2006年05月21日

福島沸騰

練習場に訪れて声援を送る事は個人の勝手だが
モラルを超えた範囲外の行動は慎むべき。
これでは代表メンバーの息が詰まってストレスがたまるだけ。
まあ〜ほとんどの人がボンまで行けない事だろうから
ドイツではゆっくりできるだろうが。



 晴天だった午前の練習には1万人、午後の練習は突然の大雨にもかかわらず約1万3000人までファンの数は膨れ上がった。ジーコジャパンの見学者数では、今年1月29日の宮崎合宿初日に記録した8000人を上回り史上最多。Jヴィレッジがまたがる広野、楢葉町の住民約8000人を超えるファンが一気に押し寄せた。周辺の道路は混雑し、最寄り駅では電車に乗り切れないファンでパニック状態。
 17日の宿舎入りで500人、18日は3000人、19日が2800人。地元テレビ局などが日本代表の動向を細かく伝えた影響もあり、フェンス1枚を隔てた練習風景の見学は過熱。この日、Jヴィレッジではスタッフと自主警備を60人配置し、近隣警察からも120人の警官が応援に駆けつけた。高円宮妃久子さまが激励に訪れたこともあり、福島県警からは機動隊員70人が派遣。だが熱中症で倒れる人、転倒で肩を脱臼した人、鼻にラムネを詰まらせた子供まで出て、救急車3台が出動する騒ぎにまで発展。なでしこリーグが開催される21日の日曜日も、さらなる混乱が予想される。
sm7779 at 09:33│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ウェザーニュース
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
ギャラリー
  • ザ・プレミアム・モルツ 至福の夏ギフト
  • ザ・プレミアム・モルツ 至福の夏ギフト
  • ニッパツいん
  • 保土ヶ谷ちゃく
  • 浜松町 小便小僧
  • 皇居
QRコード
QRコード
記事検索
Archives