2010年01月

2010年01月31日

和幸

9e09a63c.jpgロースかつ鍋御飯。

sm7779 at 13:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)フード 

不甲斐ない結果

30f972ab.jpg30分すら超えられず。

第8回新宿シティハーフマラソン
http://www.regasu-shinjuku.or.jp/cityhalf10/top.html

今年初のレースとなった新宿シティ。以外にもハーフとしては初参加だっただけに楽しみにしていたコース。さらにスタート前には競技役員をしていた高校の恩師にも挨拶することができ、意気込んで臨んだレースとなった。

しかし、調整の失敗か1周目に現れた複数の坂に苦しみ右足の脹脛が早くも痙攣を起こす。10キロを41分で抜けたもののその後は失速。

2周目に入ると左膝に違和感を感じ始める。競技場に入ったラスト400メートルで5人程抜いてゴールしたもののベストタイムとは程遠い結果に終わる。

今年の初ランは苦い記憶となった。


sm7779 at 11:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)マイスポーツ | ┗マラソン関連

国立着

b297fdcb.jpg寒い。

sm7779 at 08:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)マイスポーツ | ┗マラソン関連

2010年01月30日

サッカー場へ

「オトン、サッカー場へ行こう!」
とても心に響く文章でサッカーを描いた作品。サッカーに興味のない人をスタジアムにさそうのだけでも困難な事なのに、実の父親をサッカー場に誘い、かつ熱烈サポーターに変えてしまおうというムチャぶり企画を遂行する。

しかし単なる企画モノではなく、著者らしいユーモアあり、涙ありのドキュメンタリータッチで進む展開はさすが。
「JFLニューウェーブ北九州(10シーズンよりJ2に参入しギラヴァンツ北九州に改名)」の観戦を舞台に日本サッカーの楽しさが伝わってくる。

sm7779 at 20:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)□読書 | ┣サッカー

サヨナライツカ

原作を読んだのははや9年も前のこと。
当時は文章の一つ一つに胸を打たれたように感じた。

待望の映画化に足を運んでみたものの
西島とミポリンの昭和的な絡みシーンや、25年後の出演者たちの不自然なメイク。

こんなストーリーだったかなーと思いながら特に感情移入もしないまま終わってしまった。残念。

sm7779 at 20:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)☆映画鑑賞記 | ┗邦画・アジア

五右衛門

9ad4dd41.jpg海老とアボカドとフレッシュハーブのジェノバ風、大盛。

sm7779 at 17:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

前日受付

2355b2b1.jpg2週間ぶりに国立。

sm7779 at 13:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年01月29日

いつのまに

1から2へと話題性は知りつぼみ。3に関しては劇場公開もされていないそうな。

日本のオフィシャルサイトも2止まり。
http://www.goalthemovie.jp/

日本から3の出演者募集したりしてたけど、ぽしゃったのかな。

「ゴール3」2月3日リリース

sm7779 at 07:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)☆映画鑑賞記 | ┗洋画

2010年01月24日

東京ランナーズコレクション

9ee1d27c.jpg予定より15分押し。

http://www.tokyo42195runcolle.org/index.html
http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20100127/enn1001271601004-n2.htm


sm7779 at 17:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

新宿 コクーンタワー

640dd9a4.jpg裏側から。

sm7779 at 15:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年01月23日

冬晴れ

c9af6f33.jpg朝から移動しまくった。

sm7779 at 12:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年01月22日

次は50か?

こうなると俊輔あたりが国内復帰した時に付けて欲しいが。

稲本  20
小野  30
小笠原 40
××× 50
sm7779 at 21:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年01月21日

東宝

b93446fa.jpg年賀状キャンペーン。

使うとスタンプを押される。
http://www.tohotheater.jp/campaign/campaign00000086.html

sm7779 at 15:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

バンデイジ

たぶんすぐに忘れるだろうというくらい、特に印象の残らないつまらない映画だった。

岩井俊二プロデュースに期待しただけに残念。

良かったのは伊藤歩だけ。




sm7779 at 14:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)☆映画鑑賞記 | ┗邦画・アジア

We’re back

220、ヒデの平塚帰還決定か。

sm7779 at 11:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年01月20日

主題歌

栗山千明か。

それにしても最近よく観るな。

sm7779 at 20:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年01月19日

資料

174bece6.jpgもう始まってる。いろんな意味で。

観たい試合はたくさんあるけど、去年同様観れない試合ばかりだろうな。

sm7779 at 18:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

ヒッキー

今日で27歳か。

sm7779 at 08:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年01月17日

池袋 タイ料理ティーヌーン

5bb70c21.jpg辛口極太焼きビーフン、ローストチキン。

本日2食目。

sm7779 at 17:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)フード 

今度は愛妻家

行定監督の新作。ほのぼのした景色の中で展開されるユーモアと悲劇。

舞台チックな演出も、キャストの演技もなかなかよかった。

特に主演の薬師角丸子の可愛らしさが光った作品だった。




sm7779 at 17:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)☆映画鑑賞記 | ┗邦画・アジア

一年間

010f973a.jpgお世話になりました。

今日は朝から全身が筋肉痛ちっく。

思った以上に疲れた。

これから愛妻家を観に近所のシアターへ。

sm7779 at 13:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

ブルータス

特集どおり、世界中のマラソンを特集。昨今の国内マラソンブーム便乗の似通った内容とは違い、世界基準の楽しさを教えてくれる。
さらに、ランニングシューズの歴史や寛平の記事など読みどころ満載。

sm7779 at 13:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)□読書 | ┣マラソン・陸上

J2ベンチ入り7人

これは非常に大きい。
試合途中の戦術変更、長期戦の選手のモチベーションにはとても効果がある。
これが昨シーズンから導入されていれば・・・。
sm7779 at 12:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年01月15日

アイリッシュバー

7e002173.jpg約1ヶ月ぶり。

sm7779 at 18:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)フード 

1127号室

76ea1f58.jpgなかなかの部屋。

昨年の遠征で外泊には慣れたな。

sm7779 at 15:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年01月11日

明日へ

53534003.jpg第88回全国高校サッカー選手権
決勝
山梨学院大附(山梨)1−0青森山田(青森)
1月11日 14:05
国立競技場
曇り 5℃

山梨が1点を守って逃げきった。そういえば簡単な結果ではある。しかし、内容はほぼ互角のすばらしい試合展開となった。

下馬評では13年連続15度目の出場を果たした青森が優勢だった。しかし、蓋を開けてみると序盤から積極的に仕掛け相手を圧倒したのは山梨の方だった。

素早く正確なパスワークで青森を翻弄。前半11分にキャプテン碓井のシュートで先制する。だが、前半27分山梨は右サイドバックの井上が負傷により交代を余儀なくされる。ここで逆風が吹くかに思われたが、全く影響はなく山梨の攻勢は続いた。青森は起点となるボランチ椎名が完全に封じられ攻撃を組み立てられないまま後半を迎える。

後半は積極性を取り戻した青山が椎名、柴崎を起点に果敢に山梨ゴールを襲ったがフィニッシュの精度を欠き決定機を逃し続ける。

後半ロスタイム4分も互いにゴールを奪えず。主審の拭いた終了のホイッスルと共に前半先制点を奪った山梨が選手権初出場初優勝(第65回大会 東海大一[現東海大翔洋:静岡]以来)を決めた。

ベスト4になった時点で名門が消えたといわれていた今大会。
しかし、どのチームも完成度は決して低くはなかった。
指導者の移動、進学希望の変化から、むしろ名門校と山梨のような“無名校”の差がなくなってきたと言える。もちろん昔ながらの名門校やインターハイ優勝校が4強にも残れないことは寂しいことだが、むしろそれらを倒して進出してきた無名校の方が注目に値するのかもしれない。









sm7779 at 21:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)観戦記 | ┗ユース・高校

近所の中華屋

2a238ac4.jpgジャージャー麺。

sm7779 at 18:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)フード 

閉幕

cf27af45.jpgなかなかいいゲームだった。

sm7779 at 16:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

開場後も続々

1132237d.jpg今日はタオルマフラー貰えた。

sm7779 at 12:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

ようやく

2e3424f5.jpg入場。

sm7779 at 12:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

国立着

ef176e10.jpgこんな天気にもかかわらず、すでに若者が集まっている。

sm7779 at 10:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年01月10日

カズ…

b55ae09c.jpg2点とってMIPになったカズ。スーツ、早えよ。

ちなみにMVPは引退を表明したばかりのヒデ鈴木。


sm7779 at 21:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

あれ?TBS

9eaac06f.jpg最後のボレー、どうみても名波でしょ。山西は左クロス。

何はともあれ、あれはまさに有終な美だった。

sm7779 at 21:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

名波引退試合

83b163c5.jpgもちろん、行きませんでした。

もろもろ予定があったし、自由席でエコパはきついと判断。

BSTBS(CM多すぎ)を録画した試合を今頃観ている。

国立か日産、埼スタだったら行ってたのにな〜。

やべっち、土田、ワッキー、さらに桜井もいたのか。桜井効果で昨シーズンのジュビロレプリカのレア度が増すかな。

ヒデもいたし本当に観たかった。




sm7779 at 21:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

和幸

00610b70.jpgカツ鍋。

sm7779 at 20:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)フード 

2010年01月09日

新宿 タイ料理

c242af44.jpg焼きビーフンランチセット。

第一戦、勝つのは山梨かな。

sm7779 at 13:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)フード 

ドラクエ4

183e4e80.jpgようやくデスピサロ撃破。


sm7779 at 10:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ゲーム 

2010年01月04日

ひさびさすき家

49566e2f.jpgぽん酢牛丼並。

sm7779 at 13:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)フード 

2010年01月03日

2010 田臥始動

27796f26.jpg第85回天皇杯・第76回皇后杯
全日本総合選手権大会
開催場所: 東京体育館 Cコート
試合区分: No.121 男子 第3回戦
開催期日: 2010(H22)年01月03日(日)
開始時間: 15:20
終了時間: 16:50

リンク栃木ブレックス( JBL3位 )104-72石川ブルースパークス( JBL2 3位 )
16 -1st- 16
33 -2nd- 12
33 -3rd- 20
22 -4th- 24

第1クウォーターこそ格下相手に並ばれたものの、その後は1部3位らしい戦いぶりで勝利した栃木。
中でもわずか8分ほどの出場ながら、多くの観衆の目を引くプレーを見せた田臥の存在感は大きかった。スピーディーに動き回り攻守に貢献した働きはレベルの違いを感じさせた。

1年ぶりに見た田臥からは改めて力強さを感じさせられた。
4回戦以降はさらなる活躍に期待したい。

・全日本総合選手権大会
準々決勝
1/4(月) 17:00
vs 日立サンロッカーズ
sm7779 at 19:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)田臥(リンク栃木) 

リンク栃木

625922b4.jpg格下相手だけに田臥あんま出ないな。

sm7779 at 16:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

東京体育館

df188e8d.jpg自由席しかないからめちゃこみ。

sm7779 at 14:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

初でうも

26d4cb9e.jpg3日なのに混み混み。おみくじは大吉。

sm7779 at 11:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年01月02日

待望の美しいサッカー

c45cb3b0.jpg第88回全国高校サッカー選手権大会
2回戦
西が丘サッカー場 第二試合
国見 1-4 藤枝明誠
14:10キックオフ
晴れ 10.2℃
4,839人

6大会ぶり7度目の優勝を目指す国見と、名だたる静岡勢を抑え県代表として初出場を果たした藤枝明誠との一戦は予想外の一方的な展開となった。

白と黒のセカンドユニフォームを着た国見イレブンはまるでプロを相手にしているかのようにほとんどボールに触れることのないまま、前半12分までに藤枝明誠の鮮やかなサッカーに3点を奪われていった。
会場に集まったサッカーファンからはその衝撃的な光景よりも、4大会前に優勝した野洲高校のセクシーフットボールを彷彿とさせるような藤枝イレブンのテクニックに溜息をこぼした。

前半に3点のビハインドとなった国見は後半4分、左サイドの長野に代えU15日本代表経験のある竹内を投入。さらに後半11分にはFW松田に代え2年生のFW井上を投入し攻勢を仕掛ける。
後半15分、藤枝ペナルティエリア内の混戦を制し須郷がシュートを決め、ついに国見が1点を返上した。しかし、このまま流れを掴むかと思われたが、前掛かりになった国見はディフェンスの裏を突かれ、藤枝飯塚に追加点を奪われてしまう。

国見イレブンはロスタイムまで積極的に藤枝ゴールに向かったが、前半の点差が響き2回戦で力尽きた。

名門国見がわずか2回戦で消えたことは残念だが、華麗なサッカーで圧倒的な強さを見せた藤枝には目を見張るものがあった。3回戦では8大会ぶりの決勝進出を狙う岐阜工との厳しい試合が予想されるが、1試合でも多く彼らの戦いが続くことを願う。

・3回戦
3日 14:10
駒沢陸上競技場
藤枝明誠-岐阜工









sm7779 at 22:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)観戦記 | ┗ユース・高校

5試合連続無失点

91dba0d3.jpg第88回全国高校サッカー選手権大会
2回戦
西が丘サッカー場 第一試合
岐阜工 2-0 東福岡
12:05キックオフ
晴れ 10℃
3,238人

堅守の岐阜工と攻撃的な東福岡という想定は、前半3分の岐阜栗田のゴールで覆される。前半から東福岡は巧みなパスワークで前線に運ぶものの、岐阜の守備に阻まれ決定機を逃し続ける。
前半で1点を先行した岐阜は後半16分、左コーナーキックのチャンスを藤掛がしっかりと押し込み東福岡を突き放す。
その後も岐阜の厚いディフェンスラインは福岡の突破を押さえ込み、予選から続く完封勝利をまた一つ増やし3回戦へ駒を進めた。

・3回戦
3日 14:10
駒沢陸上競技場
藤枝明誠-岐阜工









sm7779 at 21:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)観戦記 | ┗ユース・高校

さらば西が丘

cb82953c.jpgおもろい試合だった。

sm7779 at 15:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

東福岡に続いて

cae39d0b.jpg国見も撃沈か?

sm7779 at 14:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

西が丘着

4461c22f.jpg今日は好カードが続く。

sm7779 at 11:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
ウェザーニュース
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
ギャラリー
  • ウカスカジー ポジティ部 vs グッジョ部
  • 豊洲ピット前
  • ウカスカジー 豊洲
  • 小机いん
  • 小机いん
  • ニッパツいん
QRコード
QRコード
記事検索
Archives