
川崎市とどろきアリーナ
22-18
16-20
21-22
19-15

今シーズン、ひさびさの日本復帰を果たした田臥を観にとどろきアリーナに向かう。
それもこれも、唯一都内均衡で彼のプレーを見れるのがこの試合しかなかったためだった。
小雨も降り始めるほど怪しい天気の中、開場1時間前にはすでに長蛇の列。といっても追加販売分を含めても全体で約3,000人とJリーグのそれよりは、遥かに規模は小さい。

ウォーミングアップ開始時に遅れて出て来た田臥は、ストレッチやシュート練習をたんたんとこなしていく。
他のメンバーがベンチについてからも、ストレッチを繰り返す等、昨日21点差で負けたことで、今期すでに3敗している東芝への慎重さが伺える。

今日の試合は、ほぼ互角だった。しかしシュートの精度が落ちる栃木が、追い上げては突き放されるという展開が繰り返される。第4クゥォーターに入り、ついに66-72と+6点差に持ち込むも、約30秒で9失点し-3点差にされてしまう。そこからなんとか追い上げるも、伊藤がフリースローのラストチャンスを決めきれず3点差で4敗目を喫する。

この日、田臥は攻守に貢献し4アシスト、6得点(全てフリースロー)と活躍するも、勝利につなげる事はでず、チームは3勝7敗で6位(8チーム中)と低迷は続く。
果たして田臥とブレックスが覚醒する日はくるのだろうか。いつかまた見る事がある時には、もう少し面白い試合が見れる事を願う。
http://blog.tabuseyuta.com/
http://www.tochigibrex.com/
http://www.jbl.or.jp/gamerecord/boxscore/?gno=2008111504
http://www.jbl.or.jp/gamerecord/pbp/?gno=2008111504

sm7779 at 22:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
ウェザーニュース
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
ギャラリー
  • うんこ漢字ドリルグミ
  • ニッパツいん
  • ニッパツいん
  • ニッパツいん
  • ニッパツいん
  • サッカー日本代表新ユニフォーム「勝色」
QRコード
QRコード
記事検索
Archives