2014年01月19日

実力と風

e0d919ba.jpg第22回全日本大学女子サッカー選手権大会 決勝戦
2014年01月19日 13:09
筑波大学(関東6/茨城) 1 - 2 吉備国際大学(中国1/岡山)
試合形式90分 延長20分
34分 鎌田 蘭 吉備
77分 伊藤 栞 筑波
100+1分 高野 紗希 吉備
味の素フィールド西が丘
晴 7.5℃ 3,007人

時折吹く強い北風がピッチ上の選手とスタンドの観客から体温を奪った。
雲も少なく陽は十分にさしていたが、風の影響で体感は軽く5度を下回っていた。

ここまで2度のPK戦を含めた4試合を勝ち抜いた筑波と、3試合を無失点で勝ち進んだ吉備との決勝戦。前半に吉備が1点をリード。後半に筑波が追いつき1-1のまま90分を終え試合は延長戦へ突入。延長前半に1点を決めた吉備が後半も逃げきり初優勝を掴んだ。

この試合、10(筑波)対16(吉備)という総シュート数差以上に、強い北風が男子よりパワーの劣る女子の試合には影響をあたえていた。南側ゴールではゴールキックの際に度々風にあおられ飛距離が伸びず、逆にコーナーキックやクロスボールは中央に向かってカーブがかかりキーパーを苦しめた。
前後半、両チーム風上のタイミングで得点を決めドロー。そして延長前半、風上となった吉備が先に勝ち越し点を奪い、風下での延長後半を逃げ切り勝利を掴んだ。
両チームが生んだ得点全てが南側でのゴール。実力と共に、前半のキックオフ直前にピッチが入れ替わった事が大きかった。

ところでこの決勝戦。無料開催ではあったが、メインスタンドは関係者のみの解放であったため、選手入場から校歌斉唱そして閉幕式などの通常イベントがメインスタンド側で行われ一般観客、応援団には寒さむしく感じられた。またゲストの川澄奈穂美も観客からは肉眼で表情をうかがうことは不可能でゲストの意味があったのかどうか疑問の企画だった。写真展、ミニオープンキャンパスといったイベントも場所もいまいち感が強く残念なものだった。次回以降はさらなる検討を行ってほしい。
sm7779 at 20:26│Comments(0)TrackBack(0) 観戦記 | ┣大学

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ウェザーニュース
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
ギャラリー
  • ニッパツ いん
  • ニッパツ いん
  • とんこつラーメン道楽
  • 二子玉 レゴ
  • 二子玉 レゴ
  • 二子玉 レゴ
QRコード
QRコード
記事検索
Archives