┗アニメ

2016年11月05日

ガンダム オリジン 赤の旋律 運命の前夜 プレミア上映

あのフリならみんな森口博子は水の星に愛をこめて歌うと思ったよな。F91のエターナルウィンド悪くない。

【出演者】安彦良和、池田秀一、早見沙織、渡辺明乃、喜山茂雄、潘めぐみ、森口博子
司会:森 雄一
【日時】 2016年11月5日(土)
昼公演
・開場13:00 ※ファンクラブのみ
・開場13:30 開演14:30
夜公演
・開場17:00 ※ファンクラブのみ
・開場17:30 開演18:30
http://www.gundam-the-origin.net/information/info04_premium.html
08b13f5d.jpg





sm7779 at 16:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年09月17日

聲の形

afc21719.jpg 物語の奥深さ。そして。何より登場人物のリアリティーが質を高めている。キャラクターの誰かになりたいではなく、それぞれの心情に共感できる。




sm7779 at 20:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月31日

君の名は。

大人が少年少女のためにつくった作品ではなく、少年少女の気持ちを持ち続けた大人が世代を問わずに作り上げた作品。






































sm7779 at 21:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年10月17日

観賞前

1c994f4d.jpg
abdde223.jpg
まもなく

sm7779 at 14:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 赤の決意 哀しみのアルテイシア プレミアム上映会

e282e0f5.jpgプレミアム先行上映



sm7779 at 14:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年09月20日

ここさけ

84e781fb.jpg割りとすいてる

よくできてはいたけども、ベタだったり、ベタベタな展開が残念

sm7779 at 14:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年02月28日

これからオリジン

70b2558f.jpgいよいよ。

物販の列。
ユニコーンほどじゃない。




sm7779 at 09:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年08月23日

レコンギスタ

c113cafc.jpg待ち遠しい。





sm7779 at 16:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年05月17日

まもなく

1cf1393e.jpgガンダムユニコーンラスト!

急に決めたため最前列はしっこ。





sm7779 at 18:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年09月09日

だれかのまなざし .





sm7779 at 18:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年07月20日

ショートピースまもなく

366e9f62.jpg舞台挨拶前上映






sm7779 at 10:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年05月19日

ピカデリー入場

6ff1d30c.jpgあんまりよくない席だこと





sm7779 at 11:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年09月23日

見られることが幸福

見たかったのに見れなかった。探していたのに見つからなかった。もちろんネットで探せば見つかるが、こうしてDVDで見られることが幸福。

sm7779 at 19:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年05月07日

星を追う子ども

6b9eebea.jpgもろもろつっこみどころ満載。

クオリティはそこそこも内容が残念



sm7779 at 21:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年03月05日

鉄人兵団

3cb879e8.jpg今風に2〜3割変更されてて、それなりに完成度が上がっていた。


sm7779 at 15:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年02月22日

ユニコーン先行

cf54a358.jpg角度悪ー。
音悪ー
やっぱ映画専門施設でやんなきゃだめよ。
しかもこれだけ金とるなら福井呼べー。

けっこう小中学生も多かったなー。
普通なおとなは18時半から来れないよな。

エピソード3に関してはプルの記憶が秀逸だった。
しかし特典がクリアファイルて。

機動戦士ガンダムUC episode3プレミアム先行有料試写会
―宇宙世紀始まりの地で、ユニコーンの覚醒をみよ―
【日程】2011年2月22日(火)
ゆうぽうとホール
開場:18時00分
episode 1「ユニコーンの日」 :18時30分 〜
episode 2「赤い彗星」    :19時40分 〜
episode 3「ラプラスの亡霊」 :20時50分 〜
※各話本編約60分、各話ごと10分間の休憩



sm7779 at 19:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年10月30日

ピカデリー

c0b5b82a.jpgガンダムユニコーンエピソード2
8:30 舞台挨拶

まあまあだったな。すでにマンネリ感がなくもない。
とゆーか。これで福井、池田、内山は今年3回目。
次は3月か。

時間がないのでプラモデルは諦め。あの売り方はないな。もっと整理券を配るとかしないと。
並んだ人たち初回の上映に間に合ってなかっただろ。






sm7779 at 10:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

まもなく赤い彗星

sm7779 at 08:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年08月21日

サンフェス

f521bb1e.jpgまもなく。最後まで起きてられるかな。

http://www.sunrisest.jp/sunfes2010/
http://ga.sbcr.jp/mreport/015542/
http://www.zakzak.co.jp/anime/news/1009/100901-007.html


sm7779 at 20:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年08月06日

アリエナイッテ

的なアリエッティ。原作通りシュールザムービー。ジブリ終わったなとは思わないが残念作。


sm7779 at 20:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年02月20日

ユニコーン鑑賞

あっというまの1時間。そもそもが劇場レベルのクオリティではないものの、それなりに満足のいくできだった。予告でながれたOOとはやはり格が違う。

がっかりだったのは主演の二人がガンダムに疎いことか。

・新宿ピカデリー 初日舞台挨拶
11:00回上映終了後
古橋一浩監督、福井晴敏、バナージ役内山昂輝、オードリー役藤村歩、音楽担当澤野弘之、サプライズゲストは主題歌を歌う栗山千明。
http://www.sunrise-anime.jp/sunnews_pic/image/1002202318590.jpg





sm7779 at 12:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年02月15日

トップをねらえ!

22年ぶりにじっくり見たけど見劣りなし。
クオリティの高さは当時感じたまま。
タカヤノリコ、日高のり子、そして今が旬な酒井法子の3のりピー作品。
http://www.okaerinasai.jp/



sm7779 at 23:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年12月19日

映画 レイトン 永遠の歌姫

人気ゲーム作品のアニメ映画だけに期待してたものの、ありえなさすぎる展開とキャラクターたちに感情移入できず。残念さだけが印象に残る作品だった。


sm7779 at 19:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年12月16日

ワンピース

期待が大きかったのか、宣伝がでかすぎたのかわからないが、普通すぎて残念だった。あからさまなギャグも泣かせようとするシーンも何も感じず。

とりあえず錦糸町にはグッズおろか、パンフも売っていない状況。5日目でこれでいいんだろか。





sm7779 at 12:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年12月04日

BATON

正直、これだけの人と金を動かしてこのレベルの作品になってしまったことに残念。岩井俊二、市原、種ともこが関わった「虹の女神」に比べたら30点。
http://www.baton-y150.jp/


sm7779 at 14:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年07月10日

ボロ

単純につまらない。ストーリーにまとまりが見られず。好みにもよるだろうがジブリらしい繊細な描写に感じられなかった。ゲロ戦記と同等のボロ作品だった。

sm7779 at 23:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年06月29日

ヱヴァ 破

7a575dc3.jpgさすがに3日目だけあってレイトショーでも立ち見あり。登場人物が増えたりシンジが大人になったり、綾波が人ぽくなったりと少しずつ旧作とはベクトルが違った作品。思ったよりまとまり悪く感じた。



sm7779 at 22:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年05月03日

劇場版 天元突破グレンラガン 螺巌篇

fa8346e7.jpgテレビ版にプラスアルファして泣き所をよく押さえていた。劇場に多数ホビーを用意するなど戦略もなかなかの用意周到。内容的にはなかなかだったが、やっぱり力で力を制する時点で矛盾している展開だった。



sm7779 at 15:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年06月28日

フリーダム最終話

地球に降りてから2年半後、再びエデンに戻ったタケル。そして再び地球に戻るまでの2年間を描く45分。ついに迎えた最終話は激しい戦闘シーンや、回想シーンなど集大成と呼ぶにふさわしい作りとなっている。2時間版でリメイクしてほしいもんだ。

sm7779 at 15:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年01月25日

パート6

再び月のエデンの地へ向かうために地球の仲間たちとともにロケットを準備し特訓に励むタケルとアオの約2年。初めて明かされるアオの過去と父の記憶。そして月への出発。
これまでの中で最も集約されている上、激しいシーンもなく間延びした感じ。5月のSEVENに期待したい。

sm7779 at 22:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年01月23日

アギト

2005年公開作品で何度か予告みて気になってたけど金払って観るほどじゃなかったな。ゴンゾだけあって背景はなかなかだったけど設定を詰め込みすぎて全体のバランスがボロボロだった。宮崎あおいは良かったけど、浜口はかなり気になった。

sm7779 at 23:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年11月11日

秒速5センチメートル

3作目となる新海ムービー。同監督らしい描写に演出、声優など「らしさ」が強く感じられる作品だった。ただ1、2話しに比べ3話目がまとめすぎ感があり短編ムービーというよりも山崎まさよしのPV的な感覚を受けた。もう少し作りこんでほしかった。
sm7779 at 14:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

FREEDOM5

探していた少女アオと出会ったタケル。新たに出会った人々との触れあいから知る地球と月の意識と現実の相違点。再び月に送るメッセージは果たして誰の手に届くのだろうか。
第6巻1/25の発売が待たれる。

sm7779 at 09:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年09月16日

旧劇場版

ほぼTVシリーズに着色したレベル。全編意味不明でラストシーンも相変わらず。人生の中でみなきゃよかった作品の一つ。

sm7779 at 23:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年09月01日

エウ゛ァ

公開初日初回だけあって満席。本放送以来久々に観た。軌道修正のリメイク版的な作品。Zガンダムほど懐かしさも新鮮味もなかったのは元々が現代でも通用する近未来的発想だったからだろうか。次回予告などガイナックスらしい手法も凝らされている。次作「破」ではさらに新たな展開が進むようなので期待したい。


sm7779 at 13:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年07月29日

FREEDOM 4

地球に辿り着いた二人が出会った地球の人々は、月の人々と同様に空の向こうに見えるもう一つの世界の存在を諦めていた。しかしタケルたちは月の仲間たち同様に温い地球の人々とともに写真の少女を探す旅を続ける。月から地球へと舞台をうつし新たな人々と出会ったタケルたちの描写や地球の風景も見物。10/26発売の5巻も早く観たい。

sm7779 at 19:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年07月20日

いまさら時かけ

単なるありきたりなリメイク作品ではなく41年前の原作から時間のベクトルを引き継ぎ21世紀の続編ともいえる作品となっている。昨夏の公開と共に話題となり大金をつんだにもかかわらず空振りした「ゲド戦記」「ブレイブストーリー」の裏で多くの映画ファンに完成度の高さを見せつけていた。
先月放送されたアニメ夜話でも特集されるなど現在でも注目度の高さが伺える。
何十年たってもかわらない、誰もが通過するたわいもない若者の青春時代をSFの要素を取り入れつつも世界観を崩す事なく軽快なテンポで描ききっている。

http://www.kadokawa.co.jp/tokikake/
http://www.kadokawa.co.jp/blog/tokikake/
http://www.nhk.or.jp/animeyawa/


sm7779 at 12:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年06月01日

EVOLVE

「GUNDAM EVOLVE」
歴代ガンダムシリーズの人気作品のリメイクやアナザーストーリーを、最新の技術を駆使して3DCG化したショートムービー集。
メカの描写がリアルでそれなりの声優も起用し完成度を高めていた。ただまるでゲームのストーリーシーンを見せられているような感覚で新鮮味を感じられなかったのは残念。


sm7779 at 21:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年05月07日

Amazing Nuts!

4つのストーリーそれぞれに実力あるクリエイターを起用し作成されたコラボムービー。
クオリティの高さは目を見張るものの、その特性ゆえのわかりづらさからおもしろくて2度みたいと思う作品がなかったのは残念。
個人的に「グローバル・・・」「たとえ君が・・・」はなかなかよかったが「GLASS EYE」は気持ち悪く残りの作品はがっかりだった。

sm7779 at 12:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年04月25日

やっと観た

「FREEDOM 3」
青く光る地球を目にしたタケルが仲間たちの協力の下ようやくEDENを飛び立つ。毎度のことながらわずか30分ではものたりなさすぎ。7/27が待ち遠しい。
期待していたがオープニングは新CMの新曲「Kiss&Cry」に切り替わってはいなかった(このままか?)。

「虹の女神」
とりもどせないあの日々。撮影されたフィルムのように記憶に刻まれた戻らない風景。
フィルムに残ったあおいの「死にたくない」と言う台詞と、智也が最後に目にしたあおいの記したメッセージが胸に突き刺さる。
熊澤監督作品はニライカナイ以来の鑑賞だったがプロデューサー岩井俊二のテイストを殺す事なくストーリーを分かりやすく描写していた。また鈴木亜美、大橋未歩ら豪華傍役陣が多数出演しており細部まで見逃せなかった。


sm7779 at 21:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年03月21日

新魔界大冒険

10282cb6.jpgドラえもんムービーの中でもダントツの人気作がリメイク。幼少期に初めて憧れた年上女性、美夜子さんに久しぶりに会えた。マチャミの起用など細かな点でつっこみどころはあったがやはり美夜子さんの飛び出しシーンには胸を打たれた。来年春の次作はリトルスターウォーズかリルルと百式(ジュド−)の鉄人兵団を期待したい。
もしくはバギーちゃんの海底鬼岩城、2グループの大魔境、最悪ロップル君の宇宙開拓史かな。







sm7779 at 18:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年01月05日

鉄コン筋クリート

松本作品特有のノリとユーモア、そして細かな背景とCG加工が小さな町を大きく彩り、悪ガキ、ヤクザ(マフィア?)、刑事というシンプルなキャスト構成も常識を脱した個性がオリジナルな世界観を作り出している。何がいい悪いというより、力を感じる作品だった。
ワンピース同等のアニメを期待して来場した小さい子供には意味がわかりづらかっただろう。

sm7779 at 20:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年12月10日

借り物

「機動戦士ガンダムSEED C.E.73-STARGAZER-」
単発物のせいか詰め込み過ぎ感が否めない。もう少し話数を作って余裕ある展開がほしかった。


「FREEDOM 1」
緻密な描写とリアルな世界観は昨今のアニメにはほとんどみられない秀逸なものがある。早くもパート2に期待大。

sm7779 at 22:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年10月21日

パプリカ


061021第19回東京国際映画祭animecs TIFF 2006初日。夢の中にある現実。東京ゴッドファーザーズ以来の今敏監督作品。繊細かつ力強い描写にはいつも圧倒される。


sm7779 at 13:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年10月15日

ラーゼフォン

テレビ放映から約3年振りに劇場版を堪能。
改めてこんな話だったんだな〜と見返した。
ロボットアニメというよりも生きる時間を感じさせられた作品。

sm7779 at 03:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年08月24日

ゲロ戦記

やっぱり原作者も認めなかったか
そりゃそうだ。あれはひどすぎる。



原作者がHPに批判的

sm7779 at 18:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年08月12日

ゲド

直感的な感想はクオリティ低いな〜だ。絵の質もスクリーンで見れるレベルじゃないし、ストーリーも突発的でまとまりない。いらいらするか、眠くなるかの2時間だった。これじゃゲロだよ。

sm7779 at 16:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年07月09日

ブレイブストーリー

もろもろ端折りすぎ。2部構成にすればよかったような。小説のクオリティが高かったわけじゃないけど映画は残念すぎた。

sm7779 at 19:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年03月05日

星の鼓動は愛

大作完結!ラストのカミーユは個人的にはプッツンしたほうがよかったな〜。ダブルゼータはやはり抹消されたようだ。


sm7779 at 15:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年10月31日

恋人たち

前作「星を継ぐ者」から5ヶ月、本放送からは20年もの時を経てリメイクされたエピソード2。公開初日、こんな話だったな〜としみじみ感じながらの堪能。「星を・・」程の鳥肌はなかったものの、数々の名シーンは色褪せる事なく輝いていた。5ヶ月後公開(3/4)の「星の鼓動は愛」のコピーでは「誰も知らないラスト・・・新訳Z完結編。」と綴られている。どんな結末を迎えるのか今から楽しみだ。

sm7779 at 17:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
ウェザーニュース
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
ギャラリー
  • リトルウィッチアカデミア×文房具カフェ
  • リトルウィッチアカデミア×文房具カフェ
  • リトルウィッチアカデミア×文房具カフェ
  • リトルウィッチアカデミア×文房具カフェ
  • リトルウィッチアカデミア×文房具カフェ
  • リトルウィッチアカデミア×文房具カフェ
QRコード
QRコード
記事検索
Archives