2008年10月23日

崩壊の証明

081022AFCチャンピオンズリーグ
準決勝 第2戦
2008年10月22日(水)
浦和レッズ 1 - 3 ガンバ大阪
19:30キックオフ埼玉
53,287人

得点
36' 高原 直泰
51' 山口 智
73' 明神 智和
76' 遠藤 保仁

ここ5戦連続勝ち星がなく、都築、相馬、細貝ら主要メンバーを欠いた浦和と、リーグ戦で調子を上げているガンバとのACL史上初の日本勢同士の準決勝。2年連続の決勝進出を浦和はホームでの第2戦、0-0の引き分けでも決勝進出できるアドバンテージがあった。しかし結果は不安定ながら、なんとか奪った1点を守りきれなかった浦和が精度の高いパス回しの大阪に崩され崩壊し優勝の道を閉ざした。

敗北は明らかだった。両サイドの堤、平川の突破と、クロスの精度は観衆の溜息を呼び込むばかりで決定機を作れず。ポンテ、エジミウソン、高原を中心に仕掛けるもシュートは空を切り続けた。対するガンバは、遠藤を司令塔にルーカス、ロニーのブラジル人コンビが起点となり、スペースを狙う二川にボールを集め浦和ゴールを狙い続けた。
高原のシュートで先制し1点先行で前半を終えた浦和だったが、後半わずか6分、遠藤の右CKに合わせた山口のゴールで追いつかれる。浦和はなんとかボールをつなぎペナルティエリア付近に持ち込むも、パスの受け手となる見方の選手の顔出しが少なく、タイミングを逃しボールを奪われ決定機を逃し続ける。逆にハーフタイム中にロニーに代え佐々木、後半26分に安田に代え山崎を投入する等展開を読んだガンバ西野監督の采配が見事に当たる。後半27分遠藤のFKを明神が押し込み勝越し点を奪う。そのわずか3分後、速攻で仕掛け、数的優位を作ったガンバが遠藤のゴールでダメ押しの3点目を奪う。浦和は堤、平川に代え田中、永井を投入しパワープレーに出るも、逆に、前線と守備陣の間に間延びしたスペースを生じさせてしまいガンバのパスワークに翻弄されてしまう。
ロスタイム3分も、すでに崩壊したチームを建て直すにはあまりに少ない時間だった。
ポンテのシュートも、闘莉王のクロスに合わせたヘディングシュートもついにネットを揺らすことはなかった。

ACL連覇を逃した浦和は、残り5節で1位鹿島との勝点差6とトヨタ杯連続出場への最後の手段ともなるリーグ優勝も難しくなっている。来年のACL出場権獲得のためにも、残る天皇杯の優勝なんとしても手にしたいタイトルだろう。果たして欠如している采配力と適用適所の人材不足を補い栄光を取り戻すことが出来るだろうか。
ACL初王手に後一歩となったガンバ。リーグ優勝は浦和同様厳しくなっているだけに、なんとしても手にしたいタイトル。2月に行われたパンパシフィック選手権2008に続く2つめのタイトルを奪えるか期待したい。
sm7779 at 00:03│Comments(0)TrackBack(0) 観戦記 | ┣ACL

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ウェザーニュース
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
ギャラリー
  • 川崎国際多摩川マラソン
  • 渋谷 9と3/4番線
  • 野郎ラーメン初体験
  • ピカチュウゲットだぜ
  • 世田谷246ハーフ
  • 純金カブレラ〜ふろん太を添えて〜
QRコード
QRコード
記事検索
Archives