┣〜U-23

2008年07月30日

世界基準の壁

080729-2キリンチャレンジカップ2008
U23日本 0 - 1 U23アルゼンチン(後半39分中止)
得点者:68' ディマリア(U23アルゼンチン)
2008年7月29日(火)
19:22キックオフ 43,089人
国立 晴れ後雨 29℃

会場を埋めた4万人のファンが望んだのは日本代表の国内ラストプレーではなくアルゼンチン代表の華麗なプレーを観る事だったにちがいない。アルゼンチンはメッシこそ来日することは無かったが出場未定だったリケルメと07年U―20W杯得点王(MVP)アグエロ、OA枠のパレハの選抜起用にスタジアム中から歓喜の声が響いた。
下馬評どおり守って仕掛ける日本に比べアルゼンチンは個人技、パスワーク、ポジションの入れ替わりのスピードで日本代表を翻弄し華麗に決定機を演出した。しかし日本もただボールを目で追うだけでなく、本田圭佑がリケルメとマッチアップすれば、本田拓也が果敢にパスを潰し、内田が右サイドを駆け抜け日本の底力を見せ付けた。8分にはディマリア、36分にはマスケラーノが内田のドリブルをファールで潰しにかかるなど強国を真剣勝負の場へと引き込んでいた。両チーム再三のチャンスをものにできずスコアレスのまま後半を迎える。後半20分豊田に代え森本を投入しゴールに期待した日本だったが、その3分後日本がアルゼンチンに攻勢をかけた矢先アグエロがスルーパスを放ち前線へ駆け込んだディマリアに渡す。ディマリアがシュートを日本ゴールに突き刺しついに先制する。西川の好セーブと日本の連係プレーも雨脚が増すにつれ乱れていくようだった。後半39分雷と豪雨の中ついに主審が両手をあげ試合が中断。このまま再開することなくラストテストマッチは中止で幕を閉じた。サッカーファンとしてはもう少しでもアルゼンチンの華麗なプレート得点シーン(せめてもう2点)を見たかった。
初戦まで1週間、うち2日は休日となるスケジュールで指揮官は今日の2倍の実力を見せると言う。抱える課題の多さにほぼありえないとわかりつつも、非現実ながらグループリーグ突破を期待してしまう。
sm7779 at 00:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年06月06日

リザーブメンバーの行方

b153eb13.jpgアジア男子サッカー2008 2次予選
(北京オリンピック2008 2次予選)
第6戦
U-22日本代表 3-1 U-22マレーシア代表
2007年6月6日(水)
19:14キックオフ
国立競技場
18,020人

得点者:
28' 長友佑都
33' 鈴木修人
52' 萬代宏樹
59' S.スプラマニアム

累積警告で出場停止の平山、伊野波、梶山(共にFC東京)ら4選手と主力選手を未招集、鈴木、田中裕介(横浜FM)ら、初招集の選手7人のうち5人が先発となり下馬評通り“反町J予備軍昇格テスト”となった。
立ち上がりから攻勢を見せる日本だったがパスミス、トラップミスからマレーシアにボールを奪われチャンスを逃し続ける。前半28分にクロスに走り込んだ長友のヘディングで先制。30分に鈴木の放ったシュートはわずかにゴールを超えるがその3分後再び鈴木の放ったボレーシュートはネットに突き刺さる2点目を刻む。後半4分左サイドを突破した長友が倒されて獲たPKを萬代が決め3点目を奪
い勝負を決める。しかしそのわずか6分後、集中力を失いかけたタイミングで右コーナーキックから押し込まれ失点を許してしまう。その後はマレーシアの荒らいプレーに精彩を欠き押し込まれてしまう。72分には萬代が相手GKとの1対1の場面もボールを奪われ得点のチャンスを失う。終了間際増田、興梠の鹿島コンビを投入し追加点を狙い奮闘するもチャンスも生かせずロスタイムの3分を終えた。
大学生の2人が見せ場を作りチームを勝利に導いた試合となった。しかし慣れないメンバーだったとはいえ格下相手に終始精彩を欠いたチームには最終予選への不安が垣間見えた。カテ2入場料1000円にもかかわらず2万人を超えなかった観衆からも終始溜息がもれていた。アジアの中で足踏みしている場合ではなく、目標の本大会ベスト8以上に向かって完成度を高めていって欲しい。
sm7779 at 23:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
ウェザーニュース
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
ギャラリー
  • P.IDL
  • P.IDL
  • P.IDL
  • P.IDL
  • P.IDL
  • P.IDL
QRコード
QRコード
記事検索
Archives