┗邦画・アジア

2016年02月11日

今年も横浜フットボール映画祭

75d4e78c.jpg今年で6年目?

sm7779 at 13:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年02月14日

ヨコハマフットボール映画祭

b3b93fb3.jpg今年も!

ブリリア ショートショート シアター(130席 8回上映)
2/14(土)
11:00 ガルーダ19
13:40 クラスオブ92
16:35 ガンバレとかうるせぇ ※音声ガイド上映
18:35 ネクスト・ゴール! 世界最弱のサッカー代表チーム 0対31からの挑戦



sm7779 at 10:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年03月28日

じゅういちぶんのいち試写会

f4b870c4.jpg人少ない

何もかもが残念な映画でしたとさ。

sm7779 at 18:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年09月22日

夢売るふたり

039e388c.jpgまもなく上映

sm7779 at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年03月10日

舞台挨拶2

6a969ab3.jpgシャボン玉石けん社長から花を受け取ったあと

http://iwaiff.com/fa311/
http://www.bs-sptv.com/program/page/000331.html
http://movies.jp.msn.com/news/article.aspx?articleid=914844
http://www.oricon.co.jp/news/entertainment/2008239/full/?cat_id=tw


sm7779 at 13:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

舞台挨拶

eb35cbb6.jpg岩井俊二、松田美由紀、藤波心

http://iwaiff.com/fa311/
http://www.bs-sptv.com/program/page/000331.html
http://movies.jp.msn.com/news/article.aspx?articleid=914844
http://www.oricon.co.jp/news/entertainment/2008239/full/?cat_id=tw


sm7779 at 13:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

ようやく

b396c5d9.jpg中に入れた

まだ3〜4人て

sm7779 at 08:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

渋谷 オーディトリウム

031268fe.jpgまだ誰もいない


みぞれ寒い

sm7779 at 07:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年03月03日

東京公園

派手な演出も展開もなくスローテンポでほのぼの進むストーリー。邦画らしい邦画という印象だった。


sm7779 at 20:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年09月24日

モテキ

各キャラクターのリアル感、ストーリーを彩る演出、どれをとってもパーフェクト。

sm7779 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年09月11日

探偵はBARにいる

題名はシリーズ1作目だが内容は2作目の「バーにかかってきた電話」をもとに作られていた。ところどころ映画用に書き換えられていたので、賛否はあるがそれなりに面白く仕上がっていた。
sm7779 at 21:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年06月21日

浅野の演技が秀逸

暗くなりがちなストーリーを独特のテイストでコミカルに描いている。何より浅野の演技が秀逸だった。

sm7779 at 15:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

完成度の高さ

原作どおりの完成度の高さ。それぞれのキャラクターの抱く闇がとても伝わってきた。ただ、暗く悲しいので何度も観たいと思える作品ではない。

sm7779 at 14:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年06月04日

映画 まほろ駅前多田便利軒

小説そのままの秀逸なストーリーはもちろん、豪華なキャストも上手くかみ合っていた。

sm7779 at 22:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年04月29日

映画 阪急電車

典型的なオムニバスムービー。大阪を舞台に、DVや虐め等に悩む人々の葛藤を描いている。当たり前だが、台詞の全てが関西弁なので、キャストの演技になんとなく違和感を感じた。
sm7779 at 21:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年02月28日

あしたのジョー

ea2af7fa.jpgさすが平日昼の回。ガラガラ

山Pと伊勢谷のボディは圧巻。それだけでも見ごたえあったが、香川の演技も素晴らしかった。また時代背景、ボクシングシーンの表現もそれなりにリアルに作りこまれおり完成度の高い作品だった。


sm7779 at 12:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年01月29日

DOCUMENTARY of AKB48 to be continued

73a1bfcd.jpg岩井俊二プロデュースということで期待したが、終始この娘誰?的な感覚。また、涙頂戴な演出が痛すぎた。残念。

sm7779 at 15:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年12月26日

相棒-劇場版II

第一作の劇場版に比べシンプルな展開と言うか、地味に感じた内容。ドラマ最終話に連動する流れなど期待感が大きかっただけにそこまでではなかったのが残念。
sm7779 at 11:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年12月11日

ノルウェイの森

原作を読んでから、はや20年あまり。こんな配役、展開の映画化になるとは思ってもいなかった。じつに昭和的というか、フランス映画的というか。とても完成度の高さを感じさせられる作品に仕上がっていた。


sm7779 at 18:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年07月29日

踊るみる

携帯は自分のF04Bだったか。全体的にあんまりインパクトがなかった。随所に狙いすぎ。期待しただけ残念。




sm7779 at 21:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年05月01日

てぃだかんかん

やっぱり松雪泰子は演技がうまいな。全体的にはカメラワークも良くてがんばってる感があった。


sm7779 at 15:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

ダーリンは外国人

漫画の内容を期待していただけに、あまりのベタなストーリー、ベタなカメラワークにがっかり。



sm7779 at 12:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年04月13日

風が強く吹いている

大学駅伝という地味になりがちな題材を、個性あるキャラクターを登場させドラマティックに仕上げた作品。小説同様リアル感は薄いものの、それなりに観れた作品だった。


sm7779 at 22:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年01月30日

サヨナライツカ

原作を読んだのははや9年も前のこと。
当時は文章の一つ一つに胸を打たれたように感じた。

待望の映画化に足を運んでみたものの
西島とミポリンの昭和的な絡みシーンや、25年後の出演者たちの不自然なメイク。

こんなストーリーだったかなーと思いながら特に感情移入もしないまま終わってしまった。残念。

sm7779 at 20:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年01月21日

バンデイジ

たぶんすぐに忘れるだろうというくらい、特に印象の残らないつまらない映画だった。

岩井俊二プロデュースに期待しただけに残念。

良かったのは伊藤歩だけ。




sm7779 at 14:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年01月17日

今度は愛妻家

行定監督の新作。ほのぼのした景色の中で展開されるユーモアと悲劇。

舞台チックな演出も、キャストの演技もなかなかよかった。

特に主演の薬師角丸子の可愛らしさが光った作品だった。




sm7779 at 17:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年10月30日

沈まぬ太陽

3時間22分(10分の休憩あり)の大作。平日朝一の回なのに年配の人が多く、なかなか混んでいた。クライマーズハイとリンクしている部分を想像しながら見るとなかなか面白い。ラストサムライの演技はさすがの一言。


sm7779 at 12:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年10月25日

最近見たDVD

「犬と歩けば~チロリとタムラ~」
田中の演技がなかなか良かった。後半自信をつけて強い男になっていく様がそこそこ気持ちを動かさせる。ただ、それ以外はストーリーに大きな展開もなく地味な内容で盛り上がりに欠ける。

「ジェネラル・ルージュの凱旋」
サスペンスストーリーからシンプルなどんでん返し。そしてドタバタ救命救急シーンへと視聴者をあきさせない展開はバチスタ以上のおもしろさを感じさせた。堺の演技が特に良かった。

「ホノカアボーイ」
それなりにキャストも凝っている割にはキャラクターを殺しておらず、ほんわかした中にも現実を感じさせる世界観をもっていてそれなりに観れる映画だった。カットごとの景色もきれいでなかなか良かった。

「コラソン de メロン」
西川と和香パイの演技がそれなりで最後まで観ることはできたものの、非現実的なストーリーは感情移入しづらくさせただけだった。もう少し普通なストーリーならまだおもしろく観れたかもしれない。

「ヤッターマン 実写版」
突っ込みどころ満載。アニメどおりといえばそれまでだが、ストーリーにつかみどころがなくあっけにとられたまま最後を迎えるといった感じ。ひどい作品とはいかないまでも、それほどおもしろいとは言えない。ほぼCGと深キョンの谷間にばかり目がいってしまった。






sm7779 at 22:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年08月24日

きみの友だち

数年後の現在に過去の回想シーンが多々差し込まれながら物語が進行する。様々な回想シーンにはたくさんの登場人物が登場し、それぞれが独特のキャラクターを演じきっていた。学生時代の世界観や内容は悪くなかったものの回想シーンへの展開が少しあわただしく感じられたのが残念。

sm7779 at 23:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年08月12日

レンタル

「少年メリケンサック」
序盤はどうなるかと思ったものの、どんどんストーリーに惹きこまれていった。佐藤浩一、ユースケ、宮崎あおいと実力ある俳優が多く見ごたえたっぷり。

「ララピポ」
はちゃめちゃエロショートストーリーが交わったオムニバスムービー。一つ一つがマニアックな内容なのは良かったがもう少しまとまりがあると良かった。CG映像を多用しすぎてごちゃごちゃした感じが残念だった。

「その日のまえに」
原作を読んでいただけにイメージしていたものと違っていて残念。もうすこし原作に沿って作ってくれればもっと感動する映画に仕上がっただろうに。

「弁当夫婦」
内容は良かった。ただただ短すぎ。これじゃあ映画として評価するには難しい。これで90分ほどあれば5つ星でもよかった。

「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」
ありえない展開と思いながらもストーリー、キャラクター共にしっかりしていて最後までテンポが良く見続けられた。特に佐々木蔵之助の演技が良かった。




sm7779 at 21:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年05月09日

おくりびと

非常にためになるし、物語としても良く出来ている。しかし、おもしろいかという部分ではいささか物足りなさを感じる。つまらないギャグを入れる必要はないが、もう少しユーモアを取り入れてもよかった。

sm7779 at 19:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

アフタースクール

序盤は中学生日記を思わせながらもミステリー調をかもし出し興味をわかせ、後半から終盤までいっきに種明かし。全体的によくまとまっていて、それなりにおもしろかった。出演者の演技がなかなか見ごたえあり、特に佐々木がいいキャラクターを演じていたと思う。

sm7779 at 10:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年04月22日

ブタがいた教室

個人的には最終的に生かすか食べるかは教師が最初から決めておいて、そのルールをぶらしてはいけないと思った。大人でも難しい判断を子供にさせてもあまり意味はないし、学校教育の一環としては他のクラスにまかせるなどして継続するのは難しすぎる。
とりあえず、それなりの映画だったし子役達がよく演じきっていたと思う。ただ、それほど心動かされる内容でもなかった。

sm7779 at 09:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年02月08日

純喫茶

宮迫、仲の親子演技や麻生久美子、ミッキーカーチスら強力な脇役人にホンワカしたユーモアムービーと期待。しかし、実際はシュールなリアルストーリー。気持ち悪い客たちや、仲演じる女子高生の生意気感等、全体的に悪くはなかったけどもうひと笑いあればもっと泣ける映画にもなりえたかもしれない。

sm7779 at 11:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年02月07日

百万円と苦虫女

全体的にシュールなストーリーながらも、主演の蒼井優ほか脇を固める森山未來、ピエール瀧ら実力派俳優らによる個性あるキャラクターたちが物語を引き立てていく。ここで終わりかよ!的なエンディングはありきたりで残念。

sm7779 at 21:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

good good

猫好きにはたまらない映像満点な話題作。主演のキョンキョンの演技もすばらしく、まわりを固める森山中、上野樹里などの脇役たちも物語を映えさせている。ユーモアたっぷりに、ちょっぴり切ないストーリーがいいスパイスとなっている。なかなかおもしろかった。

sm7779 at 10:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年12月28日

K20

こてこての邦画アクション。やっぱり金城の日本語はなぜか違和感を感じる。普通ならもっと明智に怒り恨みもつだろうとか、いろいろ突っ込みどころ満載。




sm7779 at 13:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年11月30日

ハッピーフライト

8e8459dc.jpg空港業務に携わるあらゆる仕事にスポットを当てたパロディ作品。どの仕事も薄っぺらくリアル感なし。また、全体的にB級のパニックムービーとなってしまっていたので質の低い作品に感じられた。





sm7779 at 19:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年10月13日

映画 容疑者X

2時間の中に、良くまとめてたと思う。ただ終盤の湯川との話や、号泣のシーンはリアル感に欠けていたので残念だった。あと、石神が長塚で良かったんじゃないかと思う。堤ではイケメン過ぎた。





sm7779 at 18:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年09月29日

4作目 宇宙開拓使

とうとうロップルくんの宇宙開拓史ですか。
81年版のリメイク。もう27年前か。
当時の記憶が今も残ってるな。
この前、十数年ぶりにリトルスターウォーズ見たけど
やっぱあのドラえもんがいいよな。

2009年春休み公開予定
http://doraeiga.com/2009/index.html
http://dora-movie.com/film_history/history_02.html


sm7779 at 11:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年09月17日

トウキョウソナタ試写会

080917あいかわらず黒澤清のシュールさは秀逸。オーバーリアルな設定も、身近に感じさせる演出。舞台挨拶の生キョンキョン、井川遥もイケテルし所々に織り込まれたユーモアもさすがの一言。こりゃヒット間違いなしだな。
東京・有楽町のよみうりホール
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20080918-OHT1T00021.htm
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2008/09/18/13.html

sm7779 at 23:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年09月15日

腑抜けども

まるで梅図かずおの世界。でも永作、サトエリは可愛かったな。ストーリーは不思議ワールド系。映画館で見なくて良かった。

sm7779 at 21:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年08月30日

映画 20世紀少年

ついに公開された浦沢作品初の映画作。公開前から話題性が高く年中エキストラ募集するなど、映画化が容易でなかったことも想像できる。堤作品らしく人の表情やしぐさ、大げさなCG処理など監督らしい演出も作品によくなじんでいた。エンディングの唐沢の歌うケンジの「Bob Lennon」まで約2時間半もの長編だったがストーリーを知っていても飽きずに鑑賞できた。1月31日公開の第2章にも期待したい。
http://www.20thboys.com/index.html





sm7779 at 14:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年07月05日

映画  クライマーズ・ハイ

悲惨な大惨事を当事者ではなくマスコミの裏舞台の視点から描かれた作品。衝撃、気迫、緊張と終始休む間を与えない展開と、事故の大きさをリアルに伝える迫真の演出からまるで当時の混乱を目の当たりにしているかのようで見ごたえがあった。
個人的に共同通信からの連絡放送が以前スポーツ新聞でバイトしていた頃を思い出せた。



sm7779 at 16:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年06月29日

雨の翼

「ニライカナイからの手紙」「虹の女神~Rainbow Song~」の熊澤尚人監督による作品。空の描写や、登場人物など高い完成度でなかなか好印象だった。ただ30分と短編だったのが残念。もう少し作り込んだ作品でも良かったと思う。

sm7779 at 11:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年06月28日

スマイル

全てにおいてベタ作品。中心のアイスホッケーに関する専門的な内容はほとんどなく少年たちのドラマで構成されているものの、それぞれのキャラクターの持ち味が中途半端でいまいち盛り上がりにかける。佐藤浩一、坂口憲二等豪華な脇役陣も印象が薄く監督の技量がマイナスによく反映されていた。

sm7779 at 16:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年06月08日

マジックアワー

途中までは佐藤浩一の冴えた演技で笑えたものの後半は意外性のない展開で前半ほどの面白さが感じられなかった。

sm7779 at 18:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年05月03日

映画 相棒

ドラマを観たことなかったけど刑事ドラマらしくBGMがでかくて終始あわただしい。シンプルに詰めこもうとしたためか至る所に中途半端感が感じられた。2時間ドラマならまだしも映画としてはC級。




sm7779 at 18:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年04月11日

舞妓とクワイエットルーム

「舞妓Haaaan!!! 」
ぶっ飛んだ阿部サダヲの演技とスピーディーなストーリー展開、たけしの「座頭市」を彷佛とさせる演出には飽きを感じさせない。最終的に舞妓好きなのかなんなのかよくわかんなくなるほど飛びまくっていた。

「クワイエットルームにようこそ」
ダークなストーリーになりがちな精神病棟を舞台にコミカルかつ乗りのいいテンポでまとめている。内田有紀の演技もさることながら周りをかためるクドカン、蒼井優ら豪華キャストらの演技も世界観を十二分に作り上げていた。

sm7779 at 17:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年03月09日

今日のレンタル

「恋するマドリ 」
とりあえずガッキーがよくしゃべりよく動く。菊池凛子、松田龍平ら若手実力派でかためてはいたものの全体的なコミカルタッチが性に合わず。単なるベタベタ作品でしかなかった。

「遠くの空に消えた」
行定作品だけに期待していたもののあまりにもはちゃめちゃ作品でがっかり。もう少し落ち着いたバランスで仕上げればそれなりにおもしろく感じられたかもしれない。

「 サッドヴァケイション」
浅野、オダジョー、宮崎あおいら豪華キャストに期待したが、全体的なまったりームード、ドロドロしたストーリーに2時間見続けるのが辛かった。もう少しどうにか出来そうなもんだが。


sm7779 at 09:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
ウェザーニュース
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
ギャラリー
  • リトルウィッチアカデミア×文房具カフェ
  • リトルウィッチアカデミア×文房具カフェ
  • リトルウィッチアカデミア×文房具カフェ
  • リトルウィッチアカデミア×文房具カフェ
  • リトルウィッチアカデミア×文房具カフェ
  • リトルウィッチアカデミア×文房具カフェ
QRコード
QRコード
記事検索
Archives