┗なでしこ

2015年12月27日

澤現役ラストマッチ、ラストゴール、ラストタイトル

02f086c9.jpg第37回 皇后杯全日本女子サッカー選手権大会
決勝戦
アルビレックス新潟レディース 0 - 1 INAC神戸レオネッサ
得点者
78分 澤 穂希

2015年12月27日
14:00 KickOff
等々力陸上競技場
20,379人 10.6℃

ついに訪れた澤のラストマッチ。
スタジアムには2万人もの観衆が訪れたという。
開場2時間前(開場は10分はやめられ11:50分に変更された)には招待券引換所の前には長蛇の列。
さらに当日券、入場口の列も人があふれた。

この試合のSS指定席のチケットは席数の少なさから発売後まもなくして完売。
澤進出決定後にはオークションで約11倍にプラチナ化し、2枚6万円で取引された。


決勝は両チームの高いの技術と戦術が駆使され拮抗した展開となった。
試合が動いたのは互いにスコアレスドローで迎えた後半の33分。
INACの右コーナーキックのチャンス。
キッカーの川澄がコーナーに向かう間に澤ら数人が入念に確認を行う。
そしてついに、川澄が放ったコーナーキックに走りこんだ澤がヘディングで合わせて得点。

終盤、1点を追う新潟が低い位置で動きが鈍りだしたINACに対し、積極的にゴールにボールを運ぶ。
しかしINACの守備を崩しきれず、2分のアディショナルタイムもスコアは動かず。
INACの2年ぶりの優勝が決まった。

澤のラストマッチは澤自身のゴールのみで勝利というドラマチックな試合となった。
さらに、チームとしても大会を無失点で終えるという素晴らしい結果といえる。
来年は澤がいないチームとなり変わらざるをえない部分も少なくないが
川澄らなでしこメンバーを中心に3年ぶりのリーグ優勝を果すチームに返り咲いてほしい。

sm7779 at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年12月23日

澤穂希 ラスト2

fd7981f1.jpg皇后杯 準決勝
ベガルタ仙台レディース
0 - 2 INAC神戸レオネッサ
2015年12月23日 11:04 KickOff
川崎市営等々力陸上競技場
8.3℃ 5,506人

得点者
39分 大野 忍

61分 中島 依美

昨日から6度も下回る真冬の朝を迎えたにもかかわらず、現役引退が迫る澤を一目見ようと今日も開場前から多くのファンが列を作った。

序盤は仙台がスピーディーな攻撃と連動した守備で主導権を握り、INACゴールを脅かしたがゴールを奪えず。
逆に39分、INACに右コーナーキックのチャンスが訪れる。
コーナーキック直前に澤が一部の選手と短い会話。
その直後、大野のヘディングゴールでINACが先制した。
INACはその後、持ち味であるパスワークで仙台を翻弄し主導権を奪った。
さらに後半もINACが先にゴールを決めて仙台を突き放す。
仙台は前線のメンバー3人を交代し攻撃の意識を高めたがゴールを奪えず。
ここまで無失点のINACが完封勝利で決勝へ進んだ。

引退を公表した澤にとって次戦、アルビレックス新潟レディースとの決勝がいよいよラストマッチとなる。
残念ながらベレーザと戦うことは叶わなかったが
現役最後の試合で優勝という最高のクライマックスを迎えてほしい。
sm7779 at 23:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年12月19日

想定通りの勝利も

65fb0914.jpg皇后杯 準々決勝
ASエルフェン埼玉 0 - 2 INAC神戸レオネッサ
2015年12月19日 11:00 KickOff
味の素フィールド西が丘
11.6℃ 3,666人

得点者
9分 近賀 ゆかり
19分 眄 愛実

澤の引退発表後、初の公式戦。
発表からわずか3日ということもあり会場には多くのファン・サポーター、さらに多くのメディアが詰めかけた。
例年注目度の低い皇后杯の準々決勝ともなればその注目度に常連のサポーターは驚かされた。
開場1時間前からのサポーターの列の長さは皇后杯では異常と感じられた。

試合は下馬評通り格上のINACが主導権を握りエルフェンに勝利した。
しかし、シュート数4対21にもかかわらずINACのゴールは2。低い得点力が目立つ結果となった。逆にエルフェンはプレイのスピード、制度は劣るものの最後まで足を止めず前を向きINACゴールを脅かすシーンもみせた。今シーズンはレギュラーシリーズ最下位に終わり2部リーグ降格が決定している。来季の昇格を期待したい。

逆にレギュラーシリーズ2位、エキサイティングシリーズ3位で終えているINAC。
他チームに比べ選手層も、環境も恵まれているだけに厳しい結果と言える。
準決勝はPK戦で浦和を破ったベガルタ仙台レディース。今シーズンは2勝1敗と勝ち越しているがエキサイティングシリーズで敗れ順位を上回られた。
果たして6度目の決勝に進み、2年ぶり5度目の優勝で終えることができるだろうか。澤のラストマッチにならないことを祈る。
sm7779 at 15:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年07月20日

なでしこたちのリーグ戦

68e50090.jpg
d1dc9148.jpg
2015プレナスなでしこリーグ1部 レギュラーシリーズ 第12節
2015/07/20
日テレ・ベレーザ 2-1 岡山湯郷Belle
34分 日テレ 田中美南
61分 湯郷ベル 大久保舞
67分 日テレ 村松智子

16:00 キックオフ 3,338人

ニッパツ三ツ沢球技場(神奈川県)

最高気温33℃を記録した横浜で行われたベレーザ対湯郷Belle。
序盤から岩清水、阪口を擁するベレーザが実力差どおり湯郷Belleから主導権を奪い猛攻を仕掛けた。
攻勢をかけたい湯郷Belleは宮間を起点に攻守を組み立てたが、チーム全体が宮間の巧みな技術を活かしきれず後手に回るシーンばかりだった。
前半に1点を奪われた湯郷は後半に左コーナーキックのチャンスから同点に追いつくが、徐々に攻撃の足が止まり守備に追われた。
攻撃の手を緩めないベレーザが先に追加点を奪い、試合は2-1のままベレーザが掴み取った。

この結果ベレーザは首位INACに勝ち点差1の2位。湯郷は7位となった。

sm7779 at 16:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年05月06日

INACシーズン初黒星

9a1eba98.jpg2015プレナスなでしこリーグ1部
レギュラーシリーズ 第7節
日テレ・ベレーザ 2 - 1 INAC神戸レオネッサ
39分 日テレ 9 田中 美南
41分 I神戸 9 川澄 奈穂美
72分 日テレ 9 田中 美南

2015年05月06日 16:33
味の素フィールド西が丘(東京都)
4,373人


GW最終日、西が丘にはなでしこリーグ序盤の決戦に4000人を超える観衆が集まった。

序盤から積極的に前線へボールを送り仕掛けるベレーザに対し、低い位置でボールを奪ってスピーディーなパスワークで守備陣を崩すINACという展開。
試合が動いたのは前半39分、ベレーザMF14からのボールをFW9田中が左足で押し込み先制する。
1点ビハインドとなったINACだったがわずか2分後にFW9川澄のゴールで追いつき前半を終える。
互いに激しい攻防をみせた後半。ついに72分、再びベレーザFW9田中が左CKからのこぼれ球を押し込み試合を動かす。
その後も両チーム決定機を作ったが得点は生まれず試合はベレーザが勝利を手にした。

ここまで6戦全勝のINACがついに今シーズン初黒星。そして未だ無敗のベレーザが単独首位のINACに勝点差1に迫った。3、4位のチームも勝点3差と続き拮抗している。
来月開幕する女子W杯によるリーグ中断まで残り2試合。果たして首位交代はあるのか。
さらになでしこジャパンの行方にも期待したい。
sm7779 at 22:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年12月21日

シーズン4冠へ

aff48205.jpg互いに無得点のスコアレスドローで迎えた後半。試合を動かしたのは伊賀。カウンターによる速攻でFWの中出が先制点を決める。しかし、優勝候補INACも68分、72分と両FWがゴールを決め逆点。
試合はそのまま86分までスコアが動かずINAC勝利の可能性が高まっていた。しかし、INACのGK海堀の不用意なミスパスにてペナルティエリア内に残っていた相手選手にボールを渡してしまい、伊賀FW小林へ繋がれあっさりとゴールを奪われ2-2に並ばれてしまった。時間も進み延長戦も視野に入り始めたが、守る伊賀に対し落ち着いてボールを繋げたINACは88分、リーグ4位の得点数を誇り、皇后杯でも高瀬と並ぶ得点を重ねていたチ・ソヨンが決勝ゴールを決め皇后杯4年連続の決勝へと駒を進めた。

今大会の2試合、圧倒的な得点差で勝利を重ねていたINACが初めて苦しんだ内容と言える試合だった。要員としては実力の差というより采配による試合運びの部分が大きく感じられる。果たして皇后杯4連覇、初のシーズン4冠を成し遂げることができるだろうか。

決勝は23日、準決勝で岡山を倒した新潟と同スタジアムで行われる。


第35回 皇后杯全日本女子サッカー選手権大会
準決勝 第2試合
NACK5スタジアム大宮
14:04キックオフ 2585人

INAC神戸レオネッサ 3- 2 伊賀FCくノ一
【得点者】
58分 中出 ひかり
68分 高瀬愛実
72分 ゴーベルヤネズ
86分 小林 真規子
88分 チ・ソヨン
sm7779 at 22:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年12月11日

大勝の裏

131211前半から低いラインで網を張ってボールを奪いカウンター攻撃でINACに応戦していた愛媛だがシュートに持ち込むことができないまま前半に2点失点。後半は失点を重ねるごとに集中力を欠き大差での敗戦となった。
また下馬評以上の結果で勝利したINACだが、簡単にボールを奪われるシーンや、プレーが遅れるシーンが目立ち、格下だった相手の実力に救われた所も大きかった。
果たしてこのままつまづくことなく4連覇を成し遂げることはできるだろうか。

第35回 皇后杯全日本女子サッカー選手権大会 3回戦
2013年12月11日 14:01キックオフ
INAC神戸レオネッサ 10-0 愛媛FCレディース
東京都・味の素フィールド西が丘
844人

【得点者】
14分:2近賀ゆかり
19分:10チ・ソヨン
48分:7中島依美
63分:7中島依美
72分:15磯金みどり
78分:10チ・ソヨン
81分:11高瀬愛実
84分:14京川舞
89分:11高瀬愛実
90分+2分 9川澄奈穂美


準々決勝
12月15日(日)14:00キックオフ
VS FC吉備国際大学Charme
神戸総合運動公園ユニバー記念競技場
sm7779 at 21:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年09月09日

やはり強かったアメリカ

808ba341.jpgU20女子W杯決勝
ドイツ0-1アメリカ
国立

決勝のカードはグループリーグD組、予選突破チーム同士の対戦となった。
予選ではアメリカがドイツに0-3で完敗。そして準決勝の日本戦のクオリティーからドイツの圧倒的な勝利が予想された。

しかし敗戦から12日後、アメリカは持ち前の技術とスピードでドイツを翻弄。序盤から攻勢を見せたアメリカが前半終了間際44分に先制。
後半に入りアメリカの守備を崩しきれないドイツはミドルシュートでゴールを狙ったが枠をとらえきれなかった。

試合はアメリカの1点リードのまま終了。史上最多となる3度目の優勝となった。
20才以下でありながら高い技術と身体能力を見せた両国代表チーム。
これからも日本にとって大きな壁となって立ちはだかりそうだ。
sm7779 at 06:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

その先へ

84081a9e.jpg勝利を収めたヤングなでしこだが、シュートやパスを選択する判断力にはまだまだ経験の低さを感じられた。ほとんどの選手がすぐになでしこに選ばれることはないかもしれないが、数年後に柱となる選手へと育ってほしい。
sm7779 at 05:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

初の世界3位

3691ba0f.jpgU20女子W杯3位決定戦

ナイジェリア1-2日本
国立

序盤から正確なパスワークでナイジェリアのスピーディーな突破力を抑え込んだ日本が主導権を握った。24分に田中陽子のゴールで先制。さらに50分には西川のゴールで追加点を奪う。73分に失点を許すが1点差を守りきった日本が勝利を掴んだ。
sm7779 at 05:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年08月26日

日本グループA1位通過

04521d46.jpgFIFA U-20女子W杯 ジャパン 2012 グループA 第3戦
スイス0-4日本
田中陽子(前半30分)
田中陽子(後半2分)
西川明花(後半7分)
猶本光(後半39分)

8月26日(日)19:20
会場:国立競技場

引き分け以上で決勝トーナメント進出となる日本は、すでに予選リーグ敗退が決まっているスイスとの第3戦となった。
素早いパスワークでスイスを翻弄する日本は前半、田中陽子のフリーキックで先制。
1点リードで迎えた後半にも田中陽子のフリーキックで追加点を奪い主導権を握り続けた。
日本はさらに西川、猶本が得点を重ね終始危なげない展開で完封勝利。予選リーグ1位通過を決めた。
ここから本当のW杯が始まる。まずはライバル韓国を蹴散らし優勝に近づいてほしい。

sm7779 at 22:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

韓国グループB2位通過

b250054e.jpgFIFA U-20女子W杯 ジャパン 2012
韓国2-0ブラジル
8月26日(日)16:20
会場:国立競技場

グループB2位通過のために勝つしかなかったブラジルと、引き分けでも予選通過となる韓国との一戦。
試合は引いて守る韓国と、前掛りでゴールを目指すブラジルという展開となった。
0-0で迎えた後半。前半から攻勢を見せていたブラジルの足が止まり始める。
そして74分、韓国がカウンターからJEOUN EUNHAのゴールで先制。さらに82分にもJEOUN EUNHAがブラジルからゴールを奪う。
ブラジルは背番号11、THAIS GUEDESを中心とした攻撃で何度も決定機を作ったがついに韓国のゴールを破ることができず、試合はそのまま2-0で韓国の勝利。
ブラジルは1勝もできないまま大会を去ることとなった。
勝利した韓国はナイジェリアに次ぐグループB2位通過で準々決勝に進み、30日にグループA1位通過の日本と戦う。
sm7779 at 22:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年06月11日

頂上決戦

6c500d4f.jpg日テレ・ベレーザ 0 - 1 INAC神戸レオネッサ
2012年06月10日 12:34
国立競技場(東京都)
16,663人

風は弱く、気温は27度ほどの夏日に行われた前期最終節。
上位2チームの対戦には16000人を超える観客が聖地国立競技場に集まった。

試合は中盤のパスワーク、前線へのボールの供給、ディフェンスの整った動きなど、互いの実力を見せつけるハイレベルな内容となった。
時間帯によっては攻守が切り替わったものの試合が一方的に動くことはなかった。
スタッツによると前半のシュート数は2:4でINACが上回っていたが実際はそれほど差を感じるほどではなかった。

後半60分、INACの川澄が自ら得たPKを決めINACが先制。しかし、その後も試合の流れが大きく変わることはなかった。

結果は1点をリードを保ったINACが勝利を収め首位を守った。

この試合で注目されたのは前半終了間際に右足首を痛め負傷退場した岩淵。素早いプレスや得意のドリブルでチャンスを作っていただけに、交代が悔やまれた。
sm7779 at 01:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年01月01日

貫録の2冠

f9f570eb.jpg第33回全日本女子サッカー選手権大会
決勝
2012年1月1日
INAC神戸レオネッサ 3 vs 0 アルビレックス新潟レディース

44分 南山 千明
51分 眄ァ^実
70分 田中 明日菜

10:30 キックオフ
国立競技場

今季リーグ戦では無敗で優勝したINACが、5位で終えた新潟に対し1勝1分という結果だった。
新潟としてはリーグ戦の借りを返し初タイトルを掴みとるべく意気込んでいたことだろう。
しかし試合は下馬評通り、個人技の差が勝敗を分けた。

序盤から澤、川澄、大野ら代表選手を中心に攻勢をしかけるINACに防戦を強いられた新潟。前半を無失点で抑えたかった新潟だったが、44分、澤のアシストを南山に押し込まれついに失点を許す。
後半も正確なパスワークとスピーディーな攻守の切り替えで主導権を掴み続けたINACが、新潟の厚いディフェンスラインを崩し得点を重ね勝負を決めた。

試合後セレモニーを終え場内を1周したINACメンバーには、相手チームの新潟サポーターだけでなく、FC東京、京都サンガFCのサポーターたちから歓声と拍手が送られた。そして、INACサポーターの目の前では今シーズンでの引退を発表した米津美和の胴上げが行われた。

来季から単独開催が予定されてる全日本女子サッカー選手権大会決勝。
オリンピックの成績、勝ち残るチームによってどれだけの観衆が集まるかはわからないが、ぜひとも実行してほしい。
sm7779 at 21:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年09月23日

圧勝のその後に

4101408a.jpgプレナスなでしこリーグ2011 第10節
2011年09月23日 13:04
晴 
フクダ電子アリーナ(千葉県)
ジェフユナイテッド市原・千葉レディース0-3INAC神戸レオネッサ
38分 I神戸 川澄
60分 I神戸 川澄
71分 I神戸 田中
9,274人

ホームの千葉は前線から素早く寄せてボールを奪うと、短いパスを繋いで神戸ゴールに迫った。しかし、ここまで8試合でわずか2失点という神戸の堅い守備に阻まれゴールを決めることができない。38分、試合が動く。再三、千葉のゴールを脅かしていた神戸の川澄にゴールを奪われる。前半はそのまま神戸の1点リードで終了。
後半に入っても正確なパスワークとスピーディーな展開で主導権を握った神戸は後半60分、川澄のゴールで追加点を奪うと、71分には田中が3点目を決め千葉を大きく突き放す。
終盤も3点差からの巻き返しを狙い何度も神戸ゴールに迫った千葉だったが、総シュート数わずか4本と攻撃のリズムを完全に抑え込れ無得点のまま試合終了。
結果は0-3と神戸の完勝で終わった。

観戦は全席自由席、丸山のサイン会、そして対戦相手が澤らなでしこを多く要する神戸ということもあり開場1時間半前の午前10時には多くのファン、サポーターが列を作っていた。11時30分の開場後約20分でサイン会整理券の配布も終了(グッズを1000円以上購入)。そして試合にはJ1の観客数に匹敵する9000人ものファン、サポーターが訪れた。(中には丸山も知らない輩もいたが)
しかし、果たしてこの「なでしこバブル」がいつまで続くのか不安もよぎる。代表は夢の舞台で戦っているが、なでしこリーグではいまだにサッカーだけでは食べていない選手も多い。一部のチーム、選手のうるおいだけではリーグの繁栄はない。これから数年後。現在のヴェルディのように「昔強かったよね」ということのないように女子サッカー界全体の底上げを願う。
sm7779 at 21:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年08月20日

チャリティーマッチ

11b5882c.jpg東日本大震災チャリティーマッチ
なでしこジャパン3-2なでしこリーグ選抜
15’ 近賀 ゆかり
18’ 川澄 奈穂美
23’ 阪口 夢穂
49’ (選)菅澤 優衣香
90+1’ (選)渡辺 彩香

2011.08.19 国立競技場
22.6℃ 曇 のち 雨
19:20 KickOff
22,049人

チャリティーマッチといえど代表チームとしては選抜チームに負けるわけにはいかない試合だった。
それは世界一を成し遂げたプライドだけではない。

代表も所詮は寄せ集めのチーム。しかし、代表として練習を重ねてきた期間、W杯で身についた自信から完成度は高い。
それに比べ、この試合のために集められた選抜チームはお祭りのオールスターチームから、さらに代表選手を抜いたいわばオールスターBチームだった。さらに練習期間もわずか1日と代表チームに比べるまでもないものだった。

前半はなでしこジャパンが実力とプライドを見せけ3点先行のワンサイドゲーム。しかし後半開始早々、木龍を投入し安定した選抜チーム1点を奪われる。さらに大野、澤が交代でピッチを後にした影響もあり、チームバランスが崩れ終盤にPKで失点し1点差に迫られたが試合はそのまま終了。

柱となる選手の交代でバランスが崩れる怖さを露呈したなでしこジャヤパンだったが、そもそもこの試合には安藤、鮫島ら海外で活躍する主力選手は不在だった。
そのため、この試合の結果や課題がそのままオリンピック予選に響くとは言えないが、オリンピックでのメダル獲得へ向けた新たな戦力補強、戦術模索をする上では大きな試合だったと言える。

それにしても天候、その他の理由があるにせよ、世界一になった直後の試合の観客数が4万に満たないことが残念だ。
sm7779 at 23:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年05月08日

澤東京帰還

a549bddb.jpg日テレ・ベレーザ 0vs2 INAC神戸レオネッサ
42分 川澄 奈穂美
81分 川澄 奈穂美

2011年05月07日
13:00 キックオフ
曇りのち雨 1050人
駒沢オリンピック公園陸上競技場(東京都)


なでしこリーグ唯一の7日開催であり、初の澤対ベレーザという注目された一戦。
このゲーム、駒沢に集まった観衆を魅了したのはやはり澤だった。
攻撃の際には中盤の底から正確なボールを送り起点となる。守備の際にはディフェンスラインまで下がりボールを奪取。まさに攻守の要と呼べる活躍だった。
激しいボディコンタクトで倒れる場面もあったが、怪我をおうことなくチーム最多タイの3本のシュートをベレーザゴールに浴びせ90分プレーを続けた。

初の凱旋試合となったゲームを勝利で終えた澤。今後の活躍に期待したい。

逆にベレーザはパスやポジショニングなどのイージーミスが目立った上、せっかくのチャンスもシュートは明後日の方向に飛ぶ始末。浦和、神戸らライバルチームを超えるにはまだまだ時間がかかりそうだ。

・なでしこジャパン
GK
海堀 あゆみ カイホリ アユミ KAIHORI Ayumi
1986.09.04 170cm64kg INAC神戸レオネッサ 15/-4

DF
近賀 ゆかり キンガ ユカリ KINGA Yukari
1984.05.02 161cm53kg INAC神戸レオネッサ 59/4

那須  麻衣子 ナス マイコ NASU Maiko
1984.07.31 161cm54kg INAC神戸レオネッサ 2/0

岩清水 梓 イワシミズ アズサ IWASHIMIZU Azusa
1986.10.14 162cm54kg 日テレ・ベレーザ 61/8

*2有吉 佐織 アリヨシ サオリ ARIYOSHI Saori
1987.11.01 159cm52kg 日テレ・ベレーザ 0/0

MF
澤 穂希 サワ ホマレ SAWA Homare
1978.09.06 164cm55kg INAC神戸レオネッサ 164/75

川澄 奈穂美 カワスミ ナホミKAWASUMI Nahomi
1985.09.23 157cm50kg INAC神戸レオネッサ 13/2

中島 依美 ナカジマ エミ NAKAJIMA Emi
1990.09.27 158cm51kg INAC神戸レオネッサ ‐/‐(初選出)

FW
大野 忍 オオノ シノブ OHNO Shinobu
1984.01.23 154cm50kg INAC神戸レオネッサ 84/34

高瀬 愛実 タカセ メグミ TAKASE Megumi
1990.11.10 165cm59kg INAC神戸レオネッサ 15/4

岩渕 真奈 イワブチ マナ IWABUCHI Mana
1993.03.18 155cm52kg 日テレ・ベレーザ 3/2
sm7779 at 08:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年08月31日

凱旋後初マッチ

080831-02なでしこリーグオールスター2008
EAST2−2WEST
(1部8チームを東西4チームずつに分けて各チーム7名をサポーター投票で選抜、9名は該当チーム監督、コーチによる推薦により決定)
東京・西が丘サッカー場
5485人

得点者
前半 1分 北本(浦和)
後半18分 大野(日テレ)
後半25分 川澄(INAC)
後半30分 プレチニャ(INAC)

最優秀選手 沢(日テレ)

オリンピック4位の好成績を残し凱旋したなでしこジャパンメンバー初顔合わせということもあってスタジアムはあっという間に埋まった。(といっても9000人マックスの西が丘というのが切ない。)
開始早々、イーストが左クロスに合わせた北本のシュートで先制する。このままリーグ上位のベレーザ、浦和所属のなでしこ組多数のイースト優勢かと思われたが、再三巧みなパス回しから前線へ持ち込むもアタッキングサードからのプレーに精度を欠き得点にはつながらなかった。
ウエストは宮間、唯一の外国人選手プレチーニャを起点に攻撃をしかけるもゴールは遠く1点ビハインドで後半を迎える。
両チームメンバーを交代し迎えた後半も互いに攻め手にかく。後半18分ついに安藤からの右クロスを押し込んだ大野のゴールでイーストが追加点を奪い試合が動く。このままイースト優勢かと思われたが、後半25分、後半13分原に代え投入されたばかりの川澄のクロス気味のシュートがゴールに吸い込まれると次第にウエストが攻勢を見せ始める。5分後にはプレチニャのドリブルシュートでついに追いつく。
35分にはウエスト小野(伊賀)がドリブルシュートを放つなどウエストの逆転勝ちか、イーストの本領発揮のゴールがされたがロスタイム2分もついに互いのゴールにボールが収まることはなくドローで試合を終えた。
この試合で代表同様イーストの攻守に貢献した沢がMVPに選ばれた。

五輪開催から時間もなく開催されたこともあってか入場者はましたものの(前年比3倍?)例年同様の小会場な上、パンフレットすらないもの寂しい内容だった。
来年以降は国立開催、各チームものだけでなく大会ユニフォーム・パンフ等のグッズ販売の検討も行って欲しいと思う。また、日程的な問題もあるが男子との同日開催でも楽しめるかもしれない。「石田ミホコ」の「一番星」ライブはまぁ・・まぁだったかな。なんとか豪雨直前で試合が終了したのは運が良かった。
sm7779 at 22:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年07月30日

仮想と現実

080729-1キリンチャレンジカップ2008
なでしこジャパン 2 - 0 アルゼンチン女子代表
33' 大野 忍
36' 永里 優季
2008年7月29日(火)
16:00キックオフ 13,774人
国立 晴れ 31℃

序盤から優勢を見せていた日本だったが9分の永里のシュートはGKがキャッチ。26分の左クロスに合わせた近賀のヘディングもGKに阻まれる等決定機を逃し続ける。33分にようやく宮間の左からのグラウンダーのパスに大野がスライディングでボールを押し込み先制する。その後も安藤がまたぎからシュートを放つなど攻勢をみせ36分には安藤のシュートがゴールポストにはじかれるも大野が再びシュートを放つ。しかしそのボールを永里がゴールに叩き込み追加点を奪う。後半に入り日本はメンバー6人を入れ替えるも足の止まり始めたアルゼンチンから追加点を奪うことなく試合を終える。北京では格上ばかりを相手にするだけに、格下との2戦勝利が単なるかませ犬にならないことを祈る。今日の沢、荒川の精彩の無さをみると不安を拭い去ることはできそうにない。
sm7779 at 00:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年09月02日

ブラジル沈黙

f3f63828.jpgキリンチャレンジカップ2007
-FIFA女子ワールドカップ中国2007に向けての壮行試合-

なでしこジャパン 2-1 ブラジル女子代表
9月2日(日)16:00
フクアリ
4,138人

得点者:
35' クリスチアーネ・ロセイラ・デ・ソウザ・シルバ(ブラジル女子代表)
59' 岩清水 梓(なでしこジャパン)
65' オウンゴール(なでしこジャパン)

開始早々素早いパスで前線に運び攻勢を見せる日本だったがシュートが枠をとらえず決定機を逃した。前半15分を過ぎたあたりからブラジルが持ち味のスピードと身体能力の強さを見せ始め日本からボールを奪い速攻をしかけていく。29分には日本のカウンターを阻止し逆に日本に攻め込む等少しづつ流れを掴んでいった。35分日本の不用意なバックパスを奪いそのままドリブルで持ち込みDF岩清水を交わしたFW 10 マルタ・リベイラ・ダ・シルバがゴールを決めブラジルが先制する。直後日本はMF 5 宮本 ともみに代えDF 22 宇津木を投入する。しかしブラジルの攻勢は続き日本は前半をなんとか1点ビハインドで逃げ切り、ハーフタイム中にFW 9 荒川に代えFW 18 永里を投入する。しかし後半に入ってもブラジルが攻勢をみせた。5分にはクロスボールを放つが味方にあわず、10分にはFW 10 マルタ・リベイラ・ダ・シルバがドリブルシュートを放つがGK 1 福元に弾かれる。日本は後半9分にDF 6 安藤に代えDF 14 近賀を投入し得点を狙う。チャンスが訪れたのは後半14分MF 8 宮間が倒されてえたFKを放つとDF岩清水が押し込み同点弾とする。その1分後日本はMF 4 酒井に代えMF 7 柳田、FW 11 大野に代えFW 17 大谷を投入する。ブラジルは再三ゴール前まで持ち込むもシュートの精度が低く得点ならず。逆に後半20分、出場わずか5分のMF 7 柳田のFKを自陣ゴールに押し込んでしまい失点を追加。してしまう。その後も04年アテネ五輪準優勝を刻んだブラジルのシュートは日本ゴールを脅かし続けるがロスタイム4分もついにゴールネットを揺らすことはなかった。
W杯2戦目のアルゼンチンに向けた仮想試合、パスミスやトラップミス等初歩的なミスが目立った試合だったがこの時期に強敵を相手に勝利を掴んだ事はチームにとって大きな自信となる。この勢いを保ちW杯、北京五輪での結果に結び付けて欲しい。

女子サッカー中国W杯(10〜30日)
6日 中国入り
W杯1次リーグA組
11日イングランド
14日アルゼンチン
17日ドイツ
sm7779 at 23:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年06月03日

3度目のオリンピックへ

8caf218f.jpgアジア女子サッカー2008最終予選(北京オリンピック2008最終予選)
第3戦
2007年6月3日(日)
19:03キックオフ
東京・国立競技場
8,779人
なでしこジャパン 6-1 韓国女子代表
得点者:
9' 宮本ともみ
20'大野忍
24'荒川恵理子
34'オウンゴール
66'伊藤香菜子
68'澤穂希
74'チョン・ヘイン

試合の約1/4となる前半24分までに3点を奪い優勢を見せたなでしこ。34分に宮間からパスを受けた澤がペナルティエリアへ落としたボールに荒川がプレスをしかけ相手の動きを誘いオウンゴールを生み4点目を奪う。後半55分大野、酒井に代え大谷、伊藤を投入し追加点を狙う。その投入から10分で伊藤が芸術的なシュートを決め5点目を刻む。動きの鈍い韓国は個々の技術の差を埋めきれず日本の柳田、近賀を起点としたサイドアタックに押しこれ劣勢から脱却できぬまま試合を進める。68分には澤がゴール前に持ち込みシュートを決め駄目押しのゴール。残り約20分となり緊張感に緩みが見え始めた時間帯に韓国にFKのチャンスから飛出したチョン・ヘインに出場僅か2分でのゴールを決められてしまう。その後荒川が得点のチャンスを逃し続け追加点は奪えなかったず、何度か押し込まれるも安定した守備を見せるがロスタイム3分も冷静に対応し貴重な勝利でホーム第2戦を終えた。
同組のベトナム対タイ戦でベトナムが1―0で勝ったためベトナム、タイ、韓国が勝ち点3で並び、日本が10日の韓国戦(アウエー)に勝ち、タイ対ベトナムが引き分けた時点で五輪出場を掴む。

完封で終えたかった試合、集中力の切れた瞬間の失点は北京に向けた大きな課題となるだろう。まずはメダル獲得に向けワールドカップに挑んで欲しい。
sm7779 at 23:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年04月07日

逃したゴール

4e96807f.jpg北京オリンピック
アジア女子サッカー2008最終予選
2007年4月7日(土)16:04キックオフ
国立
なでしこジャパン 2-0 ベトナム女子代表
得点者:
'36 澤穂希
'73 酒井與恵
4,157人

3分にMF11大野忍がディフェンスラインから飛出しファーストシュートを放つ。その後終始中盤からサイドへボールを送りクロスボールからゴールを狙うなでしこ。しかし中盤でのパスミス、再三にわたる精度の低いクロス、守備陣で交換を繰り返すパスでシュートチャンスを逃し続ける。前半36分ゴール前で澤から始まったパス回し、MF11大野、MF4酒井そしてFW9荒川とつなぎ再び澤がボールを受け放ったシュートで先制。直後、DF6安藤に代えDF14近賀を投入する。
後半に入ってゴールは遠く、大野、荒川らが果敢にシュートに持ち込むも枠をとらえきれない。後半26分ゴール前で浮いたボールに反応した酒井が強烈なシュートを放ち2点目を奪う。しかしその後もベトナムの守備をかわしつつもシュートはゴールを超え続けてしまう。ロスタイム3点目のホイッスルに観衆が歓喜するも、鳴ったのは得点ではなく終了のホイッスルだった。

ベトナム・タイ・韓国と4チームがホーム&アウェー総当りで5ヶ月闘う初戦を白星で終えたなでしこ。しかし韓国以外は格下と呼べるチームであり、終盤には得失点に大きく左右される可能性があるため大量得点が必須な試合だった。完全に支配していた中でわずか2得点での勝利が北京への道を茨に変えない事を願う。
sm7779 at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年01月02日

緑の女王

f04e8a54.jpg第26回全日本女子サッカー選手権大会決勝
日テレ・ベレーザ(前回準優勝)
【代表選手】
1GK小野寺
3DF四方
4DF須藤
5MF酒井
8MF小林
9FW大野
10MF澤
11FW荒川
12DF豊田

3-1

さいたまレイナスFC(前回ベスト4)
【代表選手】
1GK山郷
8MF高橋
10FW安藤
24FW北本

1月1日 10時05分キックオフ
東京・国立競技場
14499人

<<観戦記>>
なでしこジャパンが9人の日テレ、さいたまは4人。今季リーグ戦では対戦成績は2戦2分けだが、沢は右ひざ半月板損傷で出場しておらずさいたまとは初の対戦。今シーズンの年間勝ち点差1に泣いたベレーザだった。
2分日ベレーザ:代表(11)FW荒川がドリブルで飛出しゴールエリアでキーパーとの1対1を落ち着いたプレーで制した。(1-0)
16分ベレーザ:20才の代表(9)FW大野がゴールエリア手前からのミドルシュートを叩き込む(2-0)

レイナスの前線は厚いベレーザの代表3人を含む守備に阻まれシュートまでもちこめない。
ベレーザの前線は2列目からのプレスが早く、多彩なプレーでゴールを狙う。

23分レイナス:代表の(1)GK山郷が同じく代表の(9)FW大野のドリブル突破を阻止しようとゴールエリア手前へスライデイディングを仕掛けると味方の(3)DF笠嶋と交錯してしまい、ルーズになったボールが不運にも(9)FW大野の足下へ。これを素早く正確に決め3点差に。(3-0)

流れは完全にベレーザが掴む。レイナスは7人で守備を行う。

30分を過ぎレイナスが流れを掴みかけるが得点にいたらず、ロスタイム1分も差を埋める事は出来なかった。

ベレーザは左サイドを起点にする攻撃を多用する。レイナスは右の選手がフリーでもボールを回さず左を使った。

後半6分レイナス:(5)DF西口の左からのクロスを(1)GK小野寺がパンチングしたボールを(6)MF木原が足を振り切ってシュート。1点返上する。(3-1)
18分ベレーザ:(7)MF伊藤にかえ代表(8)MF小林を投入。
21分レイナスも動く。代表の(24)FW北本にかえ代表(19)FW若林を投入。
レイナス、(19)FW若林の投入により左サイドからの攻撃を強めるも得点に繋げられず。
37分レイナス:(23)DF永留にかえ代表(15)MF法師人を投入。
残り8分に追加点を狙う。
しかしロスタイム2分もレイナスは前半の失点が響き巻き返す事が出来ぬままリーグ優勝パレードを共にした浦和レッズ同様ビッグタイトルを手にする事はできなかった。
ベレーザはヴェルディU15に続きここ国立で2冠目のタイトルとなった。

<<感想記>>
代表の観戦は何度かあるけれどLリーグの観戦は初だった。
しっかしチケット問題はなんとかなったようだ。取りあえずレイナスを応援していた浦和サポのうるさい事この上無し。ヴェルディファンではないが、ここ東京の真中の国立では絶対にさいたまのチームには錦を飾られたく無かっただけにとても感無量だった。
sm7779 at 23:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
ウェザーニュース
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
ギャラリー
  • P.IDL
  • P.IDL
  • P.IDL
  • P.IDL
  • P.IDL
  • P.IDL
QRコード
QRコード
記事検索
Archives