2006年02月

2006年02月28日

サバイバルマッチ

日本2 - 2 ボスニア・ヘルツェゴビナ
2月28日(火)13:20 (日本時間 21:20)
会場:ドイツ/ドルトムント
雪 1℃

仮想クロアチアとして選んだのはセルビア・モンテネグロ、スペインに次ぐ欧州予選7組3位で出場を逃したボスニア。
霙舞うピッチで行なわれる本戦前ベストメンバーラストマッチ。
日本は昨年6月のコンフェデブラジル戦の戦術を起用。
連戦の小野、遠藤はベンチスタート。

開始早々日本はDFラインでボールを回しスローペースから相手の出方をうかがう。
10分高原がペナルティエリア左手前日本ファーストシュート、11分たてつづけに小笠原も同位置からシュ−トを放つもキーパーが正面でキャッチ。
14分カウンターの場面中村からフリーの久保へパスを送るもDFの早いプレスにチャンスを生かせず。
日本は細かいパスでDFを崩しにかかるもセルビアの素早いチェックから前線でボールを保てない。
身長の高いセルビア選手に高めのパスは奪われ、やわらかいボールタッチからDFラインを抜かれシュートを放たれる。
41分走り出した福西へ中村が絶好のパス、福西が胸トラップからループシュートを放つもキーパーが防ぐ。
45分日本1本目となる中村の右コーナーキックに、フリーの高原がヘディングで合わせ先制ゴール。そのまま前半を終える。

前半は失点を恐れるかのように守備に関しては積極的に下がるも、攻撃の際は上がりが遅く味方へのサポートが手薄となり度々チャンスを失った。

後半に入り両サイド左の3 ムシッチ、右の14 ベシュリヤを活かしたセルビアが勢いを見せる。
6分4 スパヒッチの久保へのファウルからペナルティエリアわずか左の位置でFKを得る。小笠原のFKに宮本がヒールで合わせるもGK正面。
11分スピードある突破を見せた9 バルバレスを中澤が倒しPKを献上。10 ミシモビッチに決められ同点。
14分中村のFKに合わせた高原の絶妙なヘディングはキーパーがパンチング。
17分久保は強烈なミドルシュートからコーナーキックにつなげチャンスを作る。
22分相手FKのボールをファンブル、ルーズボールを押し込まれ1点ビハインド。
24分小野、稲本を投入。黄金の中盤を結成。
攻勢を見せるセルビアに日本のDFラインが乱れる。
41分ボスニアは6人の交代枠を使い切る。日本はここまで4人。

後半はDFラインの不安定さを露呈し、思うようなシュートも放てず。
ロスタイム中村の右センタリングに飛び込んだ中田がヘディングで合わせなんとか同点に持ち込む。

W杯出場のモチベーションをもたないセルビアに対してこれでは完敗。
45分毎に戦い方を変え流れを掴んだ相手に対し、何の手も打たなかった指揮官の意図を知りたい。

監督:
ジーコ[5.0]
劣勢にまわった後半も戦術をいじらず。交代もこれまで通りのメンバーのみ。

GK:
23 川口能活[5.0]
前半は相手シュートが少なく見せ場なく、後半にはスピードに対応できないDFラインを統一できずわずか10分間に2失点。

DF:
21 加地亮[6.0]
6分高原への右クロス、スピードがなくカットされる。スピードを活かしたプレスで守備をこなす。

5 宮本恒靖[6.0]
落ち着いたプレーでシュートコースを塞いだ。28分にはスライディングでシュートをクリア。スライディングから相手選手を倒しイエロー。

22 中澤佑二[5.5]
体格を活かしたプレーで安定した守備を見せる。ペナルティエリア内のファウルからPKを献上。

14 三都主アレサンドロ[5.5]
何度かキレのあるドリブル突破からの左クロスを演出。21分相手のドリブルコースを塞ぎイエローを受ける。

MF:
7 中田英寿[7.0]
8分サントスへのパスがカッとされるも自ら身体を入れボールを取返す。スピードのあるロングパスでチャンスメイク。後半3分左サイド突破を見せた3 ムシッチに追いつきパスコースを消した。ロスタイムまで得点を狙い続けた意識がチームを負けさせなかった。

8 小笠原満男[6.0]
前半4分、久保への右クロス合わず。

→後半24分18 小野伸二[5.5]
後半38分飛出したナカムラへのパス合わず。

10 中村俊輔[6.5]
正確なパスで味方にボールを供給。41分福西への絶好のパス。右コーナーから先制ゴール演出。

15 福西崇史[6.0]
持ち前の当たり負けしないフィジカルを活かし。

→後半24分29 稲本潤一[5.5]
DFラインまで戻り守備に貢献。

FW:
9 久保竜彦[5.5]
前半DFの鋭いラインコントロールからオフサイドを連発。

→後半25分13 柳沢敦[5.5]
前線のスペースを狙った動きは秀逸。相手DFの裏をかいた。

32 高原直泰[6.5]
10分のファーストシュートはGK正面。効率のいい動きで積極的にボールに絡む。CKに合わせたタイミングのいいヘディングで先制ゴール。

→後半37分16 大黒将志[5.5]
海外移籍後初の代表試合。ボールに触れられずシュート放てず。

サブ:
41 下田崇,42 都築龍太
2 田中誠,6 中田浩二,20 坪井慶介,31 駒野友一,24 茂庭照幸
4 遠藤保仁,34 松井大輔
sm7779 at 23:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

ザスパのユニ

昨シーズン、湘南がメーカーにPIKOを採用したのにも驚いたが、今年は草津がJFLから採用していたユニクロから高橋尚子優勝で話題になったファイテン社製に変更。
J2最下位のチームがこれまでより倍近く跳ね上がったレプリカを販売。
どれだけのサポーターが購入するんだろうか。



ザスパユニレプリカ
【価 格】9,240円(税込)
【サイズ】S・M・L・LL・3L(5サイズ)
【概 要】半袖・12番のプリント入り
【日 時】2006年3月11日(土)※ホーム開幕戦開催日
【販売場所】
◆ファイテン らくらくSHOP
◆ベイシア・・・『ワールドスポーツ西部モール店、西部モール店、前橋モール店、渋川店、吾妻店、大泉店、富岡店』群馬県内7店舗
◆カインズホームスーパーセンター前橋吉岡店
◆ザスパ草津オフィシャルショップ及びホーム戦試合会場
※ホームのキッズ、アウェイの大人,キッズそして番号入れサービスなども近日中に販売開始予定。

http://www.thespa.co.jp/goods/goods.html


sm7779 at 17:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年02月27日

スケバン恐子

初めてテレビで観た時にまじで女の子かと思った。可愛い子がピンかわった芸風やるもんだな〜と。声を聞いた瞬間には数秒前の自分の無知を呪ったもんだ。
逆に最近の女性はメイクである程度はかくせるんだな〜と再認識した。

レーザラモン、キャプテンボンバー等が同様にイメチェンでヒットしているが、彼の場合は一度コンビで失敗し全く違うキャラクターをまとってピンで復帰した。
しかも観客との掛け合いスタイルという発想は昨今の慌ただしいお笑い界の中でもひときわ新鮮に映った。
sm7779 at 22:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)マスコミ 

音楽とサッカーのコラボ??

岡野、鈴木は今期出場に暗雲がかかってるんだからこんなもんに出てる暇なんてあんのか。

このイベントに参加した人たちの中でどれくらいJを観にスタジアムまで足を運ぶんだろうか。

倖田來未は「エロかっこいい」ではなく、歌はまあまあで化粧が厚くてただエロい格好をしているだけだと思うのは私だけ〜?



歌手倖田来未(23)が26日、東京・台場のZepp TokyoでJリーグ応援ライブ「ミュージックプラス ライブ キックオフ 2006Jリーグ」に出演。黒いブラにホットパンツで、12週連続発売したシングルの1枚目「YOU」を含む5曲を歌った。来週のJリーグ開幕を祝い、倖田は「夢をあきらめない皆さんのことを応援できれば」と話した。浦和の岡野雅行、鈴木啓太もゲストで参加。

J-WAVEのリクエスト&Blogフル活用プログラム「M+ (MUSIC PLUS)」がプロデュースするライヴ・イベント!

倖田來未、SOUL'd OUT、SOFFetのライヴ!
そしてトークゲストに、Jリーグの人気選手達をフィーチャー!
音楽とサッカーのコラボレーション!

倖田來未
SOUL'd OUT
SOFFet

トークゲスト:
岡野 雅行/浦和レッズ 元日本代表
鈴木 啓太/浦和レッズ
澤登 正朗/元清水エスパルス 元日本代表
中西 哲生/元川崎フロンターレ・名古屋グランパス
都並 敏史/東京ヴェルディ1969コーチ 元日本代表

J-WAVE M+ LIVE 〜KICK OFF 2006 J.LEAGUE

日時 : 2月26日(日) OPEN 16:00 /START 17:00
場所 : Zepp Tokyo
チケット : 1F立見・2F指定・2F立見 ¥3800(税込)
出演 : LIVE/
倖田來未、
SOUL'd OUT、
SOFFet

トークゲスト/
岡野 雅行(浦和レッズ 元日本代表)
鈴木 啓太(浦和レッズ)
澤登 正朗(元清水エスパルス 元日本代表)
中西 哲生(元川崎フロンターレ・名古屋グランパス)
都並 敏史(東京ヴェルディ1969コーチ 元日本代表)

MC : メインMC&DJ/DJ TARO
トークパートMC/サッシャ

主催 : J-WAVE
協力 : J.LEAGUE
企画・制作 : J-WAVE/DISK GARAGE
sm7779 at 07:39|PermalinkComments(0)TrackBack(2)

2006年02月26日

わずか23秒

大毅デビュー戦(マート・シットサイトン(20=タイ)とのスーパーフライ級6回戦)

相手がたんなる噛ませ犬だったかどうかわからないがわずか数発でのK.O。
ボクシングは観戦料が高いわりにあっさり終わるから、つくづくもったいないなと思ってしまう。
sm7779 at 16:38|PermalinkComments(0)TrackBack(2)

故障までのカウントダウン

797ee31d.jpgハードスケジュールの中、出場する試合の中で誰よりも目を見張る活躍を見せ続ける伸二。
疲労による故障がもっとも不安視される選手だけに、起用し続ける各監督にはもう少し先を見る目を養う事を願いたい。
sm7779 at 00:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)◎代表選手 

高額なプレシーズンマッチ

a756a8a2.jpg2006 ゼロックススーパーカップ
2月25日(土)
G大阪 1 - 3 浦和
13:37キックオフ
国立競技場
35,674人
晴れ 11℃

昨シーズンリーグ制覇を果たしたガンバだったが、攻撃の要アラウージョ、大黒を欠いたチームに希望の光は見えなかった。得点は全て浦和、家長、加地のサイドアタック、マグノ・アウベスの中央突破も浦和の守備陣営を崩せずノーゴール。またガンバ西野監督は宮本の疲労を考慮してかサブメンバーには登録したものの結局ピッチに送る事はなかった。W杯のため新加入選手を含め数人の代表選手がチームを離れるガンバ、リーグと共に待ち受けるアジア杯、強豪ゆえの通るべき茨の道は険しい。浦和のように代表選手以外のレベルアップが大きな課題となるだろう。
来週の開幕戦今日のような調整不足のプレシーズンレベルの戦いではなく同等以上の勝負をホームで見せつてくれる事を期待したい。

開始2分に坪井のオウンゴール、そのわずか7分後コーナーキックからのクロスを堀之内がヘディングで合わせ同点に追い付く。浦和は小野を中心にパスを回し中盤を支配攻勢を続ける。17分小野のスルーパスを受けたワシントンがキーパーとの1対1を落ち着いて決め逆転。マグノ・アウベスの1トップで仕掛けるガンバに対し浦和は4バックで応戦、そのためDFの裏をつかれたびたびピンチの場面をつくるも素早いプレスで攻撃のチャンスを消した。
浦和の攻勢は後半も続く。7分、ワシントンが前線でプレスをかけ相手のクリアを最小限に抑える、ルーズボールをつめていたサントスがポンテへパス。ポンテが落ち着いてシュートを放ち3点目を決める。ガンバは後半17分今期新加入の加地、播戸を投入し勢いをつける。しかし多くのシュートを放つも浦和の守備の前に弾き返され自力で得点を奪う事はできず、天皇杯王者の前に沈む。

2大王者の決戦を補修による中途半端なスタジアムで行なう事を決定したJリーグには本当にがっかりだ。ホーム(ガンバ側)12000席が使用できない状態で行なわれる試合にビッグタイトルの意義は伺えない。

sm7779 at 00:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)観戦記 | ┣J

2006年02月25日

トロフィーツアー

3057fcdd.jpg近寄れなかったのは残念だが本物を見れた価値は大きい。日本が手にする日はまだまだ先の話しか。
sm7779 at 11:31|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2006年02月24日

宇多田ヒカル 全国ツアー

やっと待ちにまったイベントが開催・・・
観たいな〜。



宇多田ヒカル
2006年・夏。6年振り2度目となる全国ツアー決定!
 
sm7779 at 12:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)マスコミ 

ボスニア・ヘルツェゴビナ戦メンバー

先日ドイツ遠征メンバーが発表された。
中でも9人という最も多くの人数を割いたDFには今だ落選者を選定しきれずにいる事を連想させる。
特に
20 坪井 慶介(28)、31 駒野 友一(5)、24 茂庭 照幸(8)
※(Aマッチ出場数)
はコンビネーションに関わる出場試合数も少なくボーダーラインぎりぎりの位置にいる。

またこの時期から考えると今後今回発表されたFW、MFのメンバーが大きく動く事は考えづらい。
ほぼ本戦スタメン構想は終了しているとみていいだろう。

インド戦終了後もダウンを続けていた控え組、期待のかかる阿部、長谷部、佐藤ら次世代有力選手が23人の本戦メンバーに上り詰めるにはJリーグ上半期の活躍がターニングポイントになるだろう。
sm7779 at 09:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

オノシンジオーレ〜2006〜

3817c594.jpgDFラインまで下がったかと思えば気がつくと最もゴールマウスに近い場所にいる。また味方への緩やかなパスは数々のシュートチャンスを量産。
しかしこの試合、前半45分以内に流れを掴み切る事は出来なかった。
チームを引き締める鋭い発言も、チームをスキルアップさせる鋭いパスも用いずチームに安定感を生み出す今や日本イレブンに欠かせない男の一人であることはたしかだ。
しかしこの男こそ、実はヒデや俊輔よりもやっかいな選手である。
それはオールラウンドプレイヤーゆえに蓄積される疲労、共に落ちる頼りのボール捌き、連戦による故障の多発など不安要素がやっかいというだけではない。
それはシンジが少なくとも日本代表においてヒデやシュンスケのようなリーダーシップという役割に不向きな為、いる時は頼りになるが、いなくてもチームのパフォーマンスが悪くなるという事はない選手だからだ。
シンジの良さを引き出すにはシンジ以上にカリスマのある選手がいなければ宝の持ち腐れになってしまう。日本復帰によりますます代表に欠かせない存在となった小野、そろそろ本来のONOらしいプレーをみせてほしい。
sm7779 at 01:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)◎代表選手 

ジーコジャパンラストマッチ〜07アジア杯〜

a8bf609b.jpg日本6ー0インド

2月22日(水) 19:20
会場:日産スタジアム
38,025人
11.8℃

結果的には得点量産無失点での勝利。2年前の同カードに並ぶ結果となった。
しかし前半は無用なゴール前のパス回し、不用意なパスミスが目立ち、32分にようやく小野がジーコジャパン100ゴールを叩き出すものの、相手のクリアミスによる結果に過ぎなかった。
相手GK1ナンディはキャッチミスが目立ちファンブルを起こし続けていたため、わざわざDFの多いペナルティエリアまでパスを繋ぐ必要はなく、小野、小笠原、サントスらのミドルシュートからチャンスを作り出せば良かった。前半12本のシュートから生まれた得点はわずか1点止まり。
後半14分、小野から右サイドの加地へ、そしてDF2人を抜いた加地から再び小野へパス、長谷部が小野からパスを受けダイレクトシュート、これが巻に当り追加点を奪う。24分サントスのCKに合わせた福西のヘディングゴール、その後33分DFの裏でパスを受けた久保が左足を振り抜きゴール、37分には30分に巻と交代で入った佐藤が加地から空いたスペースへのパスを受けドリブルシュート、代表初ゴールを決める。終了間際48分小笠原がペナルティエリア内に持ち込んだボールを福西へ送るが福西がスルー、これを受けた久保が左足で左サイドへシュート、久保がこの試合2点目を刻むなど日本代表は6点ものゴールを決め初戦を終えた。

6得点の勝利は簡単ではない、しかしこれは前後半トータル30本のシュートを(放つ事が難しくなかった相手に)放った結果である。しかも対したインドはシュート数3本、CKに至ってはたったの1本しか放つ事はできないほど日本に比べお粗末なものだった。守備に力をいれていたが、試合を通して巻、久保らFW陣の動きを封じきれすにいた。W杯出場国の中でこれだけ引いて守りなおかつ容易く点を奪えるチームは存在しない。W杯壮行という点では全くもって無意味な試合だった。さらにジーコ日本としては2年前の1次予選で守るチームを攻め落とす課題はすでにクリアしている難題でもあった。
たしかに2年前は小野を含め柳沢、中村ら当時の海外組を起用しての7点差での完勝であったが、現在日本イレブンが置かれている状況はさらなる成果をもとめれらる段階に達している。
結果論で言えばこの試合10点差で勝ってもおかしくはなかった。しかし、インド程度の相手にただ点を重ねて勝っても意味がない。バランスのよい試合展開でチャンスを逃さず得点を決めることにこそ意味が合った。
今日の試合で6点奪うなら前半で少なくとも3点、後半メンバーチェンジ、フォーメーションチェンジで3点奪えば良かった。

W杯前の唯一の公式戦、ジーコジャパン最後のアジア杯を無意味に終えた代償がドイツの地で思い知らされない事を祈る。
sm7779 at 00:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)観戦記 | ┣代表

2006年02月23日

スフィアリーグ

よく平日の昼から夜にかけて高い金を払って観る気になる人がいるもんだ、と思っていたがなかなかおもしろい。アイドル目当てを抜きにしても。しかし、やはり関係者としてじゃなかったら行くことはなかったろうな。

特に注目を浴びたのがTEAM dream所属なでしこU-20宇津木瑠美(17歳 日テレ・ベレーザ)の姉宇津木めぐみ、繊細なボールタッチは会場中を沸せ王者ガッタスとの決勝をPK戦まで持ち込んだ。
sm7779 at 23:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年02月22日

ヤナ〜ギサ〜ワ

1dd0fa81.JPG残された時間、ヤナにとって少しでも代表との距離を縮めることは悪い選択ではないだろう。欲を言えば1月に結果を出してこの数試合に合流してほしかった。
今の日本代表には欠かせない逸材。W杯終了後は再び海外へ飛んでほしい。



 メッシーナのFW柳沢敦(29)の鹿島復帰が21日、両クラブから正式発表。3月1日から6月30日までのレンタル移籍で、買い取りのオプションがつく。鹿島の背番号は愛着のある13に決定。W杯本大会を見据え、出場機会を求めて昨年末から古巣への復帰を熱望していた柳沢は「イタリアに渡って大きな刺激を受けたし、財産になった。無駄にしないようにしたい」と意気込みを示した。
 左足首痛も完全に回復し、3月5日の広島との開幕戦に照準、28日のボスニア・ヘルツェゴビナ戦をこなした後に3月1日に帰国し鹿島に合流。「戻ってもポジションの保証はない」と短期間でアピールし、開幕先発の座を射止める覚悟。
sm7779 at 11:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年02月20日

インド戦当日券

試合2日前にして12,000枚の残券。観客席数は72,370席だが昨年8月のイラン戦がほぼ満席で66,098人だった事から考えると同1月のカザフ戦46941人並の入場者数だろうか。
W杯まで4ヶ月、唯一の公式戦といえど対戦相手によって注目度が低くなる。顕著なもんだ。

当日券
2006年2月22日(水)午後3時より販売開始
カテゴリー1     2,000枚
カテゴリー2     1,000枚
カテゴリー3     4,000枚
カテゴリー4(自由) 5,000枚

ちなみに先日のフィンランド戦入場者数は40,702人(席数50,600席)
当日券は4000枚を販売。
sm7779 at 19:25|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2006年02月19日

限られた実戦の中で

日本2ー0フィンランド

2月18日(土) 19:15
会場:静岡スタジアム エコパ
7.2℃(後半は5℃)

アジア1次予選初戦のオマーン戦から2年、日本はどこまで成長できたのだろうか。

勝つべくしてかった試合。
所詮は仮想。本戦のガチンコレベルには到底及ばないおちゃらけムードだった。
日本がどうのというよりも本戦を逃したフィンランドの
モチベーションの低い腰の引けたプレーだけがとても目についた。
これでは社会人、高校生らアマチュアを相手にするのとなんらかわりはない。
アナウンサーが何度も口にした「本番モード」「仮想オーストラリア」という言葉が非常に虚しく聞こえた。
2得点無失点で勝った事は悪くはない。アメリカ戦と違ってお得意の戦術を見せたにすぎない。しかし、前半だけでも2〜3点を奪うチャンスは再三訪れていた。奪うべく時に決められない、日本の課題の大きさをものがたった。


監督:ジーコ[5.0]
メンバーこそ3人いれかえたのの、戦術に関しては本来の3-5-2へ戻した。まだまだ負けてもよかった時期。この試合でもチャレンジをすべきだったのでは。6人の交代が認められるなか、阿部、長谷部、茂庭等の起用選択もあったのでは。

GK:23 川口能活[5.5]
ほとんどシュートらしいシュートがなかったため、フレームアウトしていた。

DF:
5 宮本恒靖(cap)[5.5]
相手がほとんど攻めてこないという中、集中力を保ってラインを統一。

20 坪井慶介[5.5]
ポジション奪取へ向け果敢に身体を入れたプレーを見せた。

22 中澤佑二[5.5]
後半15分小笠原のFKに飛び込んだプレーはゴールにいたらかったが得点への執念を見せつけた。

MF:
8 小笠原満男[6.5]
1得点1アシストは今日のMVP。

15 福西崇史[6.0]
前線へあがる小野と連動し中盤で落ち着いたプレーを見せた。後半20分には前線へ駆け込みマイナスのパスを送る等攻撃にも参加。

18 小野伸二[6.0]
中央でボールを回し、前線へ走り込みパスを回すなどチャンスメイクに貢献。得意のワンタッチプレーで味方選手にボールを供給。

21 加地亮[5.5]
攻撃に絡む事は少なかったが後半16分には相手CKをヘディングでクリアするなど、落ち着いたプレーで守備に貢献。

→後半31分31 駒野友一[5.5]
途中出場ながら右サイドからの突破や、久保、佐藤への好パスを見せた。

25 村井慎二[6.0]
14分前線左サイドでスライディングからボールを奪いファールを誘いFKを得る。繰り返す突破はサントスの見せる不用意なものに勝るものを見せた。

→後半26分14 三都主アレサンドロ[5.5]
前線につめチャンスメイクに貢献も、クロスの精度は相変わらず低い。

FW:
9 久保竜彦[6.0]
数々のパス、クロスを受けるも決定的なシュートに持ち込めず。後半2分小笠原のボールに反応したシュートは久保らしいおちついたものだった。

→後半39分19 本山雅志[未測定]
約8分間という短いプレー時間、ボールに絡めるタイミングも少く小笠原との鹿島ラインも成功せず。

36 巻誠一郎[6.0]
前線で果敢にボールを奪いチャンスを作った。しかし、さらにスピードとポジショニングを引き上げないかぎりは柳沢に劣る。

→後半26分37 佐藤寿人[5.5]
後半33分駒野との広島ホットライン繋がらるもシュートはバーへ、初得点ならず。

未出場選手:
41 下田崇、42 都築龍太、2 田中誠、24 茂庭照幸、4 遠藤保仁、30 阿部勇樹、35 長谷部誠
sm7779 at 10:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年02月18日

フィンランド戦

今日はフットサルに向かうためジェイさんの素晴らしい国歌斉唱と20分ほどしかみていない。本日の自分と同じ2得点でかったそうな。国内の親善試合は勝つことよりも内容が重要。帰ったら録画で確認しよう。

sm7779 at 22:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年02月17日

鑑賞記

「ニライカナイからの手紙」
沖縄・竹富島の美しい風景の中で進行するストーリー。せつなさと懐かしさが混在する物語だった。

「亀は意外と速く泳ぐ」
非常にゆるい非現実の世界観。多くの役者がそれぞれ個性あるキャラクターを演じている。エンディングのレミオロメン「南風」がよくはまっていた。

両映画ともに出演していた蒼井優。全然違う役柄を巧みにこなしていた。

sm7779 at 18:12|PermalinkComments(0)TrackBack(1)☆映画鑑賞記 | ┗邦画・アジア

2006年02月16日

2年後のメダリストへ

W杯は逃したもののアジア杯などで結果を出し
若手のレベルアップが成功している中国が予選免除。
男女共に多少は出場が楽になるか。
しかし少なくとも日本のレベルが下がらない事
オーストラリアのアジア枠参加
等わずか2年間の課題は少なくはない。

アジア枠
男子3 (04年)→4 (06年)
女子2(04年)→3(06年)



五輪サッカー競技の組織委員会が14日、チューリヒで開かれ、08年北京五輪の大陸別出場枠をアジア、欧州各4、アフリカ3、南米、北中米カリブ海各2、オセアニア1と割り当てた。アジアは開催国・中国を含むが、04年アテネ五輪より1枠増加しており、4大会連続出場を目指す日本には朗報。出場国が10から12へ増える女子はアジア、欧州各3、北中米カリブ海2、アフリカ、南米各1・5(両大陸でプレーオフ)、オセアニア1。FIFA理事会の承認を待って正式決定される。
sm7779 at 08:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年02月14日

Jから2チームがCW杯出場へ

日本開催期間の今年
東京VかマリノスがアジアCLで優勝できた場合、Jから2チーム出場となる

万が一、マリノスが今年アジアCLとJを制覇したらどうなるんだろうか。



サッカーの各大陸連盟クラブ王者が参加して12月に日本で開かれるクラブワールドカップ(W杯)=旧世界クラブ選手権=に開催国枠が認められ、今季のJリーグ優勝チームが出場できる見通しとなった。16日の国際サッカー連盟(FIFA)クラブW杯組織委員会(チューリヒ)に出席する日本サッカー協会の川淵三郎会長が14日明らかにした。
 昨年12月の前回大会も日本で開催されたが、FIFAは開催国枠を認めず、Jリーグ勢はアジア覇者になれずに出場できなかった。これが観客動員が伸び悩んだ一因とも指摘されていた。
 同会長によると、開催国枠の設置で出場チームは前回の6から7に増える見込み。組織委ではこのほか、日本が継続開催を要望している2007年以降の開催国についても方向性が出るという。
sm7779 at 21:54|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

第4次販売

数カ月前の予定より2週間遅れの販売。
なんとかこれを利用しなくてすんだ事はラッキーだった。



 ワールドカップ(W杯)ドイツ大会組織委員会は13日、入場券の第4次販売を15日正午(日本時間同日午後8時)から公式サイトで実施すると発表。
 座席数が最終確定して増えた分や、支払いがなくキャンセルされたチケットなどを4月15日まで先着順に販売。販売総数は未定だが、2月末までには約3万枚を売り出す予定。
sm7779 at 13:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

敵はスウォッシュ

グループFでナイキのライバル3本線のアディダスを纏うのは日本のみ。
企業と国の威信をかけて勝利を成し遂げるか。

ちなみに
2002年はチュニジア(PUMA)以外がナイキ(ロシア、ベルギー)。
1998年はジャマイカ(Kappa)、アツゼンチン(Reebok)、クロアチア(lotto)



 ナイキはサポートするサッカー代表チームの新ユニホームをベルリンオリンピックスタジアムで発表。これらのチームには、6月にドイツで開幕を迎えるワールドカップ・本大会のグループリーグで日本代表とグループFで同組となったブラジル、クロアチア、オーストラリアをはじめ、ワールドカップ出場国8カ国が含まれていた。世界中から約250人の報道陣を集めた新ユニホーム発表会では、ナイキブランドのプレジデントであるチャーリー・デンソン氏のあいさつに続き、ワールドカップに出場する8カ国の選手(ブラジル代表はアドリアーノ、ポルトガル代表はフィーゴ、オランダ代表はファン・ニステルローイ、米国代表はビーズリー、韓国代表は朴智星、メキシコ代表はボルヘッティ、オーストラリア代表はブレシアーノ、クロアチア代表はプルソ)が1名ずつ新しいホームユニホームを着用して登場。屋内での発表会が終わると8選手はフォトセッションのためにピッチへ移動し、ワールドカップ決勝戦の舞台となるベルリンオリンピックスタジアムの芝生を踏みしめた。今後は順次、新ユニホームがそれぞれの国の国際試合で着用。
sm7779 at 13:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年02月13日

ジーコの心中説

ジーコに心中?する気なんてさらさらない。本来なら2003年に大久保と腹切ってるはずだから。
どうせ後半のように相手によってすぐに今までの戦術に戻す事だろう。
むしろサントスと今すぐ消えてほしいもんだ。



 日本代表は、ドイツW杯(6月9日開幕)に向けた今年最初の強化試合として、米国代表ととサンフランシスコで国際親善試合を戦い2―3で敗れた。FW久保竜彦(29)=横浜M=を1トップに据えた新オプションの3―6―1システムが機能せず、内容的には完敗。しかし、ジーコ監督(52)は、今後も同システムを続けていく意向を示し、久保と“心中”する決意を明かした。
 「米国の勢いがすごくて、強かった。ウチも自分たちのサッカーができずに、米国に勢いを与えてしまった」ジーコ監督のトーンも下がりっ放しだった。
 短い時間ではあったが、前半10分までは主導権を握り、「久保のよさを生かす1トップ。序盤は非常によかった」と手応えも強調。フィンランド戦(18日、静岡)も3―6―1システムで臨む方針は変えない。
sm7779 at 07:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

開幕戦完売

ナビスコと同カードだ。そりゃ売れるよ。
5万席でも即日完売しただろう。
むしろこれだけ注目を浴びているゲームをJ2程度のたった2万人収容スタジアムで行なってしまうJリーグに問題がある。
サポーター、サッカーファンをなめてるよ。



今季Jリーグ開幕戦のG大阪―浦和戦(3月4日・万博)のチケットが即日完売。リーグ王者と天皇杯覇者の対戦だけに、発売前からチケットに関する問い合わせが殺到。2万1000席と収容人員が少ないこともあり、あっという間に売り切れた。
sm7779 at 06:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

冬のオリンピック

この数年自分がウインタースポーツから遠ざかっているせいか、興味がないので連日の各局TV中継にはうんざりしている。
にもかかわらず、日本勢はここ3大会の中でもあきれるくらいのお寒い結果を見せつけている。大会前に自身たっぷりに話していた人々が涙を流し大袈裟に後悔している姿を見せられてもなんの気持ちも生まれない。むしろ腹立たしい。日本のラグビー同様、予選すら突破できず世界に通用できない日本のスポーツはレジャーだけとどまったらいいのにと思ってしまう。
フィギュアが惨敗したらきっとまた子供達がリンクから消えるんだろうな。
sm7779 at 06:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年02月11日

この先にあるもの

アメリカ(FIFAランク7位) 3 VS 2 日本(FIFAランク15位)
(5大会連続7度目)      (3大会連続3度目)
2006年2月10日(金)
20:06(現地時間)
=11日(土)13:06(日本時間)
サンフランシスコ
SBCパーク
曇り 11.2℃

A代表としては13年ぶり(93年国立,カズの2ゴール、オウンゴールで3-1の勝利)のアメリカ戦。
W杯イヤー初戦、日本と同様に国内組の米国代表(00年シドニー五輪で日本を沈めた当時18歳のエース、ランドン・ドノバンがトップ下に位置する。)に今回の合宿から試している3−6−1、1年5ヶ月ぶり代表復帰久保の1トップ、怪我から復帰した小野を先発起用し小笠原の2シャドーで挑む。佐藤、長谷部の有効起用はあるか。辛勝の北朝鮮戦から1年、日本の進化を見る。

前半前線へボールを運び攻勢を見せた日本。10分ころから徐々に流れを掴むアメリカ。CK、FKのチャンスを作る。
24分ロングボールを手前で折り返し、詰めたホープがシュートを決めアメリカ先制。
流れを掴み勢いをますアメリカに日本は防戦一方、孤立した前線にボールは伝わらずハーフウェ−ラインの内側で苦戦を強いられる。中盤でのパス回しが続かずチャンスを作れない日本。逆に素早いサイドからのクロスボールをあげられピンチをまねく。
38分ワンツーで持ち込んだ8 ディンプシーにシュートを決められ日本2失点。

後半小笠原をトップ下、小野をボランチ、遠藤、久保を下げ巻、佐藤(A代表デビュー)の2トップの3-5-2へ変更。
中盤をはぶくロングパスからアメリカがゴールを狙う。
4分右クロスに合わせた20 トウェルマンがヘディングで合わせ3点目を奪う。起死回生を狙う日本には出鼻を挫かれる失点となった。日本のディフェンスラインが下がる。
9分、阿部、長谷部(A代表デビュー)を投入し4バックへ。
12分2003年WY得点王9エディ・ジョンソンを投入。
14分小野からパスを受けた加地が右クロス、ヘディングで合わせた巻がゴールを決める。
21分小野に代え本山を投入、攻撃力を高める。
日本は流れを掴みアメリカ陣営に攻め込むも決定的な場面を作り出す事ができず。
アメリカも疲労を隠せず足が止まりはじめるが日本の裏のスペースからゴールを狙う。
ロスタイム右CKに中沢がDFと重なりながらもシュートを決め1点差につめる。
さらに得点を奪いたい日本、しかしアメリカの壁を崩しきれず試合を終えた。

監督:ジーコ[4.0]
前半の布陣、後半のメンバーチェンジ、勝つつもりはなかったんだろうしあまりにも不様すぎる内容だった。


GK:
(23)川口能活[5.5]
17分ゴール直前の16 ウォルフのヘディングシュートをクリア。29分フリーで受けた20 トウェルマンのシュートをクリア。後半10分もフリーで放たれたシュートをキャッチ。


DF:
(2)田中誠[4.0]
スピード、パワー等フィジカル面で抑え込まれる。38分ディフェンスラインを抜けたディンプシーをフリーにし失点を許す。

→後半9分 (17)長谷部誠[4.0]
後半13分フリーで受けドリブルで持ち込むもパスをカットされる。

(5)宮本恒靖(cap)[4.5]
9分の福西へのスルーパス。20分ペナルティエリア内で相手オフェンスよりも先にボールを奪う。後半2分あわやオウンゴールかというクリア。

(22)中澤佑二[6.0]
21分ペナルティエリア内へのパスをカット。31分足をかけイエロー。後半29分のヘディングシュートは枠に収まらず。


MF:
(14)三都主アレサンドロ[4.5]
13分ドノバンのシュートをクリア。35分小笠原とお見合い。45分久保へのパス繋がらず。

(21)加地亮[4.5]
5分右サイド日本ファーストシュート。10分ファウル。28分芝に足を捕られ、ボールを奪われる。クロスも精度を欠きチャンスメイクできず。

(15)福西崇史[4.5]
得意の攻撃参加もみられず守備に徹した。

→後半9分(30)阿部勇樹[5.5]
得点に繋がるパスを小野へ送った。後半19分素早いプレスから中盤でボールをカット、日本の勢いを生む。当たり負けしないフィジカルも見せた。28分強烈なミドルシュート。

(8)小笠原満男[5.0]
4分小野へのパス。35分サントスとお見合い。38分ペナルティエリア内。後半26分CKにつながる強烈なシュートを放つ。

(4)遠藤保仁[4.5]
25分相手選手に足をかけイエロー。

→後半0分(27)佐藤寿人[4.5]
低いディフェンラインからボールは送られず孤立。当たりの弱さを露呈。見せ場は27分サントスとのワンツー。

(18)小野伸二[5.0]
4分小笠原からうけ久保へのパス。チームが攻撃に転ずることができず、たびたびゲームから姿を消す。パスも精細を欠き中盤を支配できず。後半14分得点に繋がるパスを演出。

→後半21分(19)本山雅志[4.5]
持ち味のドリブル突破はみられず。30分CKのボールをフリーで受けクロスを送るもチャンスにならず。32分巻にスルーパスを送るもタイミング合わず。

FW:
(9)久保竜彦[4.0]
4分小野からパスを受けるもシュ−トできず。チームが攻め込まれる中、前線で孤立。

→後半0分(16)巻誠一郎[5.0]
低いディフェンラインからボールは送られず孤立。ヘディングで飛び込み日本の1点を生む。終了間際スピードを活かしアメリカゴールを脅かす。


サブ:(残りのメンバー)
(33)下田崇、(12)都築龍太
(20)坪井慶介
(25)村井慎二、(31)駒野友一、 (24)茂庭照幸


学生やアマチュアのチームを相手に何十点とってもなんの意味もない事にそろそろ気付く事はないのだろうか。また約2週間の合宿はコミニュケーションをはかる他にどのくらい意味があったんだろうかと疑いたくもなってしまう。
sm7779 at 14:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年02月10日

小倉引退

また一人、Jリーグ、日本サッカー界のヒーローがスパイクを縫いだ。



小倉 隆史(おぐら たかふみ)
「この度、わたくし小倉隆史は現役を引退することを決意いたしました。選手生活14年の間、みなさまには多くのご声援をいただき、誠にありがとうございました。これから指導者としての道を目指しながら第二の人生も自分らしく頑張っていきたいと思っております。長い間、応援していただいた皆様に感謝の意を込めて引退の報告とさせていただきます。」

1973年7月6日生まれ(32歳)
三重県鈴鹿市出身
183cm/78kg
B型

学歴:鈴鹿市立白子小学校-鈴鹿市立鼓ヶ浦中学校-四日市中央工業高校
サッカー歴:
1980年〜86年 白子サッカー少年団所属
1986年〜89年 鈴鹿市立鼓ヶ浦中学校
1989年〜92年 四日市中央工業高校
 ※全国高校サッカー選手権大会優勝(92年)高校3年時
 ※インターハイ3位(92年)高校3年時
1992年〜93年 名古屋グランパスエイト
1993年〜94年 エクセルシオール[オランダ]
1994年〜00年 名古屋グランパスエイト
2000年〜01年 ジェフユナイテッド市原
2001年〜02年 東京ヴェルディ1969
2002年〜03年 コンサドーレ札幌
2003年6月〜 ヴァンフォーレ甲府

代表歴:日本代表(1994年)5試合1得点
 94.5.22キリン杯 対オーストラリア(途中出場)△1-1
 94.5.29キリン杯 対フランス(途中出場)●1-4 1得点
 94.7.8親善試合 対ガーナ(途中交代)○3-2
 94.7.14親善試合 対ガーナ(途中交代)○2-1
 94.10.9アジア大会 対ミャンマー(途中出場)○5-0
  アトランタ五輪代表[予選](1995年)1試合1得点
 95.5.26アトランタ五輪アジア一次予選 対タイ(途中交代)○5-0

出場記録
1992年[名古屋][ナビスコ]10試合5得点
1994年[名古屋][J]23試合5得点[ナビスコ]1試合0得点[天皇杯]2試合0得点
1995年[名古屋][J]37試合14得点[天皇杯]5試合5得点
1996年[名古屋][J]14試合1得点[ナビスコ]4試合2得点[天皇杯]0試合0得点
1998年[名古屋][J]13試合1得点[ナビスコ]0試合0得点[天皇杯]2試合1得点
1999年[名古屋][J1]3試合0得点[ナビスコ]4試合0得点[天皇杯]0試合0得点
2000年[市原][J1]24試合3得点[ナビスコ]1試合1得点[天皇杯]3試合1得点
2001年[東京V][J1]25試合3得点[ナビスコ]1試合0得点[天皇杯]3試合0得点
2002年[札幌][J1]27試合7得点[ナビスコ]6試合1得点[天皇杯]1試合0得点
2003年[甲府][J2]27試合10得点[天皇杯]3試合1得点
2004年[甲府][J2]40試合6得点[天皇杯]1試合0得点
2005年[甲府][J2]8試合2得点 [天皇杯]0試合0得点
通算[Jリーグ]241試合52得点[天皇杯]20試合8得点
sm7779 at 19:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年02月09日

10年後のファンタジスタへ

はやくもジーコ、ベッカムに並ぶか。
20年前にあったら通いたかったな〜。
やはり身長140〜50センチくらいの小柄選手が多くなるんだろうか。
2016年2018年のヒーローになれるか。



 日本サッカーの大黒柱、MF中村俊輔(27=セルティック)が子供用サッカーアカデミー「Shunsuke Park Soccor School」を今年4月に開校。今月上旬から横浜市内にフットサル場を建設、3月中旬に完成予定。中村はプロデューサーとして練習メニューを作成するほか、帰国時はコーチを務める。現役選手のアカデミー設立は日本初。
 念願のW杯出場を前に、中村のもう1つの夢が実現する。2年もの間、ひそかに構想を練ってきた子供向けアカデミーが開校の準備に入った。
 「サッカーを通じて得てきた感動や喜び、何よりもプレーする楽しさを1人でも多くの子供たちに伝えたい。少しでも高い技術を身につけて、サッカーを楽しんでもらいたい」と中村は開校の喜びを言葉にした。
 横浜駅近くの予定地は既に人工芝が張られており、フットサル場の本格的な工事に入っている。コート1面、更衣室、観戦用スタンドなどが造られている。総工費は約5000万円で、その半額の約2500万円を中村が負担し、賛同したアディダス社が用具提供などでサポートする。
 中村はスコットランドでプレーしながらも、所属するマネジメント会社と協力しながらプロデューサーとして全面的に企画、運営に携わる。生徒は5〜12歳を対象に500人を募集。自身が子供時代にこなしてきた練習法を中心にして、自ら練習メニューを作成する。コートはフットサルの広さだが、ボールはあくまでサッカー用を使用。「小さい時に身につけるもので最も大切なのはテクニック」と関係者に話しており、こだわりで技術指導をベースに置く。
 キリン杯出場のため5月に帰国する際には、視察に訪れる予定で、生徒とも対面する。W杯後の7月には全生徒を集めて自ら先生となり、サッカー教室を開催するプランも進んでいる。また、アカデミーの施設は中村にとっての日本の拠点にもなる。会見、イベントを開くだけでなく、自主トレにも使用する。
日本初の現役選手によるアカデミー設立につながった。この“横浜校”を足掛かりにして、将来は全国的なスクール展開を行うことも構想に描いている。

≪公式サイト≫
http://www.shunsukepark.com/
5〜12歳を対象に男女を問わず、約500人の生徒を募集する。はがきによる申し込みとなり、申し込みが多かった場合は抽選。28日に応募を締め切る予定で、3月中旬に発表される。練習は年齢別に分けられ、週1回のペースで行う。
sm7779 at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年02月08日

トヨタカッププレゼント

総入場者数の約16%が応募。
以外と少なかったな。
それでも270倍(ユニ&チケット)・・・当らないわけだ。

有料入場者数
決勝    66,821人(3位決定戦 46,453人)
5位決定戦 15,951人
準決勝   43,902人
準決勝   31,510人
第ニ試合  28,538人
第一試合  28,281人
計    215,003人


☆2006FIFAワールドカップ ドイツ チケットプレゼント
FIFAクラブワールドチャンピオンシップ トヨタカップ ジャパン2005の来場者に対し、表記のプレゼント企画を行った。2005年12月11日から22日までの応募期間に、35,229通の応募。
 厳正な抽選の結果当選者を決定し、2006年2月6日より100名様に2006FIFAワールドカップ ドイツ のチケット当選通知を、また、30名様に日本代表新ユニフォームを発送。
sm7779 at 21:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年02月07日

桃の天然水

8年前ミリオン連発の華原朋美がイメージキャラクターを務めた事もあってか飲料界に革命的な記録を生んだヒット商品。ちょうどその当時、GWを挟むわずか1ヶ月間コンビニでバイトをしていたが来る日も来る日もあっというまに陳列棚から姿を消すため、補充だけでほぼ1日を終えていた。10数年前に流行ったカルピスウォーターと共にいつの日からか売り上げトップの座から姿を消していったが、あれから8年、W杯イヤーに表舞台へ復活するのも何かの縁か?
sm7779 at 21:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年02月06日

S.E.S.(Sea & Eugene & Shoo)

聞かなくなったMDを整理していたら発見した1枚のディスク。
時代が時代ならもう少し日本でもヒットしていたかもしれない。
99年12月30日、市船が鹿実を敗り優勝を決めた第78回高校サッカー選手権大会開幕式では、2002年日韓共催にちなんだ韓国歌手で初の外国歌手としてテーマソング「Sign Of Love」を国立で披露した。
個人的にはBoAや、2002年W杯前夜祭、CHEMISTRY(ケミストリー)とともに公式ソング「Let’s Get Together Now」を熱唱したSowelu(ソエル)よりも魅力を感じたグループだった。



1997年にデビュー。メンバーの名前Sea、Eugene、Shooから頭文字をとってグループ名をS.E.S.と命名。韓国でガールズ・ポップ・グループの旗手としてデビューし、2002年までにアルバム5枚と1枚のスペシャル・アルバムをリリース。圧倒的なセールスと実力を誇る国民的スーパー・グループ。その後台湾へも進出、大活躍し2002年末に活動を停止、翌年、解散。現在はSea と Eugene は韓国でソロ活動。Seaは女優活動へと転向。
sm7779 at 18:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年02月04日

最近よく観てる番組

テレビは好きなので他にもいろいろ見るがとりあえず
欠かさないものを記載

・月曜
平成若者仕事図鑑(NHK教育19:30)

・火曜
プロフェッショナル仕事の流儀(NHK教育21:15)
ガイアの夜明け(テレビ東京22:00)

・水曜
堂本剛の正直しんどい(テレビ朝日0:15)
浜ちゃんと(日本テレビ1:30)

・木曜
たまに
TVチャンピオン(テレビ東京19:30)

松紳(日本テレビ0:55)

・金曜
金曜かきこみTV(NHK教育19:00)
ビジネス未来人(NHK教育22:25)
時効刑事(テレビ朝日11:15)

・土曜
たまに
世界・ふしぎ発見(TBSテレビ21:00)
出没アド街ック天国(テレビ東京21:00)
チューボーですよ!(TBSテレビ23:00)

恋のから騒ぎ(日本テレビ23:00)
ナイナイサイズ!(日本テレビ23:30)
つながるテレビ@ヒューマン(NHK総合22:58)
スーパーサッカーPLUS(TBSテレビ0:00)

・日曜
たまに
トップランナー(NHK教育19:00)

エウレカセブン(TBSテレビ7:00)
がっちりマンデー(TBSテレビ7:30)
NHKアニメ劇場 雪の女王(NHK総合19:30)
やべっちFC(テレビ朝日23:30)
給与明細(テレビ東京0:35)

どうでもいいけど、なんで関西系はセットに原色系を使うんだろうか。
あと、NHKの番組はどれも女子アナの衣装、表情が民放に比べて硬く違和感がある感じがする。

最近の若い女優では綾瀬はるか、上野樹里、長澤まさみが秀でてると思います。
井川遥、宮崎あおいは別格として。西田尚美もなかなかだと思ってます。
sm7779 at 23:56|PermalinkComments(0)TrackBack(1)マスコミ 

2006年02月03日

真骨頂

f5fe88ba.jpg人気なようなのでなんとなくゲット。

あんまり普段からインスタントは食べないのだが
味はインスタントの中では上位程度かなと思う。
チャーシュ−も良くできていた。

しかし、なん人がネットで選ぼうと所詮はインスタント
300円以上だったら絶対に食べない
(すでに248円(税込)の時点でアウトだが)
1日2食が限界、毎日は無理。

2005年12月12日に発売されたカップラーメン「濃厚豚骨醤油ラーメン 真骨頂」は予想を大きく上回る販売状況となり生産が追いつかず、販売を一時休止。
生産体制が整い1月31日(火)に再発売。
※全国の主要小売店にて販売。

http://ramen.yahoo.co.jp/original/
sm7779 at 11:44|PermalinkComments(0)TrackBack(1)フード 

2006年02月02日

W杯好きな日本戦タダで観戦?

さすがヒデ。
でも、今中学生て事は13〜15歳。
4年前は中三でも小学5年
8年前のフランスは小一・・・
観てたか?日本初出場のフランスW杯
ましてやドーハなんて記憶にすらないだろな。



日本コカ・コーラ(東京)はW杯ドイツ大会の日本戦の際、国旗を持って選手の入場を先導する「フラッグベアラー」として、中学生18人を公募すると発表。
 同社がオフィシャルパートナー契約を結ぶ中田英寿選手が、中学3年で初めて海外遠征した自分の経験を踏まえ「この年代で世界に触れ、視野を広げてほしい」と発案、実現したという。
 対象はW杯が開催される6月時点の中学生。2〜3人一組で、1次リーグA―H組の中から好きなグループを選び、各国の文化や暮らしなどのリポートを提出。中田選手も選考委員に加わる。宿泊先では、ほかの国のフラッグベアラーとサッカーなどを通じた交流も予定されている。
 募集期間は6日から3月末まで。
問い合わせ
(0120)590509。
応募用紙はホームページから入手可能
アドレス
http://cocacola.co.jp/uruosu/
sm7779 at 17:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

カタール国際ユース(U-19)優勝

3勝(うちPK戦1)2分
得点7(FW9伊藤翔2,FW16森島康仁2,MF7梅崎司2,MF20田中亜土夢1)/失点2
で優勝
ドイツに勝った事が優勝への鍵だったか。
青木、森島らの今後の活躍に期待したい。



■2月1日(水)決勝
▼会場:ARABI SC Stadium/ドーハ
U-19日本代表 0-0 U-19韓国代表
       PK 4-3
 
優 勝:日本
準優勝:韓国
3 位:ドイツ
4 位:オーストリア
フェアプレー賞:日本
得点王・MVP:Shin Young Rok(5点・韓国)
ベストGK:KURU Bartolomej(オーストリア)

■1月30日(月)準決勝
▼会場:ARABI SC Stadium/ドーハ
U-19日本代表 2-1(0-0) U-19ドイツ代表
 得点者
 日:森島(65,84分)
 ド:(89分=PK)
 
■1月26日(木)グループリーグ第3戦
▼会場:AHLI SC Stadium/ドーハ
U-19日本代表 0-0(0-0) U-19オーストリア代表
 
【Aグループ 最終順位】
 1位:日本     勝点5 得失点差4
 2位:オーストリア 勝点5 得失点差1
 3位:フランス   勝点4
 4位:カタール   勝点1
 
 ※日本、オーストリアの2チームが準決勝に進出。

■1月24日(火)グループリーグ第2戦
▼会場:ARABI SC Stadium/ドーハ
U-19日本代表 4-0 U-19カタール代表
 得点者
 日:田中(37分)
 日:伊藤(40,80分)
 日:梅崎(44分)
 
■1月22日(日)グループリーグ第1戦
▼会場:Al-Arabi Club/ドーハ
U-19日本代表 1-1
 U-19フランス代表
 得点者
 日:梅崎(2分)
 フ:(56分)
sm7779 at 12:44|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

小野J上半期で移籍?

はやくいけ。



浦和が、MF小野に対して、欧州4大リーグ限定で今季中の移籍を容認することが1日までに分かった。浦和の犬飼社長は「3年契約だけど、本人にとっていい話であれば出す用意はある。早ければW杯終了後になるだろう。ただしイタリア、スペイン、プレミア、ブンデス以外のオファーには応じない。それは小野と契約するときに確認した」と明かした。契約書にも盛り込まれている。
 今季からクラブ間で業務提携を結んだブンデスリーガの名門バイエルンへ移籍する可能性もある。犬飼社長は「バイエルンに移籍させ、その代わりにバイエルンから選手を取る。交換みたいな形だけれど、小野がきっかけとなれば、さらに若い長谷部とか(田中)達也とかも同じケースで挑戦できる。そういうルートをつくるのも悪くない」。
sm7779 at 12:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年02月01日

冬の選手権

とりあえずはチケットが高すぎ。ただ理由はそれだけじゃなく
人気のあるイタリアクラブではなかった事
日本国内で行なわれるというメリットが感じられず
最高の客寄せパンダがカズだけだった事
理由は尽きない。
数年後日本のサッカー界の負の代名詞にならないよう
今年は練りに練ったW杯イヤーに恥じない大会にしてほしい。
ところで入場者へのW杯チケット当選は行なわれたんだろうか。



 日本サッカー協会の川淵三郎キャプテンは1日、日本で昨年12月に開催された世界クラブ選手権の収支が、現段階で赤字であることを明かした。赤字額は数億円とみられる。
 ただし国際サッカー連盟(FIFA)と負担金について交渉中で、結果次第では穴埋めできる可能性があるという。
 また同会長は、今年も日本で12月に実施する同大会の観客動員を伸ばすため、1回戦の入場料を安くすることなどを検討する姿勢も示した。
sm7779 at 20:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

追加抽選概要

《追加抽選概要》
追加枚数:
予選リーグのフィックス チケット(試合が確定しているチケット)のみ。
※コンディショナル チケット(条件付チケット)の追加抽選はなし。
-------------------------------------------------------
カテゴリー2(指定) カテゴリー3(指定) カテゴリー4(指定) 合計
通常[9,290円] 見切[5,574円] 通常[6,967円] 見切[4,180円] 通常[5,419円] 見切[3,251円]
-------------------------------------------------------
第1戦  360  92  361  28  15  168  1,024枚
-------------------------------------------------------
第2戦   65  225  334  89  128  30  871枚
-------------------------------------------------------
第3戦  903  321  1,585  491  なし  なし  3,300枚
-------------------------------------------------------
※見切れ席:スタジアムの支柱や手すりなどがあり、座席からピッチの一部が見渡せない席
(視野障害の程度は席によってバラつきがあり)。
定価の60%価格で販売。
sm7779 at 15:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
ウェザーニュース
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
ギャラリー
  • ニッパツいん
  • 打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?
  • サントリー金麦「幸せの、あいあい皿。今年もお届け。」
  • 永井秀樹引退試合 VERDY LEGENDS vs J LEGEND
  • 永井秀樹引退試合 VERDY LEGENDS vs J LEGEND
  • 永井秀樹引退試合 オープニングスペシャルマッチ
QRコード
QRコード
記事検索
Archives